ローリング・ストーンズ 『イッツ・オンリー・ロックン・ロール』 SHM盤

  • 2012/02/01(水) 23:45:00

中古盤をリアル店舗で購入するのは本当に久しぶりだった。

帯無しで少しライナーも切れてるということだけど実用上は全く問題無しで880円。
しかもポイントがあったので実質480円♪

ストーンズは他にもっと聴きたいアルバムがあったのだけど、これでは手を出さないわけにはいかなかった。(苦笑)





この『イッツ・オンリー・ロックン・ロール』は高3の晩秋の一時期に熱心に聴いたアルバムだった。

洗練とはほど遠い分厚くてぐっちゃぐちゃに煮込んだ塊のようなサウンドだったけど、ミック・テイラー在籍時の重たいロックン・ロールにあっていた。


とういわけで30数年振りに聴いてみたのだがリマスターされて若干聴きやすくはなったような気もするがサウンドの感触は昔と変わらなかった。

私はどちらかというとロン・ウッドが加入してからの、重さとは引き換えになったかもしれないがドライブ感に溢れるようになったストーンズの方が好きだ。

でもこの頃のリズムを引きずるような重厚感に溢れたロックン・ロールももちろん捨て難い。


特に冒頭の3連発。

”イフ・ユー・キャント・ロック・ミー”から” エイント・トゥー・プラウド・トゥ・ベッグ”にタイトル・ナンバーの” イッツ・オンリー・ロックン・ロール”。

この流れは圧倒的で今や50を越えた私の尻を蹴飛ばし、そしてワクワクさせてくれた。

そして”タイム・ウェイツ・フォー・ノー・ワン”。

ちょっと演歌が入ってるけどバラッドの名曲でミック・テイラーのギター・ソロも素晴らしい♪

だいたいここで寝落ちしてしまうのは今も昔も変わらない。(笑)

気を取り直して後半(レコードB面)に向うのも。

 
  ・

 
ストーンズは高校生の頃から10数年間は一番大好きなバンドだった。

それが彼らの新譜を買わなくなってからもう20年が経つ。

今年はストーンズ結成の50周年!?なんだそうだ。

何か動きがありそうだ。

でも新譜が出てもやっぱり買わないだろうな。


それでも、もしツアーがあって日本に来たら頑張って行こうと思ってる。

これだけは頑張って行かないとね。


22年振りの東京ドームになるかもしれない。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する