『白い春』 最終回

  • 2009/06/23(火) 23:40:00





今年の春夏クールでは思わぬ拾い物という感じで毎週楽しみにしていた。
なんと言ってもペーソスの中から滲んでくる可笑しみがなんとも良かった。
ただどこまで計算したものか分からないけど。

って、多分計算してないよね。
なんだよ!
この最終回のドタバタ!!(怒)
こんな無理に泣かせようとしなくたって、あのまま素直に送別会を開いてそれぞれのその後の日常の様子をエピソードでちらっとでも流してくれてた方がよっぽど心に残ったろうに。。。

やっちまったなぁ!って感じです。
あ〜、もったいない!!!(苦笑)

  ・
  ・
  ・

しかし阿部寛はキャラの濃さだけでなくて初めて巧いなぁと思ってしまった。
そして哀愁のエンケンはさすがの哀愁振り。
この人こういう役やらせるとホントに巧い♪

パン屋の女の子も可愛かったしね。

ま、最終回の残り20分まで楽しませてくれたんだから良しとしよう。


あ〜、でもホントにもったい無かった。(笑)





この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する