イーグルス 『ならず者』

  • 2012/05/07(月) 22:30:00




どうもこのところやる気が起きない。


プチ鬱?

それとも更年期?(苦笑)


そんな状態だからよけいに沁みたのかなぁ。


こんなに良いアルバムだったっけ?と。


  ・


去りゆくものへのシンパシー。

なくなってしまったものへの憧憬。


もちろんアルバムとしては『呪われた夜』なんかの官能的な成熟度合には適わないんだけどこの瑞々しさは格別に素敵だ。


現在のドン・ヘンリーやグレン・フライがこれを聴いたらどう感じるんだろう?

ま、何かを感じるようだったらドン・フェルダーを首にはしてないだろう。(笑)



それにしてもグレン・フライの甘い歌声がどうしようもなく郷愁を誘ってくる。

この人の歌声にこそイーグルスの魂が宿ってる。


そんな感じだ。


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する