『今度は愛妻家』 行定勲監督

  • 2010/07/14(水) 22:21:34





薬師丸ひろ子。

この人の復活は私のような世代の人間にはとても感慨深いものがある。



な〜んて気取ってちゃってるが素直に言ってしまえばただ嬉しいだけなのだ♪(爆)

もちろん昔のアイドル時代のままの可愛さなんてことはないのだけど、若い頃には無かった感じの良い柔らかさがあって良い歳の取り方をしたんだなぁと思う。
昔好きだった女の子はこんなように歳を取っていて欲しいと思わせる歳の取り方だ。(笑)


それと濱田岳君のナイーブさは見ているだけで懐かしくなってくる。
またあんなことで悩んでみたいものだ。(苦笑)


映画自体は脚本も良く練れていると思うし良い出来だと思う。

ただ自分にはちょっとした違和感のようなものというか、どこかで入りきれないところがあって感情移入して宣伝通りに号泣するには至らなかった。


せっかく気持ち良く泣こうと思っていたのにとても残念だ。(笑)


それでも鼻の奥は確かにちょっとツーンとなった。

というのも石橋蓮司が演じたオカマのオッサン。
このオカマのオッサンのお祖母ちゃんのような優しさにやられてしまったのだ。

今やどこにも寄る辺の無くなった中高年のオッサン?はこんなに無条件に自分を思ってくれる優しさにはほとほと弱いのだ。

またそんな優しさを体現した石橋蓮司は見事だった。
彼を観るだけでもこの映画を観る価値はあると思う。


そんな名演だ。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する