「JIN -仁-」 TBS 日曜劇場

  • 2009/10/15(木) 22:50:00

良いドラマに仕上げてくれたなぁ♪
さすがはドラマのTBS!(死語っ!!)

原作は私が今一番連載終了を待ち望んでいるマンガ。
もちろん、これ私にとっては最上の褒め言葉。
だって好きなマンガほど単行本でまとめて最初から最後までたっぷりと心ゆくまで読んでみたいじゃないですか?(笑)

だからドラマ化が決まった時は一抹の不安はあったものの、キャスティングが発表された時にはこれは期待出来そうだと。。。

それが予想をずっと上回る素晴らしさだった♪

ドラマで出来ることと出来ないことをうまく取り捨て選択して、ドラマでしか出来ないことを盛り込んで、原作のもつ味やニュアンスをよく映像化していたと思う。


主演の大沢たかおは原作に比べるとちょっと線が細いが、うまく彼ならではの南方像を作り上げていた。
この南方もこれはこれでアリだと思う。

内野 聖陽の坂本龍馬はちょっと背の低いのはアレだけど(苦笑)、やっぱり龍馬はこうでなきゃ!と見事だった。
NHKも来年の大河の龍馬役は今からでも思い直した良いと思うぞ。(爆)

ただ綾瀬はるかの咲役だけが不安の種だったのが、これがどうしてどして。
彼女の天然振りが意外にも一途な咲役にマッチしていた。
綾瀬はるかさん、ゴメンナサイでした。


それにしても、あの”泣き”の子役。。。
巧すぎるだろ!
分かっててもね。(苦笑)

しかし次回がこんなに待ち遠しくなるドラマは久し振りだ♪
このまま尻すぼみすることなく最後まで行って欲しいね。


でもあれだな。
原作の最初の方はほとんど忘れていたのだが最初のあの患者って?
そうだったの!?

あ〜、ネタバレされちゃったよ。。。orz

  ・
  ・
  ・

原作も最終盤に入ったぽい?
そろそろ立ち読みは我慢しよう。(汗)

と、思っていたのに今日のこの日にうっかりやっちまった。
習慣とは恐ろしいものだ。

オレのバカ、バカ、バカぁ〜〜〜っ!(爆)


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する