中高年モーターサイクリストへの道 第3歩 〜 普通自動二輪免許取得編 〜 ?

  • 2010/04/28(水) 22:11:06

〜 入校初日まで 〜

モーターサイクリストへの壁の高さや難易度はこんな順番だろうと思っていた。

休煙>中古バイク探し>免許取得


ところがここまでは自分でも本当に出来るのか半信半疑だった休煙が殊のほか順調だった。

そして次になかなか難しいだろうと思っていた中古のバイク探し。
これも本当に運良く絶妙のタイミングで注文通りのタマが見つかった。



なんだ、あとはもう免許を取るだけじゃん♪


なんて・・・・・


正直なめていた。

免許なんて金を払って教習所から貰うもんだろうくらいに思っていた。

が、もともと運動神経が乏しいうえ中高年になり自分がますます鈍くなっていたことをすっかり忘れてしまっていた。


まったく!

いくつになっても甘かぁねぇ!!



○暗雲が垂れ込めた入校3日前


携帯の着信履歴を確認するとカミサンから電話があったのは3月31日の16:25分だった。

電話からは妙な切迫感と少し困惑気味の猜疑心が伝わってきた。


自宅に送られてこないはずの私が組んだバイクの購入ローン(@自腹なのに)の支払い予定明細が送られてきたのだ。


ばれた。。。orz


最高のタイミングでカミング・アウトするつもりだったのにどうしてくれるのか!

ブログのタイトルは”うちに帰ろう”。

皮肉なものだ。(苦笑)

今日は本当にうちに帰りたくない。

気が重すぎる。



帰りたくねぇ〜。

  ・
  ・
  ・

帰った。


とりつくしまもない。

この上もなく家の中の空気が重い。

(カミサンの)視線が痛い。

つっ、辛過ぎる!


この日から家に帰るということは針のムシロに座ると同義語になった。


○入校初日 第一段階/1〜2時間

みぞおちは鉛を飲み込んだように重いが入校初日ということでちょっとだけワクワクする。
いよいよ最終章に突入なのだ。


指導員から簡単にバイクの操作の説明を受ける。
幸いなことにマニュアル・バイクの両手両足の使い方は30年以上も経つのになんとか身体が覚えていた♪


でも文字通り覚えていただけだった。


400ccのバイクってこんなにも重くてデカイものだったのか?
外周をスムーズに走ることさえ難しい。
バイクに乗っていてもなんだか全然楽しくない。

変な汗が滲んでくる。
やっぱ自分にはバイクなんて向いていないんじゃないか?
でももうローンも組んじゃったし!
手付けも払っちゃたぞ!!

カミサンの顔が浮かぶ。



心が折れそうだ。。。orz




でも今から振り返るとこの時はまだまだ序の口だったのだ。



続くっ!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

うーん

読んでて切なくなりますな
家が針のムシロって状況がよーーーーく分かりますorz

私もとても他人には言えない事件を起しましたから(^^;
妻には直接言えずメールで告白しました
今では笑い話になりますが当時はもう・・・・セツナかった・・・・

愛driveさん

>よーーーーく分かりますorz
こうなるとホンットにキツイんですよね。
分って貰えて嬉しいです!?

>直接言えずメールで告白しました
いっ、一体、何を?
興味津々です。(笑)

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する