黒田硫黄 『大日本天狗党絵詞』

  • 2010/01/08(金) 23:05:00

2009.12.23





『茄子』が良かったのでかなり期待して読み始めたのだが、残念だけど私には全然合わなかった。(汗)
う〜ん、面白そうだったんだけどなぁ。
  
中身が有りそうで無いような・・・

それで満足するかかどうかはもちろん読む人の感性次第なんだけど。

『茄子』にもこんな雰囲気のエピソードがいくつかあったけど、それはそれで連作集の中では良いアクセントになっていたように思う。
でもさすがに私にはこれだけとカンベンです。

絵だけはこれが最初の連載作品であってもこの人ならではのもの力を感じるんだけど。