『ヤング・ゼネレーション』 ピーター・イェーツ監督

  • 2011/05/30(月) 23:40:00

この映画を観たのは今は無き名画座ライフで’80年の10月だった。


内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『ブリット』のピーター・イエーツ監督が、自転車レースに情熱を注ぐ若者たちの姿を綴った青春映画。大学に進学せず喧嘩に明け暮れるマイクたちは、ひょんなことから地元の自転車レースに参加することになり…。





その頃の私は19才。

自分と似たような境遇でコンプレックスを抱えて行き場の無い日々を送る主人公達。

彼らに共感以上のものを感じた。

ラストの自転車レースの興奮とエピローグのエピソード。


なんとなく自分もなんとかなる・・・


とそんな気分になって勇気づけられた。

単純と言えば随分と単純だ。(苦笑)


でもたまにはそんなこともある。


  ・
  ・
  ・


『ヤング・ゼネレーション』と一週間を前後してテレビで観た『カリフォルニア・ドリーミング』。

こちらも青春の旅立ちを描いてこの映画にも随分と心を軽くしてもらった。

主演は偶然にも『ヤング・・・』と同じデニス・クリストファーだった。


トム・ソーヤー顔の俳優さんをなんとなく好ましく思ってしまうのは多分この二本の映画の所為だ。


アンソニー・マイケル・ホール、マシュー・モディーン・・・


何故かみんな大成しない。(汗)



それはともかくとして・・・

『カリフォルニア・ドリーミング』のグリニス・オコナー。

可愛かったなぁ♪


もう一回観たいねー。