東北地方太平洋沖地震

  • 2011/03/12(土) 21:30:00

昨日は午後から会津若松市に出張だった。

地震そのものは高速を走っていてラジオも切っていたので幸いなことに?全然気が付かなかった。


最初に異変を感じたのは会津若松ICで高速を降りる時。

何故か高速への入り口が渋滞していた。

そして街中に入っていくと人々が外に出て何かをしきりに気にしていた。

尋常でない気配からラジオを付けてやっと20分ほど前に地震があったことを知ったのだった。


幸いなことに顧客も特に大きな被害を受けていなかったのだが、かなり大きな余震が断続的に続いていたこともあって顧客からも何かあったら責任が取れないと、結局予定した作業も途中で切り上げて帰ることになった。

帰りの道中は磐越道も福島側は通行止めで使えなかったのだが比較的に順調で22時過ぎには自宅にたどり着けた。

ラジオからの情報で何となく分かったつもりでいたのだが、テレビで目の当たりにした各所の惨状は予想をはるかに上回っていました。

私は仙台への出張も結構あるのですがあの綺麗な街並みや被災者の皆さんを思うと心を痛めるしかないです。


改めまして、地震で被災された方々には心からお見舞いを申し上げます。

 
 

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する