中高年モーターサイクリストへの道 第1歩 〜 休煙苦闘編 〜 ?

  • 2010/04/14(水) 22:00:00

〜 休煙開始! 〜

初日

朝の9時半を回った頃から煙草を吸いたい!
という衝動めいたものが襲ってきた。

ニコチンが切れ始めているのだ。
身体がニコチンを欲しているのがよく分かる。
だけど休煙は始まったばかりだ。
とりあえずは我慢するしかない。

我慢とはいってものたうちまわるほどでは無いのだがとにかく煙草が吸いたい!
こんな衝動に襲われる度にガムを噛みミンティアを噛みコーヒーを飲み熱いお湯を飲んで気を紛わす。

でも夕方になると気を紛らすのもちょっとした苦労だ。
その度に、


私は中高年のモーターサイクリストになるのだ!

バイクを手に入れるのだ!!



とこのセリフを呪文のように唱えてやり過ごした。
あ、でもこの呪文は良く効いた!(笑)

夜は幸い音楽物のライブDVDを観ていたら寝落ちしてしまった。
ラッキー♪

でも最初の3日が一番辛いとはいえこれが3日も続くのかと思うと正直うんざりだ。


二日目

目が覚めると頭の中は煙草のことでほぼいっぱいだ。
煙草が吸いたい!

でも不思議に吸わなくても我慢出来そうだという感じになっている。
煙草が吸いたい衝動を昨日が100%とすると今日はもう40%くらいだ。

これは嬉しい誤算だった。
たっぷり3日間は辛いと思っていたのだから。
これで大分気分が楽になった。

ただ朝から眠いというか頭の芯がずっとボォ〜っとしたままだ。
こちらの方が辛いくらいだ。


三日目

身体からもうニコチンは抜けた?

目が覚めると禁断症状からはほぼ脱したようで昨日よりもさらに楽だ。

もちろん頭の中はやっぱり煙草のことでいっぱいなのだが、もう吸わなくても大丈夫!という感じだ。
吸いたい衝動は初日に比べれば10〜20%くらいだ。

ただとても眠い。
身体は起きているが頭だけが覚醒していない感じだ。
これもニコチンからの離脱症状の一つなのだ。
頑張って耐えるしかない。


4日〜13日目

相変わらず頭の中は煙草のことでいっぱいだ。
でも煙草が吸いたい衝動はほとんど沈静している。

ただずっと”何か物足りない感”が付きまとっている。

これはニコチン切れの禁断症状ということではなくてニコチン依存による後遺症なのだ。
ニコチンのために喜びや快楽を認識させるためのドーパミンやセロトミンなどの脳内物質が分泌されなくなっているからなのだ。(もちろん受け売りだ!)

だから一本煙草を吸えば気持ちが楽になったり頭がスッキリするのだろう♪
やっぱり吸いてぇー!

なんて思う度にそれは幻想だ。
私の身体は残念ながら今は壊れている状態なのだ。
我慢していればそのうちドーパミンやセロトミンが必ず分泌されてくるはずだ。
それまで我慢、我慢と自分に言い聞かせる。

あの眠気にしたって7日を過ぎた頃からは大分楽になってきたじゃないかと。
それに徐々に本当に徐々にであるが煙草を忘れている時間が多くなってきているじゃないかと。
我慢するしかないのだ。

とはいっても我慢の度合いは軽いものだ。
辛いというほどでは全然無い。

ただ一番困るのが酒を飲んでもあんまり酔った気がしないことだ。
これではせっかくニコチン中毒から脱せたとしてもアル中になってしまうじゃないかと。
こりゃ、ホントにヤバイのだ。(苦笑)


14日目
 
!※!△■??▲

気がついたら普通に煙草を吸ってるし!

なんてこったい!!!!!

また最初っからやり直しじゃないかと目の前が真っ暗になった。。。orz




目が覚めた。夢だった。

話には聞いてたけど本当にこんな夢を見るんだと可笑しい。


でも旨かったよなぁ・・・・・(苦笑)

吸いてぇ〜!!


15日以降〜現在(約7週間経過)


休煙当初の頭の中はほぼ煙草のことで占められていた。
でもそのスペースの割合は本当に日々少しずつだけど小さくなってきている。
今は多分当初の30〜40%くらいの大きさになっていると思う。

だけど煙草ってクサい!

って思いつつもやっぱり吸いたいのだ。

本当に人間ってなんてオバカで哀しい生きものなんでしょう?(笑)


ただその吸い魔?も煙草なんてもうどこにも売ってないから吸えないんだよ!?
と自分に言い聞かせれば、あ〜そうだったっけと納得出来るくらいに軽いものだ。

これって吸い魔が軽いのか私がオバカなのか?

微妙なところだ・・・・・


ただいつのまにか酒も普通に酔えるようになってきた。(嬉!)
多分必要な脳内物質が分泌され始めているのだろう。






だろう!?(汗)

信じたい!



続くっ!