RCサクセション 『ラプソディー』

  • 2007/12/13(木) 23:31:50



RCサクセションは想い入れがあるような無いような微妙なバンド。

そこそこレコードやCDを聴いてはいたもののアルバム全体として満足したことが無かったから。
最初に聞いたのは18歳の頃でNHK-FMのサウンドストリ−ト(だったよな?)って番組で、今は廃盤になっていて手に入らないんだけどとっても良い歌なんで聴いて下さいって流れてきた『スローバラード』。
うわ〜、良いなぁ、これ!
『メリー・ジェーン』みたいにムード歌謡も入って無いし!!
ってRCへの興味が一気に沸騰したのでした。
多分、あの瞬間自分と同じように感じた人が全国にいっぱいいたんだろうな。
しかし、ふっるい話だな、オイ!(苦笑)

その後『スローバラード』が入った『シングルマン』はなかなか再発されずに、プチ・ブレーク直前にライブ盤の『ラプソディー』が発売された。
かなり期待を持って聴いてみたんだけどなんだか今ひとつ。
確かに『雨上がりの夜空に』や『 ラプソディー』などの名曲が収録されているんだけど、評判のライブの迫力が今ひとつ伝わってこない出来だった。
サウンドもR&Bのリズムセクションにハード・ロック的なギター・ソロが絡むような感じでなんとも中途半端だった。
『スローバラード』も入ってないし。。。

その後に発売されたアルバムも全体そんな感じで今度はって期待して聴くんだけども、どうしても自分には今一つだった。
決して悪くはないんだけど。
あっ、『キング・オブ・ロック』は良かったな。
でも、一番好きなのはラストアルバムとなった『BABY A GO GO』だったりする。
小じんまりとはしていたけど味わいのあるアルバムだった。

そんな感じなので『ラプソディー・ネイキッド』に手を出そうか出すまいかずっと悩んでる。
って悩みすぎか!
だってちと高いんだよね。
これで外れでもしたら。。。(苦笑)

  ・
  ・
  ・

月曜日、晩酌の途中でふと回したチャンネルで忌野清志朗さんが元気に歌っていた。
なんだかすごく嬉しかった。
回復して本当に良かった!

でもSMAPはいいから清志朗さんだけ見たかったな。
ま、SMAPの番組だから仕様が無いか。(苦笑)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する