シガー・ロス 『残響』

  • 2008/08/17(日) 12:00:00



なんかやたらと明るくてシンフォニックな感じの歌ばっかり。

想像していたのとちょっと違う。
もっと厳かで静謐感が漂うような感じだと思ってた。
歌のそこかしらで聞えるいかにもヨーロッパ的なメロデイとかは悪くはないんだけども。

そして何を歌ってるのかも全然分からないし。
これがシガー・ロス本人達の傲慢な意向のせいなのか、
日本版制作陣の怠慢なせいなのかは分かりませんけどね。

あちらこちらで歌詞・対訳付きって言ってみんな嘘つきだ。
全くどいつもこいつも!(苦笑)
  ↓
http://www.neowing.co.jp/JWAVE/detailview.html?KEY=TOCP-66809

http://store.shopping.yahoo.co.jp/ggking/tocp-66809.html



でも何を歌ってるのか分かったとしても。。。
このクワイアの成れの果てみたいなただ苦しげなだけのボーカルには馴染めないだろうな。
悪い意味での青臭さ。
我慢して聴いていたんだけど最初の15分で苦痛になった。(笑)

タイトル通りに何かの残響を感じるどころか、
肝心の映像が浮かび上がってくることもない映画音楽みたい。
確かに美しい音楽だとは思うけど自分にはひたすら退屈でした。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する