佐々木譲 『巡査の休日』

  • 2010/01/06(水) 23:00:00

2009.12.27




〔出版社作品紹介〕
強姦殺人犯のストーカー鎌田光也は村瀬香里のアパートに侵入。警護に当たっていた小島百合巡査が取り押さえ逮捕する。だが、鎌田は入院治療中に脱走し行方不明となってしまっていた。1年後、脅迫メールが村瀬香里へ届き、再び小島百合は警護を命じられる。必死の探索にもかかわらず、小島たちを嘲笑うかのように何度も送られてくる無気味なメール。犯人はどこに潜んでいるのか? 「笑う警官」、「警察庁から来た男」、「警官の紋章」に続く、大ベストセラーの北海道警シリーズ、待望の第四弾!


作者の佐々木譲さん。
随分と高いところで好調を維持してる。
去年はこの人の小説をいったい何冊読んだんだろう。(苦笑)

期待の道警シリーズの4作目。
今回は佐々木さん自身が映画『笑う警官』の松雪泰子に触発されたと告白しているように小島百合が主人公。
彼女の活躍振りがなんともカッコ良い。

ただ過去3作と比べると軽い感じもするけれどそこは道警シリーズ。
佐伯や津久井それに新宮といったお馴染みの面々による”チーム”としての一体感は益々強まっているのが、このシリーズを追いかけてきた人間としては堪らないのだ。(笑)

肝心の事件もラストに向けて収束していく様子はスピード感もたっぷりで途中だれてしまうこともない。


そしてラスト近くでの”キャリアどもが何をやっていようと、おれたちは腐らず、自棄にならず、まっすぐ自分の仕事をしような”という言葉。
もちろんこれは道警シリーズの根幹をなす現場の警官への変らぬ深いリスペクトなのだけど我々読者にも宛てた言葉なのだろう。

やけに胸に染みる。(苦笑)
作者のこんな視線が変らぬ限りはこのシリーズはきっと読み続けていくのだろうと思う。


昨年最後に読む小説に選んで良かった。

  ・
  ・
  ・

っていうか図書館の順番待ちでたまたまそうなっただけなんだよね。(汗)

でもそろそろ『警官の血』のような重量感たっぷりの小説をお願いします!

レッド・ツェッペリン 『マザーシップ』

  • 2010/01/04(月) 22:10:00




こないだのロバート・プラントの”レイジング・サンド”が呼び水になってしまった。

”レイジング・サンド”も悪くは無かったけど、やっぱりもうちょっとドカドカうるさいのを聴きたくなったのだ。
年末年始に聴くアルバムとしてはうるさ過ぎたかもしれないが。(苦笑)

本当は未だにちゃんと聴いたことの無い”?”か”聖なる館”が欲しかったのだが、ここまできたら最新デジタル・リマスター盤が出るまで我慢でしょう?(笑)

ということで特にコアなツェッペリン・ファンでない私にはこの2枚組みのベスト盤で充分だったのだ。
代表曲と呼ばれるものは大体収録されているようだし、サウンドは2000年代に入ってからの最新リマスターなのでクリアだし、ボトムの迫力も有り過ぎるぐらい有るし。

ということでかなり満足しましたです。
久方ぶりにツェッペリンを堪能することが出来ました。
ハイ♪

  ・
  ・
  ・

ただなぁ。
ツェッペリンって未だにどこがどうすごいのか(すごかったのか)このベストを聴いてみてもやっぱり良く分からないんだな。

う〜ん。(汗)

確かに40年も前にこんなサウンドを確立していたって事実はすごいとは思うんだけど。
高校の頃からどうしてこんなに評価が高いのか今ひとつピンと来ない。

名曲だって誉れの高い”カシミール”にしても”アキレス最後の戦い”にしてもどんどん高みに昇って行く感じは良いんだけど、もったいぶっちゃって結局最後まではいかせてくれなかったじゃ無いか!みたいな。(苦笑)

ライブ・バンドとしては10何年か前に出たBBCライブを聴いて、こりゃすごいバンドだったんだ!
とは思ったけれど・・・・・


多分、相性と言うしか無いんだろうなぁ。

どこそこのこんなところやあんなところが素晴らしい♪

って誰かこと細かく教えてくれないものだろうか?

明けましておめでとうございます。

  • 2010/01/01(金) 11:15:00

大好きな年末が終わり、気の抜けたお正月がやってきた。(笑)

とはいえ今年もなんとか新しい年を迎えることが出来てほっとしている。

まだまだ先行き不透明な世の中ではありますが、また頑張っていきたいと思います。

ということで?今年の目標を立ててみた。

するとやっぱり


無病息災。無事無傷



ということになる。

これはまぁ目標というよりも願いのようなものだ。(汗)


それというのも小娘もいよいよ来年は受験だし家のローンだって果てしなく残ってる。
まだまだ頑張らねばならんのだ。
オトウサンはやっぱりツライのだ。(笑)

そして音楽やら映画やら自転車なんかもちまちまと楽しんでいたいのだ。
キャンプだって楽しんでみたいのだ。
オトウサンには絶対息抜きが必要なのだ。

カミサンにはあんた毎週毎週息を抜きすぎよ!
たまには家のこともやりなさないよ!!
と叱られているが仕方が無いのだ。

叱られたって頑張る為には何かしらの楽しみが必要なのだ。
そして楽しむためにはせめて痛みや不安の無い身体でいたいのだ。
もうムチ打ちやら通風はまっぴらなのだ。(苦笑)

  ・
  ・
  ・

そんなわけで?

どうぞ今年もよろしくお願い致します。