一周年!

  • 2010/08/13(金) 18:00:00

世間はお盆の真っ只中。


ということは・・・・・


通風発作の発症からちょうど1年なのだ!

ビバ、一周年♪



そんなわけで別にめでたくもないのだがせっかくなので近況報告なぞを。(笑)


さて通風治療のとりあえずの一区切りとしたのがアロチームの服用を開始してからしばらくたった去年の11月だった。

でも右足親指の拇指球周辺の違和感と痛みはまだまだ完全には取れてはいなかったのだ。

そして忘れもしない昨年暮れのクリスマス・イヴ。

我が家は当然仏教なのだ。

キリスト教なんかは大っ嫌いなのにクリスマス・ケーキを喰らったのがいけなかったのか?

それとも仕事関係の忘年会が度重なる都度、卑しく飲み食いしたのがたたったのか?


2回目の発作。。。orz

この時はボルタレンサポ(座薬)を含む各種鎮痛剤が揃っていたので痛みにのたうち回ることにはならないで済んだ。

それでも右足親指の拇指球周辺を鎮痛剤というオブラートの向こう側で、得体の知れない何かがのたくっているのがはっきりと分かった。

あれはもう二度と体験したくない類のものだ。

そして本当に痛みが取れるときが来るんだろうか?
と精神的にもかなり追い込まれてしまったのだ。


ところがところが!

この発作で右足親指に残っていた尿酸の結晶がやっと取れたのか?

それともこの発作を契機にアロチームの服用が朝晩2錠に増えたのが(それまでは朝1錠のみ)効いたのか?

正月が開ける頃にやっと右足親指の違和感と痛みから開放されることになったのだ。

最初の通風の発作から約5ヶ月。


本当に長かった・・・・・


それから今日まで約7ヶ月。

新たな発作も無くなんとか平穏無事に過ごしている。


ビール?

日本酒?

ウィスキー?


毎日欠かさず飲んでますよ〜♪

もちろん、アロチームも!
せっかくニコチン依存からは脱却したというのに、アロチーム無しではいられない身体になってしまった。(爆)


しかし喉元過ぎればなんとやら。

最初の頃はアロチームも朝晩欠かさずに服用していたのだがここ数ヶ月は朝を忘れたり晩の方を忘れたり。(汗)

特に生活リズムの違う休日が要注意なのだ。
気が付くと一日以上も服用を忘れているときがある。

するとそんなときは右足親指の拇指球周辺がなんとなくムズムズしてくるのだ。

危なくってしょうがない!(苦笑)

なので少なくとも一日一錠だけはなんとか服用するようにはしている。


でも一日一錠で済むのならそれに越したことはない。
朝晩はやっぱり面倒だし少しでも経済的に軽い方が良い。

もうじき人間ドック。

アロチームは確信犯的に一日一錠で過ごしている。

尿酸値の結果がどうなるか?



楽しみだ。うふっ♪

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する