ピーター・バラカン 『わが青春のサウンドトラック』

  • 2009/06/25(木) 23:30:00

2009.6.21




内容紹介】
60年代のロンドンで青春を過ごすという幸運──

初めて行ったコンサートでビートルズを見た感激、デビュー間もないジミ・ヘンドリクスを生で聞いた衝撃──1960年代~70年代初頭のロンドンなればこその強烈な体験の数々と、それらを通して音楽への愛と理解を深めていった若き日々…。『レコード・コレクターズ』の大人気連載「Once Upon A Time In England~ピーター・バラカンが語る十代の音楽体験」(2005~08年)が一冊になりました。当時見に行ったコンサートのプログラムやチケットなど超貴重品を満載したカラー口絵と、愛聴盤ガイドつき!



’60〜70年代のロック好きであればなんとも羨ましくてため息が漏れてしまうような青春記でした。

続きを読む