長谷川健一 『震える牙、震える水』

  • 2010/07/29(木) 22:30:00




深みの有るアコギの音色。

切迫感を伴って切り込んでくるドラムとピアノ。

そして長谷川健一のヴォーカルは歌を歌として届けてくれる。


漂う静謐感と緊張感。

確かに良いアルバムだ。


  

あとは聴く者の好み・・・・・



ちょっと一本調子かなぁ。

途中、ちょっとしたフックや変化球が欲しかった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する