忌野清志郎 ~ 永遠のバンドマン ミュージック・マガジン増刊

  • 2009/09/08(火) 22:35:00

2009.8.29




力が入ったような入っていないような追悼特集本だった。(汗)

基本的に前半が音楽ライター達が新たに書き下ろした文章と、後半がミュージック・マガジンの過去の記事をとり纏めた内容になっている。
清志朗本人やチャボといったRC当事者達のインタビューは少なくめ。

そこが物足りないと言えば正直物足りない。

でも自分と同世代の今井智子さんの書いた冒頭の追悼文は充分共感できるものだった。

そして続く、清志朗のバック・バンドでバン・マスをやっていた三宅伸治さんのインタビューには心を動かされた。
チャボには成り得なかった三宅さんが憧れの人としてずっと清志朗の傍らで過ごしてきた目線は、当事者にはどうしたって成り得ないただのファンでしかない自分と近いものがあるからなんだろう。
三宅さんのちょっと途方にくれたような悲しそうな表情のスナップも忘れられない。

  ・
  ・
  ・

しかし一番心を動かされたのは巻頭を飾るおおくぼひさこさんの写真と彼女自身のキャプションだった。
この巻頭の10数ページだけでこの本を手にする価値があると思う。
特にここで明かしてくれたあの日のチャボとリンコさんのエピソードは深く深く胸に沁みるものだった。

おおくぼさん、ありがとうございました。

『秋深き』 池田敏春監督

  • 2009/09/07(月) 23:00:00




なんとも切なく哀しい。。。

そしてなんとなく『髪結いの亭主』を思わせるような雰囲気もたっぷり。

浸っちゃいました。

こういう酩酊感が漂う映画は好きですねぇ。

  ・
  ・
  ・

って、何故かこれ以上なんにも出てこない。(汗)

いやでもなかなか良かったです。ハイ。

痛風日記 その2

  • 2009/09/05(土) 13:00:00

8/24日(月)〜28日(金)

相変わらずサンダル履きの通勤。
痛みと腫れはずっと現状維持。

もう2週間経つのにいったいいつ治るんだろう。。。。


続きを読む

痛風日記 その1

  • 2009/09/04(金) 22:45:00

ついに発作が起きてしまった。。。orz

これから長い付き合いになりそうなので今後の自分のためにもここらで少しまとめてみようと思う。
もちろん、お付き合いなどしたくないのはやまやまなのだが。(笑)


私は10年ほど前から会社で受ける人間ドックで尿酸値が高いことは知っていた。
最初から正常範囲の7.0mg/dL超えでジワジワと右肩上がりで去年から遂にmg/dLの大台を超えて8.2mg/dLに。
この原因は明らかで休肝日無しの晩酌の所為である。
ビールの350ml缶換算で毎晩4〜5缶は飲んでいる。
しかし自分はこんな換算しか出来んのか?(苦笑)

続きを読む

MOD LUNG 『RIVER SONGS (リバー ソングス)』

  • 2009/09/03(木) 22:15:00




川崎のニール・ヤングだとかクレイジー・ホースなんかと煽られたら、私のようなニール・ヤング好きとしてはどうしても聴かざるを得ないでしょ。(苦笑)


早速手に入れて聴いてみると、サウンド的にはニール・ヤングはもちろんとして’70年代のアメリカン・ロックをルーツとしたオルタナ以降を感じさせるロック。
もちろん’70年代もオルタナなアメリカン・ロックも大好きな私だ。
聴いていると自分でもなんかこう顔がニヤニヤと綻んでくるのが分かる。
特にこのアルバムから参加したという大地君のギターが素晴らしくカッコ良い!


だけど期待の日本語歌詞が真っ向ストレート勝負なのは良いんだけどちょっと深みに欠けるなぁ。
それでもヴォーカルが頑張ってくれれば”歌”として魅力的に聴こえてくるんだろうけどその肝心のヴォーカルも弱い。
音程が合ってる/合ってないだとか声量の大小じゃなく声の持つ力が絶対的に足りない。
聴いていると悪い意味での青臭さを感じてどうにも気恥ずかしく辛くなってくる。

もちろん作詞作曲を手がけてヴォーカルまでも担当するバンド・リーダーの広島出身の矢田君。
彼が”スィート・ホーム・ヒロシマ”始まりで”終戦”で終わるこのアルバムを8/6日に発売させたって意味は分かるつもりだし拍手も送りたい。


だけどヴォーカルだけはもっと力の有る誰かに替わって貰った方が良い。
このままじゃとっても勿体無い。

  ・
  ・
  ・

このアルバムを聴くとMOD LUNGには悪いけど政風会が聴きたくなってしまう。
セカンド作ってくれないかな。



さそうあきら 『コドモのコドモ』

  • 2009/09/01(火) 23:00:00

2009.8.22




出版社 / 著者からの内容紹介
小学生の春菜とヒロユキは公園デビューの頃からのなかよし。春菜はブランド大好きなやんちゃな少女。ヒロユキは昆虫好きのおとなしい男の子。5年生に進級したばかりの春、2人はいつものように公園で遊んでいるうちにお互いにヒミツの部分を…。これは、愛いっぱい、友情いっぱい、モンダイいっぱいの物語である。



いったいこれ何を描きたかったんだろう?
命だとか友情の大切さ?


・・・よくわかりません。(笑)


確かに毒を内包した子どもたちの描き方は現実的で良い。
この世の中で純真無垢なままではいられないし。

出産シーンなんかもリアリティに溢れているし(ちょっとリアルに過ぎるが(苦笑))、孫を想うバアサンやジイサンのエピソードにはグッとくるものはある。

ラストの12年後のエピソードも悪くはない。
落とし所としてはこんなものなんだろう。


でもホントにこんな落とし前のつけ方で良いんだろうか?
出産後の描かれなかった12年こそが本当は一番描かなきゃならないことだろうと。
ここを避けて(逃げて)通るのはやっぱり駄目でしょう!


そんなに悪い作品では無いとは思うけど歯切れの悪さと割り切れなさがいつまでも残ってしまう。

コドモにコドモを生ませるって企画自体は出版社の方から持ちかけられたようだけど、さそうあきらさんににしては珍しくちょっと消化不良を起こして企画倒れに終わってしまったような感じだ。

  ・
  ・
  ・

残  念。