石井隆 『天使のはらわた』

  • 2010/03/30(火) 23:00:00

2010.3.21

名美と村木の堕ちていくこれでもか!

というくらいの濃密なメロ・ドラマをずっと読んでみたかった。





石井隆の存在を初めて意識したのは確か’80年前後のことだったと思う。

でも自分の中ではエロ漫画のニュー・ウェイヴという認識で特に買い集めてまで読みたいという作家では無かった。


それが10年ほど前だったろうか。

ビデオで『ヌードの夜』と『ラブ・ホテル』を観て遅ればせながらやられてしまったのだ。
名美と村木のメロ・ドラマに。

映画でこれだけやられてしまうのだから原作はもっと凄いのではないか?

と思ってその後短編集を何冊か読んでみたけれど短編であるが故のボリューム的なものなのか満足するには至らなかったのだ。
去年読んだ『黒の天使』も
コンセプト的に名美と村木の物語では無かったし・・・・・・


やっと納得価格で(苦笑)手に入れたこの『天使のはらわた』。
石井隆の代表作だしこれでダメならもう諦めようと思って読み始めた。


これが相当に重くて暗いのだ。
’70年代のいかにも昭和といった空気感が漂っていた。
やっぱり名美と村木(男の名前はここでは川島だけど)は昭和がよく似合う。

実に良い雰囲気だ♪


だけど狂おしさが足りない。
みぞおちが抉られるような切なさがもっと欲しかった。



でもこれは石井隆の漫画家としての限界だったんだろうと思う。
石井隆独特のタッチや彼の描く女性達はとても魅力的だ。
でも自分の思いのたけを描ききれるほどのテクニックやスキルを併せ持つまでにはいかなかったようだ。

だから彼が漫画から映画の世界に移ったのは必然的なことだったんだと思うし歓迎すべきことだったんだとも思う。

おかげで『ヌードの夜』や『ラブ・ホテル』を観ることが出来たんだから。

でも、だからこそ。


この2本を超える映画を作って欲しい。


と切に願うのだ。

ドゥービー・ブラザーズ 『運命の掟』

  • 2010/03/26(金) 23:30:00




先日の『ミニット・バイ・ミニット』と一緒に買ってしまった。
やっぱり90分テープのA面側も聴きたかったのだ。(笑)

この『運命の掟』はドゥービーズで初めて購入したアルバムだ。
確か高2の終わり頃だったと思う。

最初はこんなソウル/ジャズっぽいポップな音楽を聴くのは初めてだったので戸惑ってしまったが、何回か聴きこむうちに大好きになってその年の冬の終わりから春にかけて繰り返し聴いたアルバムだ。

中でもタイトル・ナンバーの”運命の掟”と”チャイナタウン”が一番のお気に入りだった。
ジェフ・バクスターのかっこいいギター・ソロが聴けるナンバーで高校生の自分には取っ付きやすく分かりやすかったんだろう。(苦笑)

他にもスィートな”エコーズ・オブ・ラブ”だとかいかにも’70年代のポップ・ソウル的な”ユー・ビロング・トゥ・ミー”だとか。

こじんまりとはしているがドゥービーズでは一番まとまりのあるアルバムだと思う。

このアルバムも聴くのはほぼ30年振りで一部のナンバーを除いてどんな歌だったか思い出せなかったんだけど一曲目の”思いのままに”のエレピのイントロが流れてきた途端・・・・・

身体が実によく覚えていた。(笑)

それこそギターのフレーズやコーラスのひとつひとつ。
ホントに笑っちゃうくらいだった。

でも少しビックリしたのは好きだったナンバーは前述の通りだけど”ユー・ビロング・トゥ・ミー”を除いて作者はオリジナル・メンバーのパトリック・シモンズだったこと。
これまでずっとマイケル・マクドナルドだと思っていた。(汗)

いかにもウエスト・コーストなロックが得意の彼がこの時はどういう心境でこんなソウル/ジャズっぽいポップなナンバーに取り組んでいたんだろう?

後から入ってきた新参者のマイケル・マクドナルドに合わせるように。

新鮮で楽しかったのか?

それとも我慢に我慢を重ねていたのだろうか?

いずれにしても次回作の『ミニット・バイ・ミニット』では”運命の轍”や”スティーマー・レイン・ブレイクダウン ”なんかでちょっとだけ”たがを外してしまった”気持ちがなんとなく分ってしまのだ。(笑)


そして少し残念だったのがその”運命の掟”と”チャイナタウン”がちょっとだけ冗長気味に聴こえてしまったことだ。
あんなにシャープでカッコいいと思っていたナンバーだったのに・・・・・

だからアルバム全体もこじんまりとなんの破綻もない分だけ『ミニット・バイ・ミニット』に比べるとちょっとだけ面白みに欠けてしまう。


この『運命の掟』も大好きだったんだけどなぁ・・・・・(遠い目)

  ・
  ・
  ・

今回、紙ジャケ嫌いの私が紙ジャケを選らんだのはプラ・ケースの通常盤よりも安かったからなのだ。
これでは仕方がない。(笑)

でも最近CDを車に積まなくなったからなのかあまり紙ジャケに抵抗が無くなってきた。
もちろん積極的に選ぶまではいかないけど。
ただこのドゥービーズの紙ジャケのように出来が良いとこれも有りなのかなんて思ってしまう。


やっぱあの頃がどうしようもなく甦って来ちゃうのだ。(苦笑)

一ヶ月 〜 Good Day In Hell 〜

  • 2010/03/24(水) 20:00:00

ちょっと思うところがあって休煙を始めたのは先月の24日のことだった。

休煙開始からちょうど一ヶ月。

2月は他の月よりも2〜3日少ないのだが一ヶ月は一ヶ月。

断固として一ヶ月なのだ!(苦笑)


まだまだ予断は許さないがなんとかいけそうな気がする。

このままガンバレ、オレ♪

  ・
  ・
  ・

今度の物欲は本物だ。(笑)

『インスタント沼』 三木聡監督

  • 2010/03/23(火) 23:00:00




これは面白いなぁ♪

っていうのと、

どうでも良いじゃん!くだらねぇ・・・・・

というのの中間くらい。(笑)


確かにこの映画には監督の持ち味であるクスっと笑わせて知的好奇心をくすぐるような小ネタが満載なんだけど、私にはそんな小ネタなんか実はどうでもよくて。(苦笑)

前作の『転々』の物語性が予想外に良くて痺れたものだからまたそれを期待して観てみたんですけどね。

でもあの胸に沁み込んで来るようななんともいえない切なさは希薄で三木聡の本来のスタイルに戻った感じ。

それでも『転々』を通過したことは確かに感じさせて『亀は意外に速く泳ぐ』の頃に比べればテンポも良くて物語性もまぁあってと・・・・・

『時効警察』は全く自分のツボにはまらなかった私です。

が、少なくともこの映画に関しては大事な週末の2時間を無駄にした!

  ・
  ・
  ・

なんて感じはしなかったんでまぁ良かったのかなと。(笑)

ドゥービー・ブラザーズ 『ミニット・バイ・ミニット』

  • 2010/03/19(金) 23:30:00




ドゥービーズはもちろんトム・ジョンストンが活躍していた初期のコカ・コーラのようないかにもスカっと爽やかなアメリカン・ロックも悪くは無い。

でも私はやっぱりマイケル・マクドナルドが在籍していた頃の方が好きなのだ。
 ※但し、『ワン・ステップ・クローサー』は除く

中でもこの『ミニット・バイ・ミニット』は彼らのアルバムでは一番聴いたアルバムだ。

レコードを手に入れたのは高三の終わり頃でそれから高校を卒業した春先くらいまで良く聴いていた。
春のなんとなくフワフワとしてちょっと切なくなるような季節にピッタリのアルバムだった。

その後も90分テープのA面に『運命の掟』を、B面にこの『ミニット・バイ・ミニット』を録音してウォークマンでことあるごとに聴いたものだった。


ようやく冬も終わり春も見えてきた今日この頃。
なんとなくまた聴きたくなって今回CDを手に入れてみた。


やっぱりマイケル・マクドナルド作の冒頭の3連発が素晴らしい♪

心が浮き立つような”ヒア・トゥ・ラヴ・ユー”。
大ヒットした切なさを誘う”ある愚か者の場合”。
タイトル・ナンバーでうねるようなベース・ラインが印象的な”ミニット・バイ・ミニット”。

そしてラストの同じくマクドナルド作の”ハウ・ドゥ・ザ・フールズ・サーヴァイヴ?”。
ちょっとソウル/ファンクっぽいナンバーでここでのジェフ・バクスターのナチュラルなトーンのギター・ソロはいつまでも聴いていたいと思わせて本当に絶品だ。

どのナンバーもマイケル・マクドナルド本人が歌っているのだが、私はこの人の一本芯が入っているような入っていないような犬がフガフガ言ってるようなヴォーカルが大好きなのだ。(苦笑)


そしてアルバム全体を通して聴くと良いアクセントになっているのがオリジナル・メンバーのパトリック・シモンズのナンバー。
いかにもウエスト・コーストって感じの”スウィート・フィーリン ”だとか、ドゥービーズの初期の頃を思わせる豪快な”轍を見つめて”だとか。

これだけ聴くとマクドナルドのポップ・ソウル的なナンバーとは水と油のようだけど逆にこれらのナンバーがあるからアルバムとして飽きないのだ。

今改めて聴くとパトリック・シモンズも含めたマクドナルド以外のバンド・メンバーがギリギリのところでマクドナルドに合わせようとしていたんだろうなということが良くわかる。

それともプロデュースのテッド・テンプルマンが相当に苦労しただけかもしれないけど。(笑)


そんな甲斐もあってか?なんとなくデコボコしているようでいて不思議な整合性を持った魅力的なアルバムだ。
先週からまたほとんど毎晩寝落ちもせずに聴いてます。(苦笑)


このCDは2005年のリマスター・ヴァージョンなんだけど普通に良い音だった♪
無理してSHM盤を買わなくて良かった。(笑)

  ・
  ・
  ・

バカはどうやったら生き残れるか?

このアルバムのラストの”ハウ・ドゥ・ザ・フールズ・サーヴァイヴ?”。
これを日本語にしたものだ。
高校を卒業するときのクラスの寄せ書きにこの言葉を使った。
今となっては気恥ずかしい限りだけど当時は本当にそんな気分だった。
不安でいっぱいだったのだ。


あれから30年。

なんとかまだ生き延びている。

『おと・な・り』 熊澤尚人監督

  • 2010/03/16(火) 22:30:48




お隣の物音が声も含めて筒抜けのアパート。
でもその生活音を介して互いの存在に癒されることになる・・・・・


なんてこのシチュエーションからしてそもそもありえないっしょ!(苦笑)
普通、うるさかったり気を使ったりしてうんざりするだけでしょ、アン?
とか。

そして静かにでも絶えず流れてくる音楽。
最初は心地が好いと思っていたのだがのべつまくなしなものだから煩いぁと。
とか。

主人公のカメラマンと親友のモデルの男同士の友情もなんだか気持ち悪いし
そのモデルの彼女のお元気キャラも私は苦手だ。
とか。


いろいろと言いたいことはあるのだが・・・・・



でも好きなんだなぁ。(笑)

この映画の柔らかくて静かな雰囲気は。


特にラスト・ショットの岡田准一君の笑顔と続くエンド・ロール。
最初はエンド・ロールに音楽を使わずに麻生久美子とのその後の関係を暗示させる会話を流して終わるなんてもうね♪

いや、ホントに言いたいことはいろいろあるんだけどな。

でもね、にくったらしいたらありゃしない!

ってなもんでした。(苦笑)

負けましたです。ハイ。

  ・
  ・
  ・

『花よりもなほ』のラスト・ショットも確か岡田君の笑顔で爽やかな余韻を残していたと思うけど。



いい男は得だよね!

ただ笑ってるだけで絵になるんだから。(苦笑)

千田 善 『オシムの伝言』

  • 2010/03/15(月) 22:30:00

2010.3.1






日本代表通訳として常に傍らにいた著者が、イビツァ・オシム氏の日本での足跡を克明に記した迫真のドキュメント。日本代表監督としての軌跡、闘病の日々、日本サッカー協会アドバイザー就任から離日まで、その全期間923日の活動と発言が時系列で描かれている。オシム氏の思想とフットボール哲学、サッカー界への提言を伝える。また、はじめて明かされる闘病の記録には、胸を揺さぶられる。構成は、時間軸に沿いつつ、「人生」「スタイル」「リスク」「個の力」「誇り」「自由」「エスプリ」「勇気」「希望」「魔法」など、章ごとに主題が設定された29項から成る。セルビア・クロアチア語に通暁する著者が、オシム氏のユーモアや思想の真髄を伝える。コミュニケーションの精度の高さゆえ、類書とは一線を画するものとなった。すべてのオシム・ファンとサッカー愛好者に贈る書。

「私が日本にいた痕跡を残したい」
――イビツァ・オシムIvica Osim

「この本には、オシムさんの人柄やスタイルが忘れられない人へのメッセージをこめた」
(千田善「あとがき」より)




私だっていつまでたってもうじうじとオシム爺が忘れられない人間だ。(苦笑)

特に無能な決してリスクを犯そうとしない協会と、その協会があなたしかいない!
と選んだ監督とで二人三脚で作り上げたワクワク感の欠片もない代表を見るにつけ、これがオシムだったらワールド・カップ本番に向けて今どんな代表を作り上げていたんだろうかと・・・



それがどれだけせんない事かは分かってはいるのだが。


この本は多分日本人でオシム爺と一番濃密な日々を過ごしたであろう日本代表の通訳だった千田善氏の残してくれたドキュメント。

嘘が無く誠実な人間。
他人(選手)にも厳しいが自分には一番厳しい偉大な教育者。
そして天邪鬼で口は悪いが実は心優しいジジィという今となってはオシム爺のパブリック・イメージそのままのエピソードの数々。

お涙頂戴なんて内容ではまったく無いのだが失くしてしまった未来とその大きさ。
それと爺の無念さだとかを思うと泣けてきてしようが無い。

悔しくて仕方が無いのだ。

本当に悔しい。


いつの日かまた・・・・・

と願ってしまいたくなってしまうのだ。

  ・
  ・
  ・

あー、ホントにせんない事ばっかを考えてしまう自分がイヤだ!(笑)


アルビ 第2節 ホーム開幕戦!

  • 2010/03/13(土) 21:30:00

【新潟vs磐田 1-1 2010/3/13 14:00】





2002年シーズン以来ずっと購入してきたシーズン・チケット。

途中B1からNに変わるなどグレード・ダウンしながらも手にしてきたのだが(汗)、今年はいろいろと物入りでついに購入を諦めた。

今シーズンは多分ビッグ・スワンに足を運ぶことも少なくなるなぁと・・・・・(遠い目)

貧乏ってやぁね、ったく!(笑)


このホーム開幕戦も地上波で放送があるし家でまったりと観ていようと思っていたのだが知人の好意でNパスを貸して頂けることになった。
しかも2組も!

持つべきものは友であるとシミジミ思う。
本当に感謝!!

せっかくなのでこの韓流スタアっぽい?オヤジと観戦することになった。




いつもは誘っても温泉かミーティングにしかやって来ない鰹くんだ。(笑)
ビッグスワンでは妙にテンションが高くてつまらないオヤジギャグ連発でうるさいこと。
もう誘うのはこれっきりにしようと心に誓ったのだ。



しかしビッグスワンの雰囲気はやっぱり良いのだ♪

寒かろうが雨が降ろうが何ものにも替え難い。

たとえゲームの結果がどうであろうろともまた今年一年付き合って行こうという気になってくるのだ。

今年はシーズン・チケットを持っていないけど。(大汗)

そしてこのホーム開幕戦は黒河のアクシデントともども残念だったけど。


でも思っていたよりも悪くは無かった。

ただパンチが今一つ二つほど足らない。

マルシオが帰ってくればまた違ってくるんだろうか?

いずれにしても今日は勝っておきたかったというか勝たなければならないゲームだったと思う。

これがあとあと響いて来なきゃいいけど。

  ・
  ・
  ・

やっぱり今年は2年振りに疲れそうなシーズンだ。

多分これがアルビのデフォなんだろうけどね。(苦笑)

ノーボーイズ、ノークライ キム・ヨンナム監督

  • 2010/03/11(木) 22:25:16




海も川も空も田んぼもそして町の風景もどうしようもなく新潟だ♪

ビバ、新潟!

LOVE、新潟!!(笑)

地元、新潟ロケ敢行の期待の映画。


母親に捨てられた男と家族を背負う男とのバディ物。
そこに父親を思う娘が絡んできてと・・・・・

しかも脚本は”ジョゼと・・・”と”天然コケッコー”の渡辺あや。

これは絶対に面白いだろう!

と相当に期待を込めて見始めた。



期待に違わずオープニングから良い雰囲気でワクワクする♪

ハ・ジョンウが悪に成りきれない心優しい情けの無い男を演じてなんとも言えない魅力を醸し出している。


が、しかし。


妻夫木君・・・・・

役のリアリティが全然伝わってこない。

やっぱり妻夫木君は何を演っても好青年の妻夫木君なのだ。


えっと、断っておきますが嫌いじゃないんですよ。

妻夫木君は。(苦笑)

念の為。


だからラストの妻夫木君の絶叫も胸に届くことは届いたのだが沁みこむまでにはあと10cmほど深さが足らなかったのだ。


本当に惜しい。

私だって映画のタイトル通りに気持良く泣きたかったのだ。(汗)


途中、妻夫木君とハ・ジョンウのカラオケの場面なんかは二人の寄る辺のないやるせなさや温かみが伝わってきてとっても良かったのにね。

エリック・クラプトン・ソロ+17 SHM盤

  • 2010/03/08(月) 22:40:00




クラプトンの長いキャリアの中で大好きなのはこの初のソロ・アルバムから”スローハンド”の辺りまでの時期。

そうどっぷり’70年代。(笑)

ブラインド・フェイス?
好きだけどあれはスティーヴ・ウィンウッドのアルバムだ。(苦笑)

クリームに至っては高校の時になけなしの金をはたいて買った2枚組の”クリームの素晴らしき世界”。
私にはとても素晴らしき世界とは思えずに泣いた記憶しか無い。

白人がブルーズを変に解釈した’60年代のロック ・・・ 今でも大ッキライなのだ!!(爆)



それはさておき。

このクラプトンの1stソロ。

聴くのは随分と久しぶりだったのだが記憶の隅に残っていた通りにやっぱり適度にスワンプの香りが漂うとても心地の良いアルバムだった。

”ラヴィン・ユー、ラヴィン・ミー”、” レット・イット・レイン”、” 家から遠く”。
そしてすぐ後にJJケイルの”ナチュラリー”を買うことになってしまった”アフター・ミッドナイト”。

もちろん次作の”レイラ”に比べてもヴォーカルはまだまだ心許ないし、曲作りなんかもこれぞクラプトン節!ってものを見つけ出すところまでは至っていない。

でも良い意味でのあっさり感があってそこになんとも言えない魅力を感じてしまうのだ。

特にアコースティックな”イージー・ナウ”。
このジョージ・ハリスン的な切ない感じは今となっては堪らないものがある。

ジャケ写なんかを見るとこの頃のクラプトンはため息が出るような美青年振りだけどホントにヤなヤツだったんだろうねぇ。(笑)


さて、このデラックス・エディション。
プロデュースを担当したデラニー・ブラムレット(この人も懐かしい!)のミックスしたCDも入った2枚組。
せっかくなので聞き比べたりもしたのだが・・・・・

私なんぞには違いはよくわからなかった。(汗)

ブラムレット版が僅かによりスワンプ臭いようにも思うけど別に2枚も要らないな。

でも良いのだ。

SHM盤が欲しかったのだし対訳だって読みたかったのだから。
そして何より安かったのだから。(苦笑)

  ・
  ・
  ・
  
’79年の大晦日。

スタンドの仕事がやっと終わった夜の7時前に石丸電気に飛び寄ってこのアルバムを買って帰った。
除夜の鐘が鳴る頃に一人、部屋でヘッドフォンで聴いていた。

そうしているうちになんとなく’80年代がやってきた。




なんも変わんなかったな。(笑)

黒鉄ヒロシ 『幕末暗殺』

  • 2010/03/04(木) 22:40:00

2010.2.28





出版社/著者からの内容紹介
時の大老・井伊直弼が襲われた「桜田門外の変」の衝撃に始まる幕末暗殺史。本書は、安政から明治初期という未曾有の国家の変革期に、対立する思想の激突が引き起こした様々な暗殺事件を、奇才黒鉄ヒロシがその時代の景色の中で俯瞰的に描き出し、幕末という時代を捉え直した作品である。
構成は、まず「桜田門外の変」の全容を、綿密な史料検証によって、紙上に見事に再現する。そして「黒鉄歴画」の真骨頂、「人斬り」と呼ばれた5人の男たちの人間劇がつづく。5人とは岡田以蔵、田中新兵衛、大楽源太郎、中村半次郎、河上彦斎。この時代に生まれたがために「刀」を手にし、この時代ゆえにその使い道を「人斬り」に収斂していった各々の宿命をシュールに描き出していく。さらにブラックユーモアたっぷりの味付けによる、約140頁に及ぶ幕末暗殺年譜は圧巻。

大ベストセラーとなった『新選組』、『坂本龍馬』につづく、「黒鉄歴画」シリーズの第3弾である。




そう第3弾なのだ!

これで私もようやく『黒鉄歴画』から卒業だ。

3冊セットの最後の一冊。
(苦笑)


内容的にはこれまでの2作と同様に作者は変な思い込みも見せずに客観的に”人斬り”たちを見事なタッチで描いていくのだがテーマがテーマだけに暗いのだ。

だからいくら時代物の中では幕末が一番好きだとは言ってもこの暗殺の年譜にはもうお腹がいっぱいだ。

でももし幕末が好きな人であればこの3部作は一読の価値はあると思う。

特にお勧めは『新撰組』かな。

龍馬好きで新撰組嫌いの私が言うのだから間違いは無いのだ。

  ・
  ・
  ・

多分。(笑)




『南極料理人』 沖田修一監督

  • 2010/03/02(火) 22:35:00




日本から遠く離れた南極での男だけの共同生活。

本当はもっとむさ苦しくて息苦しい筈。

でもこの映画から漂ってくるのはほのぼのとした空気感。

そしてそんなゆるさの中から滲むそれぞれの想い。


恋人に会いたい・・・

子供に会いたい・・・

もういたくない・・・


ラーメンが食べたい。。。orz


シンプルだけど切実なだけになんともいえない可笑しみと哀しみを誘うのだ。

ゆるいだけの映画かと思っていたらとんでもなかった!(汗)

こんなにペーソスを味あわせてくれる映画ってそうそうは無い。

伏線をうまく回収したラストのエピソードには少しジーンとさせられてしまったし。

コンチクショー!(苦笑)


それにしてもこの監督、映画は初めてらしいけどまた楽しみな人が現れたものだ♪

  ・
  ・
  ・

お母さん役?の堺雅人をはじめとしてお祖父さんとお父さんを演じた?きたろうと生瀬勝久。(笑)
役者は皆好演だった。

だけど何故か高良健吾が特に印象に残るんだなぁ・・・

ま、もうけ役っちゃぁ、もうけ役なんだけど。