『マラソン・マン』 ジョン・シュレンジャー監督

  • 2010/11/26(金) 23:00:00

 



これは!

という新作もないのでちょっと微妙だけれどずっと見逃していたこの映画を選んでみた。(汗)


メイキングを見るとプロデューサーは芸術映画としてのサスペンススリラーを創りたかったそうで、その為にキャストや監督には知的な人たちを選んだなんてことを言っていた。


なるほど、確かにクールな印象のサスペンス映画だった。

これであともう少しギュッと絞ったような凝縮感があればその目標はほぼ達成されたんじゃないだろうか?

ただ、さすがの演技をみせたローレンス・オリヴィエやダスティン・ホフマンといったキャスト陣に比べると、監督だけがこのサスペンススリラーにはいまいちはまっていないようだ。

ジョン・シュレンジャーと言えばもともと”真夜中のカーボーイ”のような社会派/人間ドラマを得意とした人だ。
この人を監督に選んだのはちょっと失敗だったんじゃないだろうか?

とはいえ映画を観たなぁという満足感はしっかりと残ったから別に面白くなかったわけではない。

だけど名作だ、傑作だ!

って持ち上げるほどでも無いでしょ?


  ・
  ・
  ・

もちろん、100円返してよ!

なんてツタヤには行きませんでしたよ。(笑)