The Sad Cafe 〜 中村とうようさんを偲ぶ 〜

  • 2011/07/22(金) 23:34:10

もうなんといったらいいのか・・・


中村とうようといえば”ミュージック・マガジン”。

私が18歳の時から30年以上も欠かさずに毎月購読している唯一の雑誌です。


昔は何かを聴きたくてレコードを買おうにも、私のようなヒット・チャートとは無縁な音楽を追いかけている人間にはとにかく情報が少なかった。

もちろん当時はネットなんて便利なものは無かったし、レコードを視聴することも出来なかった。

そんな中にあって良質な情報を提供してくれていたのがミュージック・マガジンだった。

だからそれこそ目を皿のようにして隅から隅から読んだものだった。
レコードを購入するときの貴重な指針だった。

当月ばかりでなく来月の新譜情報にも目を通して面白そうなアルバムを文字通りにマーカーでチェックして、発売日前日にショップに買いにいくのも常だった。(苦笑)


ランディ・ニューマン、ライ・クーダー、RONIN、JJケール、ウォーレン・ジヴォン、ガーランド・ジェフリーズ、アズテック・カメラ、スミス、プリファブ・スプラウト、マシュー・スィート、ブルー・ナイル、フィッシュマンズ、くるり・・・


この雑誌を読んで無かったら聴いていなかったかも知れない愛聴盤の数々。



読み始めてからしばらくはとうよう氏自身がまだ編集長を務めていて、読み物としてはやはりその頃が一番面白かったと思う。

もちろん今でも新譜を購入するときのガイドではあるが、ここ何年かは半ば惰性で購入しているようなところもある。

正直にいうと以前ほど面白くはない。

それは自分が現在の音楽シーンについていけなくなったのか?
それとも雑誌そのものがつまらなくなったのか?

多分、両方なんだろう。

ただそんな中でも唯一楽しみにしていたのがとうよう氏の連載コラムである”とうようズ・トーク”。

いつのまにか氏も高齢になっていたことに気づきいつかは終わりがくることも覚悟はしていた。

だけど文面から伺う限りではまだまだ元気そうだったし相変らずの辛口な語り口は痛快だった。
だからそんなことはまだしばらく先のことだろうと思っていた。

それがまさかこんな形で終わることになるとは。



ちょっとひどいじゃないですか!

とうようさん、こんな終わり方は0点だって!!




自分の中でも何か一つの時代が終わってしまったような気がします。



心からご冥福をお祈りいたします。

合掌

The Sad Cafe 〜 セーラ・ロウエルさんを偲ぶ 〜

  • 2011/06/29(水) 22:30:00

10代後半の頃はかなりファンだったんですよね〜♪


GOROの激写だとか11PMだとか天皇の料理番だとかよく見てましたねぇ。

激写なんかは心待ちにしてたりして。(笑)

懐かしい・・・



しかし切ないですね。

こうして同世代のそれもアイドルだった人がいなくなってしまうのは・・・



謹んでご冥福をお祈り致します。


合掌

時には星の下で眠る 〜 滝谷森林公園 〜

  • 2011/06/18(土) 22:00:00

先週末はアラカンさんの『I計画』に参加したかったのだが、日曜日に町内会の予定が入ってしまって身動きとれず。。。orz


もともとその日はN島さんとキャンツーを予定していたのだがこれも少し前に延期になってしまっていた。


今週末も天気はまずまずのようだ。


むずむずしてしようがない。


うーむ・・・


続きを読む

サクラチル

  • 2011/04/25(月) 23:35:00

週末は春の恒例、高田の桜見物に行って来た。


ただ今年は小娘の予定に合わせていたら見頃は過ぎて、桜から漂う色めきたつような"気"はもう薄れ気味でちょっと残念だった。





それに一番楽しみにしていた夜桜も夜は結構な雨降りで行かなかった。

もっとも震災の影響でライトアップも縮小ということだったので無理に出なくても良かったかも。(汗)


ということで今年はちょっと寂しいお花見だった。


それでもやっぱり今年も見れて良かった。

それにカミサンの実家でまた美味い酒も飲めたしね。(笑)




やっと春が来た♪

という感じです。





The Sad Cafe 〜 田中好子さんを偲ぶ 〜

  • 2011/04/22(金) 22:40:00

あまりに突然のことでちょっと言葉が出てきませんでした。



女優の田中好子さん。

と言うよりも元キャンディーズのスーちゃんと言った方が我々の世代には通りが良いんでしょうね。


キャンディーズといえばもちろん'70年代に人気絶頂のまま解散した伝説の超アイドルグループ。
それはちょうど私の中学から高校時代にあたる。

とはいえひねくれ者の私?はアイドルには全く興味が無く、なんだかんだと騒いでいる級友達を冷ややかな目で眺めていたのでした。

あの有名な解散コンサートの狂騒にしてもさっさと辞めりゃいいじゃん!
なんてとんでもなくイヤなヤツだったのでした。(大汗)


というわけでキャンディーズにも特段の思い込みがあったわけではない。

だけどここ数年はたまに懐メロ番組で当時の彼女達の映像を見かけると、なんともいえない懐かしい思いが込み上げてくるようになっていた。


春一番、微笑み返し・・・・・


良い歳こいて胸がキュンキュンしてしまうのだ。(苦笑)

当時は”歌”として全く興味が持てなかったのに、今聴くと素直に良い”歌”だったんだなと思ってしまう。


あれからもう30年以上が経ちました・・・・・



スーちゃん。

同時代を生きてきたちょっと年上のいつまでもキレイなお姉さん。
最近ではちゅらさんでのお母さん役が出色だった。

あの柔らかな笑顔をもう見ることが出来ないのが残念でなりません。


でも今頃は彼女も一足早く旅立った親しい友であり義理の妹さんにもなる夏目雅子さんと”随分と久し振りだったわねぇ”なんて明るく挨拶でも交わしていることでしょう。

そう思いたい。


心よりご冥福をお祈り致します。

合掌。

地デジカ君がやって来た ヤア!ヤア!ヤア!

  • 2011/04/06(水) 23:30:00

我が家には永久に地デジカ君はやってこないのかも?

と思い悩んでいたのだが、やっとあの忌々しい黒枠&テロップからの脱出だ。(笑)





小娘が県外の大学への入学が決まって一人暮らしに必要な家電の買い物のついでに、どさくさにまぎれてなんとか司令官殿から了解を貰ったのだ。(爆)

とはいえ予算は限りなく極少だったので選択肢はほとんどなく、やってきたのはまるっきりスタンダードな40インチの液晶テレビとWチューナーとはいえ容量少な目の320GBのBDレコーダー。

値段は5年保障を付けて両方合わせてなんと11万弱。
ヨドバシ様様だ♪
通販よりも安かった。
エコポイント分を引くと10万円を切ってしまう。

つ〜か、この値段だったのでなんとか司令官殿も首を縦に振ったのだ。

ここまで待ったかいがあったというものだ!?



それにしてもハイビジョン&ブルー・レイで観る映画ソフトの美しさってなんなんだろう。

DVDで充分だって思っていたのにもう後には戻れない。


15インチのテレビで細々とレンタルビデオを楽しんでいた頃を思うと夢のような世界だ。


良い時代になったものだ。




と遅れてきた地デジカ君は今更のように思ってしまうのだ。(爆)

旅立ち

  • 2011/03/27(日) 22:30:30

この土日は小娘が大学生活を送ることになる金沢まで引越しに付き合ってきた。

大物の家電や布団などは販売店から直送してもらっているのだが、身の回りの品や諸々の小物は新潟から車で持っていくことにしたのだ。

その方が安くつく。(苦笑)


【最後のハッチドア・シビックも大活躍?】





そして家族3人でニトリやジャスコでの現地調達をこなしつつ、なんだかんだと格闘してこれから小娘が4年間を過ごす部屋はなんとか落ち着いた。



【久しぶりの川の字。(笑)司令官殿はもちろん左側のフカフカのシュラフで就寝しました♪】





しかし、なんだなぁ。

大震災や原発のことやこの先のあれやこれや。
そんなことを考えるとどうしても胸の重いつかえのようなものは取れないんだけど、自分の娘のことながら新しい旅立ちに付き合って少しは気持ちも晴れたようだ。

旅立ちってやっぱり良いものだな。


ありがとね。


そして、ガンバレ、小娘!

みんなで分け合えば、できること。

  • 2011/03/18(金) 22:50:00

デザイナーの松本隆応さんがデザインされたポスターです。

転載、再配布はご自由にとのこと。





本当に必要?

ほんのちょっとだけ立ち止まって考えてみる。

分け合う気持ちがあれば大丈夫。


自戒の念を込めてます。

東北地方太平洋沖地震

  • 2011/03/12(土) 21:30:00

昨日は午後から会津若松市に出張だった。

地震そのものは高速を走っていてラジオも切っていたので幸いなことに?全然気が付かなかった。


最初に異変を感じたのは会津若松ICで高速を降りる時。

何故か高速への入り口が渋滞していた。

そして街中に入っていくと人々が外に出て何かをしきりに気にしていた。

尋常でない気配からラジオを付けてやっと20分ほど前に地震があったことを知ったのだった。


幸いなことに顧客も特に大きな被害を受けていなかったのだが、かなり大きな余震が断続的に続いていたこともあって顧客からも何かあったら責任が取れないと、結局予定した作業も途中で切り上げて帰ることになった。

帰りの道中は磐越道も福島側は通行止めで使えなかったのだが比較的に順調で22時過ぎには自宅にたどり着けた。

ラジオからの情報で何となく分かったつもりでいたのだが、テレビで目の当たりにした各所の惨状は予想をはるかに上回っていました。

私は仙台への出張も結構あるのですがあの綺麗な街並みや被災者の皆さんを思うと心を痛めるしかないです。


改めまして、地震で被災された方々には心からお見舞いを申し上げます。

 
 

一周年 〜禁煙宣言〜

  • 2011/02/24(木) 22:30:00

早いもので休煙を始めてからおかげ様で一年が経った。


それじゃ半年前と比べてどこか変わったかというと実はあんまり変わっていない。(苦笑)

やっぱり吸いたいときは吸いたい!


こんなんで本当に意識の中から煙草が消えて無くなってしまう日なんてホントに訪れるんだろうか?



でもまぁ、煙草は千円に値上げされても止めるなんてことは出来ないんじゃないか?

とも思っていたので我ながら良く続いたものだと思う。


カミサンと小娘も少しは褒めてくれたって良いじゃないか!(爆)


もっとも吸ったらローンが払えなくなるってのも大きかった。

まったくバイク・ローン様様なのだ。(苦笑)



さて、休煙も一周年ということで石橋は叩いても渡らない私だけどもそろそろここらで宣言しようと思う。



禁煙だ!(爆)



素敵じゃないか  〜 半世紀少年

  • 2011/01/26(水) 20:00:00

今日からついに五十路に突入。


若い頃は自分の50歳なんて想像も出来なかったわけだけどこれだけは言える。


こうありたいと願った人物像にはほど遠い
のが現実だ。(苦笑)



それでも幸せなことに人生は続く。



しかも、もし100歳まで生きられるとしたら・・・・・



なんだ、まだ折り返し点でしかないじゃないか!(爆)


まだまだやれそうだ♪




すると敵はいろいろと妨害工作を仕掛けてくる司令官殿だけか。。。orz





あ〜、人生はなんて素晴らしい♪♪♪

あけましておめでとうございます。

  • 2011/01/01(土) 09:00:00

12月は仕事でバタバタしてしまってるうちに年末を感じることも無いまま正月になってしまった。

あの大好きな”年末”はどこへ行った?(笑)


というわけで新年を迎えるに当たって去年の私的3大ニュースを選んでみた。

続きを読む