スプリング、ハズ、カム !

  • 2010/05/08(土) 21:00:00

ただバイクをトコトコと走らせているだけなのになんでこんなに楽しいんだ!?

この心が浮立ってくるような感じは本当に久し振りだ。
ずっと若い時分に通過儀礼として体験出来なかったというのも大きいんだろうけど。

でも私にとってバイクは回春剤のようなものに思えてきた。(笑)


ということで今朝も9時前に家を出てCB223Sに乗って150kmほどのプチ・ツーリングを楽しんだ。

予報では今日は一日晴天だ。
なので昨日からもう乗る気満々だったのだ。(苦笑)


コースは一昨年のオレ・チャレで走った ”笹川流れ〜村上〜関川〜新発田” だ。
 
本当は一日フルに乗っていようかとも思ったのだがまだまだ無理は禁物だ。


そして1時間ほどで笹川流れに到着。

【3日前にも来たばかりだが(汗)今日も海も空も青くて本当に気持が良い。】




でも今日一番気持が良かったのは村上からR280に抜けそこからの関川〜大石ダム〜新発田だった。

オレ・チャレでは心が折れそうになったアップダウンの連続だがバイクでは逆に楽しくて仕方が無い。
コーナーもRはそんなにきつくないので私のようなど素人には丁度良い感じだった♪

あっ!
走るのに夢中で写真は有りません!!(笑)


【いつもの福島潟で最後の休憩】




しかしバイクにもなんとか慣れてきたようにも思うがまだまだなのだ。
交差点や一時停止での一旦停止してからの右左折だって心もとないし、峠のコーナーもちょっとオーバースピード気味に入りかけて何度か冷やりとしてしまった。

安全運転を心がけていかねば私のような調子に乗り安い中高年はあっと言う間に痛い目にあってしまうだろう。
本当に気をつけようと自戒の念を込めて誓うのだ。


関川を抜けた所ではネズミ捕りにも引っかかりそうになったし!
いや、ホントにアレは危なかったのだ!!(爆)

  ・
  ・
  ・

と、それはそれとして?(殴っ!)

明日も天気も良さそうだ・・・・・

どこに行こう♪


明朝は自治会の草むしりに自主的に参加してカミサンの機嫌を取ってからの出発だから連チャンでも大丈夫なのだ!




多分・・・・・


ザ・スタイル・カウンシル 『カフェ・ブリュ』

  • 2010/05/07(金) 23:03:21





これも’80sの中盤にアズテック・カメラやスミスの1stと並んで大好きだったアルバムだ。

ただ聴く前はなんとなく外しそうな予感がしたものだからレンタル・レコード(!)を借りてカセットに落として聴いていたのだ。

果たして最初の印象はというと予想通りに芳しいものじゃなかった。(汗)
特にレコードでいうところのA面のジャズやボサノバっぽい雰囲気は完全に外したと思った。
私はジャズ耳はあんまり持ち合わせていないのだ。

でもB面。
それも3曲目の”ユーアー・ザ・ベスト”からラストの”カウンシル・ミーティング”にかけての圧倒的な幸福感と躍動感といったらなかった。
そのB面に引き摺られるように聴いていたらジャズっぽいしっとりとしたA面も好きになっていったのだ。


アルバム発売当時は東京の会社に就職していた頃で最寄の駅と寮を結ぶ道は結構な坂があったのだけど、その坂道をウォークマンで”カウンシル・ミーティング”を聴きながら元気を貰って変なステップ?を踏みながら登って帰ったものだった。(笑)

新潟に戻ってきた翌年、翌々年も車を走らせながらよく聴いた。
特に4〜5月の麗しい季節に海岸線をサン・ルーフを全開にして聞く”マイ・エヴァ・チェンジング・ムーズ”や”ユーアー・ザ・ベスト” は最高だった。


’80sはちょうど私の20代とシンクロする。
自分はバブルとはまったく無縁だったけど今から思うとまだ何をやっても楽しい頃だった。

久しぶりに海岸線を走らせて聴いてみよう。

今の車はサン・ルーフが無いのが残念だけど。(笑)

  ・
  ・
  ・

紙ジャケは嫌いだという思いは今でも変わらないのだが・・・・・・

カセットなんかはとっくの昔にどこかに行ってしまって、こうしてちゃんとしたパッケージ商品を手に入れるのは実は初めてなのでなんだか素直に嬉しいのだ。(苦笑)


本当にカッコ良いよね♪
このジャケットの写真。

連休最後の自由時間 〜 Call Me the Breeze 〜

  • 2010/05/05(水) 19:00:00

昨日一昨日とカミサンの実家にちょっとしたイベントがあり強制連行されたのだが、こう見えても私はカミサンの親戚筋(カミサンを除く!)には結構好かれているのだ。(笑)
邪気の無い笑顔に囲まれてこちらも随分と気持がほぐれたのだ。
この一ヶ月と少々の間求めていたのはこんな笑顔だったんだなぁと実感する。(苦笑)
カミサンも周りの笑顔に多少はほだされてきたのか、やっと雪解けの気配が漂ってきた。
やっぱりポイントだけは稼いでおくものだ。(シミジミ・・・・・)


というわけであっと云う間に連休最終日なのだ。
何をしたという実感も無いまま連休最終日だ。
しいて言えばポイントだけは稼いだか?

普段こんな日は家で大人しくしているのだがやっぱりCB223Sに乗りたくて仕様が無い!

ということで今日も8時半過ぎに家を出て160kmほどを走ってきた。
3日前は山の方に行ったので今日はやっぱり海だよね♪
と笹川流れに向かう。




バイパスはまだ怖いので(汗)またもやOCRで通り慣れた県R3を使用して瀬波の手前まで行きそこからはずっとR345を北上して寝屋の漁港を目指す。
笹川流れは結構車も出ていて大体60km強のペースで流れていく。
CB223Sで気持ちよく巡航出切るのは大体70kmが今の私には限度なので丁度良いペースなのだ。
ほどよく緊張しながらもちらちらと海を眺めつつ潮の香りを嗅ぎながらのクルーズはとても気持が良いのだ。

そして2時間ほどで寝屋の漁港について小休止。
さて後は来た道を帰るだけだ。
と思っていたのだが、それではあまりに能が無い気がして止せば良いものを瀬波から先もR345で東港まで行きそこからバイパスを使って帰ることにした。

  ・
  ・
  ・

やっぱり止せば良かった。(汗)

R345はともかくバイパスは怖かった。
何せ快適な巡航速度の上限は70kmなのだ。
適当な速度の車の後ろに付いていようにもこんな時に限ってなかなか都合の良い車がいないのだ。
巡航80kmは辛い・・・・・

おかげで気がつくと首筋から肩がカチンコチンに固まっていた。
バイパス・デビューは果たしてみたけれどもう少し慣れるまではバイパスは止めておこうと心に決めた。

しかしこれ。
慣れの問題なのかバイクのパワーの問題なのか?

あまり深く考えないことにしよう。
泥沼に嵌るぞ!
嵌るのはもっと先で良いのだ!!(笑)


それにしてもバイクと言っても4時間も走ると結構と疲れるもんですね。
私のような中高年は本当に気を付けてないとヤバそうだ。
心しておかねばね。

  ・
  ・
  ・

さて、明日明後日と休みを目指して頑張ろう♪♪♪

中高年モーターサイクリストへの道 最後(で初め)の1歩

  • 2010/05/02(日) 21:40:00

DEBUT! 〜 feets don't fail me now 〜


CB223Sの納車は昨日の午後だった。
一番恐れていたあの方は再噴火することこそ無かったもののメキメキと音を立てて機嫌が悪くなっていくのが手に取るように分った。

あ〜、もういい加減に勘弁してくれないかな!(苦笑)

しかもいくつかの計算違いや想定外のことも重なり結局、昨日は乗れずじまいだった。


今日もその計算違いをなんとかしていかないと気持ちよくバイクに乗れないとは思ったものの・・・・・


宿題は後回しだ!



だってこんな美味しそうなニンジンを目の前にぶら下げられているのだ!!


ということで辛抱堪らず今朝は9時にCB223Sに跨って150kmほどを走ってきた♪





コースは月岡〜赤谷〜三川〜村松〜五泉〜安田のOCRのツーリングコースだ。
人力のバイクで楽しいコースはきっとモーター(エンジン)付きのバイクであっても楽しい筈なのだ。

最初はさすがに免許を取って初めての公道。
しかも跨るバイクも初めてという初尽くし。
さすがに緊張して車の流れに乗って60kmを出すのもやっとという有様だった。(汗)


でも1時間ほど乗っていたら少しは慣れてきたようで風を切って走っているのがとても楽しくなってきた。

CB223Sのコンパクトで軽い車体と223ccという中途半端な排気量のおかげで16PSというほどよい力の無さ加減?が私のようなど素人には丁度良いんだろう。(苦笑)
アクセルを不用意に開けてもガツっ!と加速してギクシャクすることもない。
コーナーなんかでの身体とバイクとの対話がなんとも愉しい♪

まぁ、軽2輪と言うだけあって動力性能は自然吸気の軽自動車並のようだ。
慣れてきたら直ぐにモア・パワーを!!
ってなりそうなのがヤバイのだが。(笑)

でも当たり前のことだけどガソリンが有る限りは多少の上り坂だろうがどこまでも走っていけるということが素晴らしい。
私にとっては本当に”頼もしい足”なのだ。
しかも純粋に楽しむ為だけの。


妄想に浮かされて新しい扉を叩いてしまったがどうやら間違いでは無かったようだ。
中高年には些細な間違いももう許されないのだ。
少しほっとした。(笑)

さて連休はまだ残り3日もある。

もっともっとバイクに慣れるのだ!

  ・
  ・
  ・

と思っていたら明日明後日とカミサンの実家に急遽強制連行が決まってしまった。。。orz

やり残した宿題も中途半端で終わっているのに!

でもまぁ、私のバイクライフは始まったばかりなのだ。


ここは少しでもポイントを稼いでおくのだ。(苦笑)



中高年モーターサイクリストへの道 完!