『パーマネント野ばら』 吉田大八監督

  • 2011/02/02(水) 22:45:11





生命力に溢れた女子達に圧倒させられる。

その女子達(オバサン、ババァ含む)に笑わせられながら物語りは心地良く進んでいく。


でも原作はあの西原理恵子。


こんな人間讃歌のままで終わる筈が無い?

と怯えていたらやっぱりだ。(苦笑)



それまで物語の瑕疵ともいえるようないくつかの引っかかりがあっけなく氷解する。


と同時にそれまでとは一転してせつない物語に変わってしまった。



どうしようもなくせつない。


そして優しい人々。



ラストの幼い子供の呼びかけには本当に救われた。


  ・
  ・
  ・


小池栄子ってキライなんだが女優としては認めざるを得ないのだ。

悔しいけど。(苦笑)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する