The Sad Cafe 〜 スローバラード 〜

  • 2009/05/03(日) 22:00:00

忌野清志郎さんが死去 58歳

今朝、新聞を開いてあまりの突然のことにちょっと言葉を失ってしまった。

去年の再入院の際はちょっと嫌な感じは受けたのの、不思議なほど楽観的な気分でいたから。
また何事も無かったかのように生還を果たすんだろうと。。。


今日は出かける用事があって車の中で『ラプソディー・ネイキッド』を聴いていたんだけど、フロント・ガラスの向こう側が何度も見えなくなりかけて困ってしまった。
ミュージシャンが亡くなってこんなに切なく悲しい思いを味わうなんて初めてのことだ。


自分はこれまでRCの熱狂的なファンだったなんてことは無かったし、清志朗のソロ・アルバムだって一枚も聴いたことは無い。

だけど思い起こしてみると若い頃は『スローバラード』や『いい事ばかりはありゃしない』それに『ラプソディ』なんかは身を震わせて聴いていた時期があったし、この歌で随分慰められもしたものだった。
やっぱりロックをロックとして日本語で自分と等身大の身近さで聴かせてくれた初めてのバンドだったんだなぁと改めて思う。

その後も『COVERS』でみせた反骨精神だとか『I LIKE YOU』での優しさだとかつかず離れずという感じだった。
前述したようにソロになってからは疎遠になってしまったけれど、ロックン・ローラーとして一貫して昔と変わらぬ姿勢は信頼に値すべきものだったし、リスペクトだけはしてきたように思う。



それにしてもなんでこんなに切ないんだろう。


忌野清志郎さん。
今までどうもありがとうございました。
そして心からご冥福をお祈り致します。
合掌。