痛風 〜 その2 〜

  • 2009/08/21(金) 18:30:00

痛風の発作から早や一週間。
まだ痛みや腫れは残っているけどやっと少しは体重を乗せて歩けるようになってきた。
それにしても痛風の”発作”とはよくいったものだ。
いやもうあの痛みはホントにコリゴリだよ。(泣)

そして一週間前に採血した検査結果が出るとういことで今日はまた臨港病院に行ってきた。

今日はもうね、尿酸を下げる薬を一生飲み続ける気満々でいた。(苦笑)

当初はこれで一生薬漬けかとガックリもしたんだけど、でもやっぱり私にはアルコールを控えるなんて無理だ!(爆)
晩酌は私にとっては”日々の糧”であり一日の終わりの”ご褒美”だもんな。
薬漬けもアルコール漬けもそう変わらんだろうし。(汗)
幸い今のところは肝機能も腎機能にも異常は無いし。


ところが、ところが

尿酸値の検査結果は6.7mg/dl

  ・
  ・
  ・

はぁ〜! 6.7mg/dl !?




正常値じゃん!
絶対有り得ないって!!

私はちょうど40歳の時から年に一度人間ドックを受けているのだけけど、当初から高尿酸で7mg/dlを超えて値はジワジワと昇り続けて去年から遂に8.2mg/dlの大台に。
最近も心を入れ替えてアルコールはおろか何か食生活を変えたってことも無い。(苦笑)


何故?
正常値なんて絶対に有り得ない。
腑に落ちないよ。
う〜ん。。。


ということを人間ドックの結果表を持参で正直にそして切々と担当の女医さん(結構若い♪)にお話申し上げたら看護士さんともども大笑いされてしまった。
真剣に話してたんだけどな。。。orz


ただこの検査結果が本当だとすると一つだけ腑に落ちる。
それはなんらかの原因で尿酸値が一時的に下がって、その為に右足に溜っていた尿酸結晶を体外に排出しようとした時に一部が剥がれて痛風の発作が発症してしまったんだろうということ。
って、この一週間で随分と痛風に詳しくなったもんだ。(笑)

でもいずれにしてもなんで尿酸値が一時的にでも下がったんだろう?
これはホントに謎だ。
女医さんからはもう少し落ち着いた2ヶ月後に再検査しましょうと言われたけど。。。

でもそのまま尿酸値が下がったままだとは思えないし、万が一にでも下がったままだとしたらまたどこかの関節の尿酸結晶が剥がれて痛風の発作が出ないとも限らないじゃないか。(怖!)

しかもなんかあるとあれだからと女医さんからはまた痛み止めを出されるし。
それも今回は前回も出なかった座薬のオマケ付きだ。

なんですか?
なんかあるとって??(大汗)
しかも座薬って!?
マジで怖いんですけど。。。orz


いやぁ、落ち着きません。
尿酸値高いですよ!と言われたかった。(笑)

やっぱ足の痛みと腫れが引いたら別の医者にいってみよう。
2ヶ月といわず早く落ち着きたい。
精神衛生的によくないもんね。