松本大洋 『花男』

  • 2009/07/30(木) 22:45:00

2009.7.19




出版社からのコメント
長嶋に心酔する30歳の“野球小僧”、花田花男。ハードボイルドな三年生、花田茂雄。両極端な父子と白球が織りなす「おとぎ話」!!



随分前に何か無いかなと古本屋で買ってきたもののタイミングを逸して、そんなに読みたかったものでも無かったのでほったらかしになっていた。(汗)

松本太陽はデビュー作?の『ストレート』が一番好きだった。
アメリカン・コミック調の絵柄と乾いた雰囲気が当時としては(’80年代中盤)新鮮で楽しみな人が出てきたものだと一時期はこの人のものを読むのが楽しみだった。

でもこの『花男』のあたりからある種の雰囲気のあるファンタジー物の色合いが強くなってきてストーリー物が好きな自分としては段々とのめりこんで読むようなことが無くなっていった。


この間の3連休、読むものが無くなり気乗りもしないまま半ば無理やり読み始めたんだけど最初はきつかった。(大汗)
途中からは漸く”親父と息子のファンタジー”のリズムに入り込めて投げ出すようなことは無かったけど。

ただやっぱりこの人の持ち味ってある種の空気感というか雰囲気なんだよね。
それだけという感じもするんだけど。(苦笑)
そこが自分には物足りないところだけど、本人やファンにとってはお門違いなことだろう。

  ・
  ・
  ・

しかしこれももう連載終了から20年近くも経つんだね。
’90年代初頭の空気感みたいなものが今となっては懐かしかった。

『ハッピー・フライト』 矢口史靖監督

  • 2009/07/28(火) 21:00:00




それほど期待していなかったんだけどなかなか楽しめました。(汗)


確かにスイング・ガールズやウォーター・ボーイズに比べてしまうと薄味感は否めないんだけど。

でも今回の空港を舞台にした群像コメディ。
群像劇としては登場人物にもそれぞれの見せ場もちゃんと用意してあるし。
コメディもリアルさを感じさせてくれるベースがあるからこそ笑えるものなってるし。

さすがは矢口監督ってところですね♪


でも次回作ではもっと濃密な作品を観せて欲しいな。


  ・
  ・
  ・

しかし『大停電の夜に』もそうだったけど、田畑智子って段々と可愛く見えてくるから不思議だ。
このブス可愛さ(失礼!)がたまらない!?

アルビ 第19節 対山形戦

  • 2009/07/26(日) 23:30:00

【新潟vs山形 1-1 2009/7/26 18:00】

本当に学習能力の無いマイ・チーム。(苦笑)

前回のホームゲームと違うのは相手にラスト・パスを出したのがジウトンから貴章に変わっただけだ。
っていうか今回はカウンターでちゃんと得点チャンスだったじゃん!
あそこまで持ち込んだらシュートの一つも打って終われって!!(怒)

  ・
  ・
  ・

なんか4月の終わりからはこんなゲームばっかり見てるような気がする。

うちのチームはまだまだ強くない。
一歩一歩階段を踏みしめて上っていくしかない。
って頭では分ってるんだけどさ。

そして中断明けからはまだ負けてないってことも。


でもさ、こんなんじゃせっかくのコレオグラフも泣いちゃうって。



赤谷方面に 〜 FEELIN' ALRIGHT 〜

  • 2009/07/25(土) 18:30:00

今日も午前中だけOCRでサイクリング♪

来週は人間ドックだからどうしても走っておきたかった。
たかだか一回走ろうが数値的にはあんまり関係無いんだろうけどね。(苦笑)

しかし今日は天気よりも一年数ヶ月振りに降臨してしまったジ様の方が心配だった。。。orz
でもなんとか痛みのピークも越えたので無理をしなければ大丈夫かなと。
って、どうやれば無理をしないことになるのかは具体的には分からないんだけど。(爆)

ということで今朝も9時に家を出る。
本当は8時には出かけたかったんだけど朝が弱い自分にはこれもいつものこと。(汗)

ま、自分にしては上々だと先ずはいつものように福島潟へ。
でも今日はそのまま月岡に抜けてR240から県R14を通って赤谷方面に。
たまにはちょっと違うコースをね。

走り始めの頃はあんまり天気も良く無かったけど、福島潟を抜ける頃には青空が広がってきた。
やっぱり暑くても青空の下を走るのは気持が良い♪


【1時間ほど走って休憩 青空が気持良い】





ホントに暑いことは暑いんだけど今日は何故か本当に気持良く走れる。
なんでだろう?
多少は力がついてきたんだろうか?

  ・
  ・
  ・

イヤイヤイヤ!
風向きが実に良い具合だ。(爆)

そんなんで10時半には内の倉ダムの入り口に辿り着いた。
このまま滝谷森林公園まで行こうかとも思ったんだけど中高年に無理は禁物。
ケツにもなんとなく違和感が湧いてきたし。(大汗)


【内の倉ダムの入り口で休憩 結構へたってました。(苦笑)】




ということでそのまま大人しく帰路について12時には無事に家に到着。
そしてシャワーを浴びて大人のサイダー♪
実に美味い!
って人間ドックはぁっ!?


いやでも今日はホントに走ってるのが楽しかったなぁ。
いつもこんなだと良いのにね。(笑)


【走行距離】 70.7km
【平均速度】 26.5km


【福島潟で最後の休憩 木漏れ日が心地良かった♪】



ヘブンズ・ドア マイケル・アリアス監督

  • 2009/07/24(金) 22:15:00




期待のロード・ムービー!

主演はジャニーズの中では役者としては一番好きな長瀬君だし(笑)、余命いくばくかの者同士の異色のバディ物って設定も良いしでもう相当に期待していた。

見始めてみると映像の切り取り方のセンスが日本人と違ってて、良い意味で邦画じゃないみたい。
これは面白くなる!!


がっ。。。

んっ!?

あれ?

う〜ん。。。



あと一つなにかグッとくるものが欲しかった。


やっぱ脚本。

あんまり話の展開だとか辻褄をとやかく言う方じゃないけど、相棒の福田麻由子ちゃんは余命一ヶ月の割にはピンピンしてるし、パトカーだとか救急車のジャックも簡単に出来ちゃうし、最後に訪れる長瀬君の実家なんかは警察が張り込んでるのが当たり前だろうとか。(苦笑)

あまりにもリアルさに欠けるよね。
別にオフビートな笑いを追及してる訳でもないようだし。
終始にわたってちぐはぐな感じが。


全体のイメージはとても良かったのに。
ホスト役でちらっと出ていた嵐の二宮君も。(笑)


ちょっと惜しかったなぁ。。。



  ・
  ・
  ・

エンド・ロールで流れたアンジェラ・アキの『天国への扉』はちょっときれいにまとめ過ぎ。
可もなく不可もなくって感じ。
今まで聴いたカバーでは一番心に残らないバージョンだ。

ドゥルッティ・コラム 『静謐なる激情』

  • 2009/07/22(水) 22:00:00





ドゥルッティ・コラムことビニー・ライリー。

この人の新譜を聴くのは随分と久しぶりになる。
”LC”や何枚かのアルバムを熱心に聴いていたのは、新潟に帰ってきた年だから’85年の頃。
あれからもう24年も経つんだな。


記憶に在るのはビニー・ライリーの孤独な心象風景の揺らめきをそのままに紡ぎだされたようなナチュラルなギターのトーン。
ときにキラキラとリリカルに、ときに沈み込むようにメランコリックだったり。
木漏れ日を見上げて移りゆく光と影を眺めているような感じがしてとても魅力的だった。


この新作でも基本は全然変わっていなかった。
相変わらずにボソボソと何を歌っているのか分からないような”歌もの”が
多くなっているのにはちょっとびっくりしたけれど。(笑)
でも孤独な色合いは逆に深まってるようにも感じる。

特に冒頭の亡くなった盟友に捧げられたという”イン・メモリー・オブ・アンソニー”。
アルバム全体からするとちょっとハードな趣で違和感もあるにはあるのだけどそれだけにの悲しみと決意が伝わってきて胸を打つ。

他にも”フォー・ブルース”や”レインボウ・メーカー”など相変わらず儚くも美しいナンバーがまたとても魅力的だ。

癒しなんて言葉を安易に使うのはいやだけど、やっぱりどこかほっとして気持ちが安らいでくる。


この先も年に何回は聴きたくなってしまうアルバムになりそうだ。

  ・
  ・
  ・

しかしこんな自分の身を削るような音楽を30年にも渡ってずっとやり続けてこれたって素直にすごいと思う。
案外精神的にはタフなのかもしれないね。

ビニー・ライリーの近影を見ると昔と変わらず痩せてまるで病人のようだけど。(苦笑)

いつものコースをひとっ走り 〜 HAPPY 〜

  • 2009/07/20(月) 18:00:00

朝起きてみたら昼から晴れるといってる割には今にも雨が降りそうな雰囲気。(汗)

でもせっかくの3連休で一回も自転車に乗れないのは気持も晴れないので、いつもの福島潟〜水原〜月岡〜福島潟コースを無理矢理?にでも走ろうとOCRに乗って9時過ぎに家を出た。


するといきなり小雨がぱらついてきて萎える。。。orz。

しかし一日自転車に乗ってようが半日だろうが30分だろうが帰ってからウェアを洗って干して片付けるのは自分だ!
あ〜あ。。。
と思いながらしばらくは我慢して走る。

  ・
  ・
  ・

果たして日頃の行いがものを言う!(笑)
福島潟を過ぎたあたりから日が差してきた。
良かったぁ〜♪

【福島潟 〜 そろそろ蓮の花も満開】
 


その後は久し振りにモチベーションも上がりドーパミンも少しは噴出されたようで自分としては気持良く走れた。
せっかくの休みなのに昨日も一昨日も雨で、本でも読んでゆっくり出来たのは良かったけど3日間ともそれじゃさすがに身体にカビが生えちゃうよね。
なんて生粋のインドア人間も変わるもんです。(苦笑)

【瓢湖で一服。 アヒルが可愛い♪】






ということで11時半には無事に家にたどり着いてシャワーを浴びてお約束の大人のサイダーも美味しく頂く。
やっぱり身体を動かして良い汗かくって気持ちが良い。
今日は思い切って外に出て良かった。
洗濯も気分良く出きるってもんです。(笑)


【走行距離】 53.4km
【平均速度】 25.5km ← 初めて25kmを超えられた。地味に嬉しい♪
               ま、総平均だと20kmそこそこなんだけど。(苦笑)

エビス 超長期熟成

  • 2009/07/17(金) 22:30:00


どうしても飲みたくなってちょっと奮発♪




新製品と限定醸造にはどうしても抗えない私。
と言っても貧乏なので当然のように350ml×4缶セットのみだけど。(笑)

エビスっていうと元祖プレミアムだけあって通常版も苦味もコクも高バランスの普通に美味しいビールだけど、この超長期熟成は通常版に比べても苦味がまろやかにそしてコクの深みも増したような感じでますます好ましい♪

って、メーカーの謳い文句通りかよ!
ってところだけどホントにそう感じるんだから仕方が無い。


う〜ん、でも4缶だけじゃ全然物足りない。
もっと飲みたいぞ!(爆)

  ・
  ・
  ・

しかし、こんなの飲んじゃうと新ジャンルなんてホントにまがい物なんだってことを実感してしまって。。。(汗)

いやでも新ジャンルには小遣いを随分と助けてもらってるんで文句は言えないんだけどね。
ホント、ありがたや、ありがたや。(苦笑)

cutman-booche 『my way』

  • 2009/07/15(水) 21:30:00





なんだかスコーンって突き抜けちゃったなぁ。


前作の初のフル・アルバムでは、どこに向けたら良いのかも分からずに放たれていたような闇雲なパワーが印象的だったんだけど、今作では明らかに前に向けてシフトチェンジしたような感じだ。

音楽的にも日本版のG・ラヴ風味のブルーズ/R&Bを中心として何でも有りって感じで若干とり散らかったような部分もあったんだけど、このアルバムではかなり整理されて随分聴きやすくなったように思う。

特にサイクルなんかは躍動感と良い意味でのPOPさも持ち合わせて良いナンバーだと思う。

だけどその分好きだった泥臭い叙情味がちょっと薄れてしまったような気もする。
ちょっと立ち止まって泣いているような。
多分もうそんなところにはとどまっていられないっていう前向きな意思表示だとは思うんだけど。
まぁ、そんなことを思わせる歌詞も中高年の私にはちょっと青臭く感じたりしてもう眩し過ぎたりする。(汗)

それとCOCCOの”強く儚い者”のカバーも頑張ってはいるし果敢に挑戦した姿勢にもリスペクトはするけど敢えてこのバンドで聴きたくなるような魅力は感じなかった。
これなら彼らのオリジナルを聴きたかった。

また完全に英語詩のナンバーが2曲あって、これはいつも思うことだけど日本のバンドが日本人に聞かせるのに英語詩のナンバーっていったいどんな意味があるんだろう?と。

すごくもったいない。

  ・
  ・
  ・

でもなんだかんだ言っても結構の回数を聴いていたりするんだけどね。(苦笑)

こうの史代 『さんさん録』

  • 2009/07/13(月) 23:00:00

2009.6.19




【内容紹介】
妻に先立たれた男、参平に遺された一冊の分厚いノート。それは、妻・おつうが記した生活レシピ満載の『奥田家の記録』だった。主夫として第二の人生をスタートさせた、さんさんの未来は、ほろ苦くも面白い!『夕凪の街 桜の国』で大ブレークの著者が放つ、ほのぼのコミカルストーリー!



還暦を過ぎて心ならずも主夫となったオヤジとその家族の日常が一見ほんわかしたギャグを交えて淡々と描かれているだけなんだけどこれが面白い。

基本的にこうのさんってやっぱり人間が好きなんだろうね。
良く人間を観察してると思う。
だからこんなにユーモアとペーソスが滲み出てくるんだろう。
やっぱりこの人の本質ってこういうところにあるんだなぁ。

『夕凪の街〜』や『この世界の片隅に』は確かに傑作と呼んでいい作品だと思うけど、さすがに重くて気軽に読んでみようと思えないのが唯一の欠点。
だけどこの『さんさん録』は肩の力を抜いて何度でも味わいたくなる。

それにしてもこの人の絵柄って柔らかいからうっかりしていると見過ごしてしまいそうなんだけど、結構生々しいというかヒドイつっこみがまた。。。
そこまで言うか?って感じで。(笑)
ま、それもこの人の魅力と言えば魅力の一つなんだけど。

さて、今度は『ぴっぴら帳』も読んでみなくては♪

ポタポタポタ 〜 Down By The River 〜

  • 2009/07/12(日) 18:15:00

今朝は月一回の町内草むしり大会。
ここのところしばらくはカミサンにまかせっきりだったのだが、少しでも気持ち良く外に出るために?自主的に参加を申し出た。(苦笑)

で、一仕事を終えて気持ちよく出かけられる筈だったのに、眠いし身体は重いしであんまりモチベーションが上がってこない。
でも来週も天気はあんまり良く無さそうだし乗れる時に乗っておこうとなんとか9時過ぎにOCRに乗って出発。

続きを読む

『探偵物語』 根岸吉太郎監督

  • 2009/07/09(木) 23:22:37

先週に続いて’80年代ものが観たくなってしまった。
最近は後ろ振り向き過ぎって感じだな。(笑)





ロマンチック・コメディはもともと『ローマの休日』を始めとしてロード・ムービーと並んで大好きなジャンル。

この『探偵物語』は確かに薬師丸ひろ子主演というアイドル映画の枠が足かせになっていて決して名作だとか傑作なんかの類で無いんだけど、でも邦画にしては珍しく大人の上品な雰囲気が漂っていて好きな映画の一つです。

その大人の上品な雰囲気って松田優作によるところが大きいと思うんだけど、30台前半でこの大人の雰囲気って。。。

ホント、貧乏アパートでTシャツ一枚で正座してお茶を入れていても何してもかっこ良い!
自分が歳を取れば取るほどこの人のかっこよさの凄さってのを実感してしまってため息しか出てこない。(苦笑)

そしてちょっと唐突感は否めないもののラストの空港での薬師丸ひろ子と松田優作のキス・シーンは二人の切なさが伝わってくる良いシーンだった。(恥ず)
長いキスを一回終えてから想いを振り切るかのように短いキスをもう一度。。。

多分、2度目のキスは松田優作のアドリブだったんだろうけど、今から思うと薬師丸ひろ子も頑張って良く受けてたったよね。


でもまぁ根岸吉太郎も頑張ったかな。
あの土臭い『遠雷』を撮った監督とは思えない。

でもこれ一応アイドル映画だよね?
って思わせるほど裸がいっぱい出てくるのがこの人らしいっていえばらしいけど。(笑)


  ・
  ・
  ・

この頃の薬師丸ひろ子ってホントに可愛かったなぁ!


と思っていたんだけど久し振りに見直したら色は黒いしチンチクリンで脚の形は良くないし。。。(殴!)

いやでも途中からやっぱり可愛いかって思えてきたけども。(汗)



やっぱ自分も歳を取った証拠だね。。。