bloodthirsty butchers 『NO ALBUM 無題』

  • 2010/04/05(月) 23:59:59




ブッチャーズの新譜は私にとって『kocorono』以来なので本当に久しぶりだ。

聴こえてきたのは相変わらず疾走感に溢れた轟音ギター・ロック。
歌っている内容も姿勢も昔となんら変わっていないようだ。
これだけで賞賛に値すると思う。

しかも『kocorono』の頃に比べると必要なところに必要な分だけの筋肉が付いて、自分たちのやりたいことをそのままやれているような感じだ。

ただ、その分どう表現したら良いのかもわからずに息も絶え絶えに”何か”を搾り出すようだった『kocorono』がとても愛おしく感じてしまう。

でも今の彼らにそれを求めるのは筋違いだ。


と分かってはいるのだが・・・・・


切羽詰ったような青空が少し遠ざかってしまったようでちょっとだけ寂しい。