谷口ジロー 『センセイの鞄』

  • 2010/10/28(木) 23:30:00

2010.10.9





【出版社紹介】
日本文学界の至宝・川上弘美と日本漫画界の巨匠・谷口ジローのかつてない幸福な出会い! 谷崎潤一郎賞受賞の名作を完全漫画化。「遠いようなできごとだ。センセイと過ごした日々は、あわあわと、そして色濃く、流れた。」(原文より)酒と肴とやさしさと恋情に包まれたセンセイとツキコさんの日々が、細密にそして温かく描かれます。『THE BEST MANGA 2010 このマンガを読め!』第10位!

とある居酒屋で、三十七歳のツキコさんは、ビールの肴にと、まぐろ納豆、蓮根のきんぴら、塩らっきょうなどを頼む。すると隣りでも同じように注文する老人が……。さても肴の趣味の合うご老体だと感心していると、その人は高校時代の恩師だと知る。この再会をきっかけに二人は、やがてゆるやかでおだやかで切なくてはかない二人へと深まってゆく……。



なるほど。

こういうお話だったのかと。

谷口ジローさんにしては珍しく色っぽいお話だった。

色っぽいとはいってもそこは谷口ジローさん。

節度ある大人の恋を上品にそして丁寧に描いている。


センセイとツキコさんが少しずつ惹かれあい本当に少しずつ親密になっていく様子がやはり素晴らしい。

この行間を読ませるような描写はもはや円熟の境地だ。


この細やかな描写の数々がじんわりと後になって効いてくる。

おかげで自分もいつのまにか当事者のような気になって切なくなって困ってしまうのだ。(笑)





”ワタクシはいったいあとどれくらい生きられるでしょう?

”ずっとでなければツキコさんは満足しませんでしょうか?


終盤のセンセイからもれる言葉が胸を打つ。

そしてようやく一つになれた幸福感とその直後に訪れる暗転と静謐感。



ちょっとズルイよなぁ〜・・・・・


と思いながらもこの見事なコントラストにはやられてしまう。

どうしたって泣けてしまうじゃないか!




でもね、70歳を過ぎてこんな恋をしちゃって。

あげくにツキコさんまで泣かしちゃって。


センセイが羨ましい。(苦笑)

時には星の下で眠る 〜 お気楽ソロ・キャンプ 〜 

  • 2010/10/25(月) 23:30:00

週末は天気も良さそうだったのでバイクでどこかツーリングに行こうと思っていた。

ところが木曜日に持病の腰痛が悪化。。。orz

金曜日に痛み止めの注射を打ったおかげで土曜日の昼にはどうにか痛みは収まったのだが、バイクに長時間またがっているのは辛そうだ。

う〜む・・・・・

続きを読む

サッポロ 『クリーミーホワイト』

  • 2010/10/22(金) 22:30:00





泡立ちだけがセールスポイントなんてなんだかなぁと・・・・・


正直あんまり期待もしていなかった。

だいたい私の陶器製のグラスだと新ジャンルだろうがなんでもクリーミーな泡が出来てしまうのだ。(笑)

ところがところが?

これが意外にも良かった!

私の新ジャンルの定番『麦とホップ』と比べるとビールっぽさでは敵わない。
それにちょっとあっさり気味ですっぱい感じは残るのも残念なところ。

でもこのまろやかな口当たりはなかなかに魅力的なのだ。

これなら『麦とホップ』と毎晩かわりばんこで晩酌しても良いかも♪


さすがは新ジャンルのサッポロ!?




本物ビールももっと頑張れ!!(苦笑)

J・D・サウザー 『ユア・オンリー・ロンリー』 Blu-Spec盤

  • 2010/10/20(水) 22:45:00




このアルバムが発売された頃はアメリカではちょっとしたオールディーズ・ブームだったように思う。


冒頭の”ユア・オンリー・ロンリー”はそんなブームを象徴するようなタイトル・ナンバーだ。

この懐かしさが漂うロッカ・バラッドにはJ・D・サウザーの甘く悲しげなハイ・トーン・ヴォイスは良く似合う。


但し、このオールディーズ風味にはあざとさを感じて触手が伸びなかった。
ちょっとした嫌悪感すら感じていた。
だからアルバムを手に入れたのも発売から数ヶ月が経った後だった。

その当時大好きだったイーグルス。
イーグルスの一派の人が作ったアルバムということで手に入れたのかもしれない。
ただその肝心のイーグルスも同じ頃に発売された”ロング・ラン”が、今二つくらいの出来だったのでこのアルバムにも大した期待はしていなかった。


それが手に入れて何回か聴いているといかにもなオールディーズ風味の嫌らしさはあんまり気にならなくなってきて、シンプルにロッカ・バラッドの名曲だと感じるようになってきた。

続く”フ・ユー・ドント・ウォント・マイ・ラヴ ”も心が浮き立ってくるような軽快なナンバーだし、他にも”ラスト・イン・ラヴ ”や”ホワイト・リズム&ブルース ”なんかのハートブレイク・ナンバーはこの人の真骨頂とも言える切なくしっとりとしたナンバーでうっとりと聴き惚れてしまうのだ。


ただアルバム全体を通すと特に超名盤というわけではなかった。

この人にしてはハードなロックン・ロール・ナンバーが並んだレコードB面は、あんまり好きではなかったので前述したミディアム/スロー・ナンバーが揃ったA面ばかりを聴いていた。


当時 ----- ’79年の秋。
自分がこれまでで一番落ち込んでいた時期だった。(苦笑)

確かに超名盤というわけではなかった。

けれどしみじみとした味わいを持っていて沈みこんでいきそうな気持ちをひと時救ってくれたアルバムだったのだ。

  ・
  ・
  ・

その年の12月。

ようやく自動車免許を取得して免許センターから仕事場のスタンドに向かうバスの中でこのアルバムを聴いていた。

ちょうどその年最初の霙模様になった日だった。

バスの窓からボンヤリと流れていく景色を眺めていたのだが、その時の灰色の寒々とした風景が何故かずっと記憶に残っている。

悲しいほどお天気

  • 2010/10/17(日) 22:00:00

このいたいけな中高年を茨の道?に引きずりこんだ張本人であるバイク&キャンプの師匠・K田さんからキャンツーのお誘いが。


先週の仲間への啓蒙活動キャンプは雨であえなく中止。
誘われなくてもこの週末はソロ・キャンに出るつもりだったのだ。(笑)

もちろん願ってもない。

飛んで火にいる夏の虫とはこのことか!?



んっ???

夏の虫って・・・・・オレ?(爆)




だがしかし!

日曜日の午後は自治会のボランティア活動。
土曜日も午前中はちょっとした家の用事があってあまりは遠くにはいけない。

この家の用事をサボるとカミさんは・・・・・


まぁ良いとして。(笑)


小娘にまでアイソをつかされる。
それだけはさけねば。(汗)


というわけで夜のキャンプだけ合流させてもらうことにした。


そんなわけで昨日は車に荷物を積み込んで気分良く13時に自宅を出発。

向かったのはライダーにはなかなか評判が良いらしい南会津のシルクバレーキャンプ場。
予定では16時過ぎには到着するだろうと大好きな音楽をガンガンかけてお気楽に車を走らせていたのだ。


だがここで再び、だがしかし!!


どこでどう間違えたのか?

途中、道を聞いたオバチャンも適当だった・・・・・


いつのまにか振り出し近くに戻っていた。。。orz

この時点で既に16時を過ぎていた。
ここから順調にいったとしてもキャンプ場に着くのは18時半を回ってしまう。

っていうかこれから暗くなるなか無事にたどり着ける自信が全くない。(泣)


気持は楽しくグルキャン♪

だったので折れてしまった心ではここでソロキャンに切り替えることも出来ず・・・・


一人自宅に戻ることに。(滝涙)





今日は予定通りに午後から自治会のボタンティア活動。


見上げた空がなんて眩しい・・・





幸いに来週末も今のところ天気は良さそうだ。

絶対にリベンジだ!?




あと来年は絶対にナビ買おう。(爆)

アサヒ 『くつろぎ仕込<4VG>』

  • 2010/10/14(木) 23:30:00





高い金を出してアサヒのスーパードライを飲むくらいなら新ジャンルの安いまがい物を飲んだ方が良いという私。

でもアサヒのプレミアム系のビールは最近はエビスよりも好ましかったりする。

アサヒとは相性が良いのか悪いのか実はよく分からない。(苦笑)


というわけでそんなに期待もせずに試した新製品。


さすが今時の新ジャンル。

変な雑味や後味が尾を引くこともなく普通に美味しく頂きました。

でもどこにも突出したところが無いので敢えてこれを選ぶ理由が・・・・・



やっぱりアサヒはプレミアム系の本物ビールだけ頑張ってもらえばそれでいいです。

ハイ。(笑)

『ボーイズ・オン・ザ・ラン』 三浦大輔監督

  • 2010/10/12(火) 23:45:00





最後はあ〜して走り出すしかないか。

かといってそこに何かカタルシスがあるわけでもなく。



最初から最後まで痛かった。

あんまり辛くて途中で観るの止めようとしたくらいだし。(笑)


しかしこういう情けが無かったりする主人公に対しては作り手側からはもっと温かい視線が向けられたりするものだけど、この映画に限っては一切そんなものはなく。(苦笑)

これでもかというくらいにただ主人公のダメさ加減を延々と見せ付けるだけだった。


もしかしたらこれが、もうちょっとしっかりやんなさいよ!

っていう温かな視線だったりメッセージだったりするんだろうか?




よく分からん。(苦笑)


でも確かに言えるのは好んで観たくなる映画ではないということか。

キリンチャレンジ杯2010 ヤッタァーー!!!!!

  • 2010/10/08(金) 23:00:00

【日本代表vsアルゼンチン代表 1-0 2010/10/08 19:50】 


まさか、まさか、まさか!!


あのアルゼンチンに勝ってしまった!?


そりゃ、もちろん、フレンドリー・マッチでしかないよ。

そして日本ホームだ。


しかし、しかし、しかし。



でもね、でもね。



アルゼンチンだってあのメッシもテベスもディエゴ・ミリートもイグアインだっていたのだ。


これを喜ばかなかったらいつ喜べと!(笑)



自分がサッカーを好きになったのはJリーグ・バブル&ドーハの悲劇の頃だった。

結構、歳喰ってからのファンなのでいつまでたっても専門的なことはわからない。



それでもこんな日が本当に本当にやってくるなんて・・・・・



もう胸がいっぱいだ。




多分、明日は二日酔いだ。(苦笑)

時には星の下で眠りたい 〜 定番チェア&テーブル 〜

  • 2010/10/07(木) 23:00:00

仲間への啓蒙活動の一環で(笑)キャンプを予定しているのだが、今の手持ちの装備だけだとちょっと厳しいというのもあって禁断の物欲が沸いてしまった。

でも今シーズンも直に終わるしなぁ・・・・・(後ろ手に遠い目)

続きを読む

『東京物語』 小津安二郎監督

  • 2010/10/06(水) 23:30:00






家族の絆と喪失を描いた映画といえば最近では是枝裕和監督の『しゃべれども、しゃべれども』が出色だった。
ちょっと前だとベルトラン・ダヴェルニエ監督の『田舎の日曜日』も印象に残っている。

この『東京物語』も老夫婦とその子供達家族を描いて名作として名高いのだが観るのは今回が初めてだった。
というよりも小津映画そのものが初めてだったのだ。(汗)

だってさすがに60年近く前の映画だしテンポも緩いだろうし、もしかしたら退屈するんじゃなかろうかとずっと躊躇していたのだ。



でもそんな心配は杞憂だった。


親と子の愛情とちょっとした確執と打算。
現代となんら変わることのない普遍的なテーマ。

監督の冷徹ではあるが温かな視線で紡いで魅せてくれたこの物語りには、しみじみとした哀しみとそして仄かな希望が漂よっていた。

いったい今まで何を躊躇していたんだろうと思わずにいられなかった。


そして印象に残るのは”行ってまいります”を初めとした言葉の美しさ。

隣人の何気ない気遣い。

他人を思いやる心。


この国はこんなに美しかったのかと・・・・・

かつて美しかったこの国を画面を通して眺めているだけでどうしようもなくこみ上げてくるものがある。


そして笠智衆の毅然とした穏やかさ。

原節子の佇まいの美しさ。


いつまでも記憶に残っていくだろう。


  ・
  ・
  ・


遠い昔に自分を随分と可愛がってくれた父方の叔父さん。
祖父は二人とも私が生まれる前に亡くなっていたので私にとっては祖父のような存在だった。
叔父さんも痩せて穏やかな人だった。


オレはあんなにはなれないよ・・・・・

福島方面ツーリング 〜 Country Road 〜

  • 2010/10/03(日) 17:15:00




昨日は福島方面に約一ヶ月ぶりにバイクでツーリング。

本当は先週末も山形・秋田方面にまたソロ・キャンツーのつもりでいたのだ。
しかも前日の金曜日の内にパッキングも済まして出かける気満々だったのだ。(苦笑)
ところが目が覚めてみると何故かテンションが上がっていない。
というよりも身体が行きたがってないようだ。

続きを読む