2010年備忘録映画・ドラマ編 ベスト5

  • 2011/01/30(日) 20:00:00

映画の方も案外と印象に残ったものがないので再見したものも含めてみた。

『孤高のメス』を去年のうちに観ていたらな〜。(汗)


1.『ラスト・ショー』 ピーター・ボグダノヴィッチ監督
2.『東京物語』 小津安二郎監督
3.『ソラニン』 三木孝浩監督
4.『インビクタス / 負けざる者たち』 クリント・イーストウッド監督 
5.『ディア・ドクター』 西川美和監督
次点.『色即ぜねれいしょん』 田口トモロヲ監督
次々点『波の数だけ抱きしめて』 馬場康夫監督 


TVドラマ編
『深夜食堂』 小林薫主演
『きらきらひかる』 深津絵里主演


『ラスト・ショー』と『東京物語』。
この2本は時代を超えてずっと名作であり残り続けるんだろうね。

実際、ラスト・ショーを観るのはほぼ20年振りで3回目だったのが感銘の度合いは深まっていくばかりだ。


TVドラマではやはり『深夜食堂』が出色だった。
地味でもこういうドラマが製作されたこと自体が素晴らしい。

そして『きらきらひかる』。
放送当時は原作のイメージと違い過ぎて観なかったのだけどずっと後悔していた。
やっと観ることが出来たのだけど期待に違わない良いドラマだった♪



さて今年はどんな映画・ドラマが待ってるんだろう♪