池井戸潤 『空飛ぶタイヤ』

  • 2012/07/09(月) 21:00:00

2012.07.05




内容紹介
トレーラーの走行中に外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。タイヤが飛んだ原因は「整備不良」なのか、それとも…。自動車会社、銀行、警察、週刊誌記者、被害者の家族…事故に関わった人それぞれの思惑と苦悩。そして「容疑者」と目された運送会社の社長が、家族・仲間とともにたったひとつの事故の真相に迫る、果てなき試練と格闘の数か月。



重い話だといやだなちょっと敬遠していたのだがそんな心配は無用だった。


追いつめられる主人公、一部造反する社員。
そして窮地に手をさしのべてくれる者・・・

ストーリーの展開から登場人物の性格設定から読み終えた後の爽やかな印象だとか以前に読んだ『下町ロケット』そのまんまだった。(笑)

ただこっちの方は大企業(権力)との戦いをラストまでずっと引っ張るので緊張感でちょっと疲れたかも?

『下町〜』の方はさすがに後から書かれただけあって前半がいわれのない訴訟問題。
そして後半が夢の実現に向けての戦いという二部構成になっていて得られる感動は上かもしれない。

そうはっていもこの『空飛ぶタイヤ』の終盤の溜飲の下がり方はやっぱり良い♪

不満を抱えた中高年?にはぴったりだ。

本当は片道4時間の出張のお伴にするつもりだったのに、あんまり面白くて止められず出張に行く前に読み終えてしまったほどだったしね。(苦笑)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/09/06(金) 04:30:32

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する