MONGOL800 『MESSAGE』  〜雑感〜

  • 2007/10/23(火) 23:47:04

何年か前に耳にした『あなたに』?はバンド名ともどもあんまり良い印象を受けなかった。
なんとなく今時の軽い歌を歌うバンドって感じで自分には受け付けられなかった。
これは完全な勘違いだったんですね。
1ヶ月位前にNHKで放送された彼らの沖縄ツアーのドキュメントをなんとなく見ていたら、なかなか良さそうな歌を演っていたので興味が沸いてきました。
うちの小娘も好きだったらしく『Daniel』を持っていたので借りて聴いてみたらこれが結構良かった。
それでインディーズで200万枚以上も売り上げたという『メッセージ』を聴いてみたくなった。

でもこのアルバムってあんまり出回って無いんですね。
『Daniel』は中古でもいっぱいあったんだけどな。
それが先日の高田での古本/中古CD探索サイクリングの時に新品を見つけてしまった。
自分で買う決心はつかなかったので、小娘にあそこの店にあったよと伝えたら思惑通りに小娘が自分で買ってきました。
子供に買わせんのかよ?オイ!って子供の方が金持ってんですよね。(大汗)

で、また小娘から借りて聴いてみました。(苦笑)

CDを取り出そうとプラ・ケースを開けてみたら
MPと対峙する沖縄の人達の少し古い写真が目に飛び込んできました。
他にも糸を紡ぐ?おばぁちゃん達や、雨の中傘を差して手をつないで歩く親子の後ろ姿。
どれも印象的で懐かしさを感じさせる写真の数々。
歌詞はそれらの写真とリンクするように『大切なもの』『守るべきもの』『やらなければいけないこと』
−−−−確信を持って作られていました。

確かにしっかりと彼らの『メッセージ』が伝わってきました。
こんな若い連中がいるんなら日本もまだまだ捨てたもんじゃ無いね。
なんて少しジーンとしてしまった。
すっかりオジサンモードに入っちゃいました。(笑)

ただアルバムはほとんどが『あなたに』のようなストレートなロックンロールばかり。
これがどうにも自分には合わない。
クラッシュ(古っ!)やブルー・ハーツ(これも古っ!)なんかは割りと好きだったのになぁ。
どうもこのリズム・パターンというかドラム・パターンが自分には駄目みたい。
せっかくの歌詞も2/3が英語だったりしてすごく勿体ない気がした。
途中から降参して飛ばし飛ばしで聴いてしまった。

ただ彼らお得意?の最後の隠しトラックのナンバー。
これは文句無しに素晴らい歌だった。
こんな’歌’をもっと聴きたかった。
こんな’歌’ばかりだったら良かったのに。
なんて。。。

でも彼らの『メッセージ』を若いリスナー達が、しっかりと受け取って何かを感じとって聴いているんだとしとら、それはやっぱり嬉しいことですね。
未来が少しだけ明るく見えた。って大げさか?(苦笑)
そして我々大人達は高校生に『私達のオジィやオバァは嘘をついていたというんですか?』 なんて言わせちゃイカンです。
ホントに!
おっと、最後はまたオジサン・モードに入っちゃったな。(笑)

『蛇足』
もちろん、うちの小娘には良いアルバムだねと言って返しました。
なんかまたアルバムあったら聴かせてね。
アリガトネ。

しかし、モンパチって略して言うのが恥ずかしくて出来ない。
ってのがまた恥ずかしい。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する