ジェフ・ベック 『ライヴ・アット・ロニー・スコッツ・クラヴ』  [DVD] 

  • 2010/02/26(金) 22:15:00

去年久し振りにジェフ・ベックの旧譜をCDで買い直してからずっと観たかったライブDVDだった。
やっと中古で格安入手出来た。(汗)





いやもうね。

プレイするのが楽しくってしようがないといった笑顔がなんとも堪りません!


評判通りのキュートさだ♪

  ・
  ・
  ・

あー・・・

もちろん、ベースのタル・ウィルケンフェルドちゃん。(爆)






こんな笑顔を見せつけられたらオジサン達は否が応にも気合が入ってしまうというもの。(笑)

実際、ジェフ・ベックも気迫と緊迫感に溢れたプレー振りを見せ付けてくれる。

あの”スキャッターブレイン”に至ってはオリジナルと比べて4倍速!
ベック本人がインタビューで語っているのだから間違いがない。(苦笑)

画面にはそんなベックの手元が終始アップで写しだされるのだけど、私には人間の指ってあそこまで早くそして繊細に動くものなのかと感心するのが精一杯。
ただただこりゃスゲ〜やと・・・・・

これがギターをやってる人が見たらきっと悶絶もののスゴさなんだろうね。

そして時折見せてくれる少しヘラヘラっ?としたベックの笑顔もギターの孤高の求道者といったイメージからするとちょっと意外なのだが、緊張と弛緩の狭間を行き来することでライブでも緊迫感溢れるプレーを維持してるんだろうと納得する。

そういう意味でもオジサン達を和ませてくれるタルちゃんの笑顔は良いアクセントになってるようだ。(笑)


観始めたのは先週金曜日の夜も11時を回った頃で途中寝落ちするかなとも思ったが本編の約1時間40分、眠くなるようなことは一切無かった。

それどころか観終わったあとは心地の良い幸福感に包まれてしまった。

ベックといえばこの30年以上も世間の流行にはあまり目を向けず自分の技をずっと精進して磨いてきた人だけど、ここまでくるともう人間国宝を飛び越えて生ける世界遺産と呼びたくなるくらい。

熟練の磨き抜かれた心のこもった技がこの幸福感を呼び込むんだろう。

ただ感謝するのみだ。

  ・
  ・
  ・

ベースになってタルちゃんに抱かれたい♪




何言ってんだ、バカオヤジ!!