2011年備忘録CD編 ベスト5

  • 2012/01/15(日) 20:00:00

とりあえず去年購入したものから印象に残ったものを並べてみると・・・


1.坂本慎太郎 『幻とのつきあい方』
2.細野晴臣 『HoSoNoVa』
3.大滝詠一 『A LONG VACATION 30th Edition』
4.ビル・エヴァンス 『ワルツ・フォー・デビイ+4』
5.ブルース・スプリングスティーン 
  『闇に吠える街~The Promise:The Darkness On The Edge Of Town Story』
5. 鈴木慶一とムーンライダース 『 火の玉ボーイ』

次点
ローリング・ストーンズ 『ラブ・ユー・ライブ』
くるり 『ベスト オブ くるり/TOWER OF MUSIC LOVER2』
ニック・ドレイク 『ピンク・ムーン』


なんか旧譜ばっかりだな。(苦笑)

基本的にまだ聴いたことのないアルバムを優先したいんだけど、これ聴きたいなぁ!と思える新譜は年々少なくなっている。

自分の感性が衰えてきてるんだろうなぁ・・・


ただそんな中にあって坂本慎太郎の『幻とのつきあい方』を聴けたのは幸せだった♪

こんなアルバムを年に数枚でも聴けたら大満足なんだけど、このアルバムは私にとってはここ数年でのベスト1。

そうそうはないよね。(笑)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する