土田世紀 『雲出づるところ』

  • 2011/10/07(金) 21:00:00




土田世紀は昔から好きなのだが単行本でまとめて読むのは意外にもこれが初めてだった。


さてお話はこうきたらイヤだなと思う不幸が主人公の二人にこれでもかこれでもか!

と襲ってくる展開で否応もなくたじろいでしまった。(苦笑)

そして結局は主人公の二人は不幸の果てまで行き着いてしまう。


でも読んでいて不思議に陰鬱な気分にはならなかった。

読後も深い哀しみが残るけどそこに絶望はない。


土田世紀はいつも”人”を信じている。


この真向ストレート勝負はまるで川上健一のようだ。(笑)



だったら嫌いなわけがないじゃないか。