The Sad Cafe 〜 ポール・ニューマンさんを偲ぶ。 〜

  • 2008/09/29(月) 23:15:00

米俳優のポール・ニューマンさんが亡くなられた。
享年83歳。

20世紀の巨星がまた一人、逝ってしまった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ポール・ニューマンは私が子供の頃からのヒーローでした。
女優さんも含めてブロマイドを買いに行った!なんて、後にも先にもこの人だけです。
また偶然にも生年の月日が一緒なのがずっと自慢でした。(笑)


彼のファンになったのは、テレビの洋画劇場でやっていた『暴力脱獄』を見て。
自由を求めて戦い続ける彼の姿に、子供心なりに鮮烈な印象を受けたのでした。
今からもう35年も前のことです。

そして『明日に向かって撃て』。
もうけ役だったロバート・レッドフォードを相手にしての受けの演技。
ぼやきながらもユーモアを忘れずに舵を取っていくポール・ニューマン。
追っ手から逃げるときも、谷底にダイビングするときも、
最後まで希望を捨てずに軍隊の中に飛び込んでいくときも。。。

主題歌の『雨にぬれても』をバックにキャサリン・ロスと自転車で戯れるシーンの美しかったこと。
彼の魅力たっぷりの笑顔とともにいつまでも心に残るシーンです。


それと酔いどれ弁護士を演じた『評決』。
ここでの自分を取り戻していく演技は円熟の境地で本当に素晴らしかった。
映画のラストでかつて愛した(そして裏切られた)女性からの鳴り続ける電話を、無言で無視し続ける姿も忘れることが出来ません。


負けると知りつつも’力ある何か’に対して抗いそして戦い続ける。
いつの時代もそんなアンチ・ヒーローを人は愛して止みません。

でも、もう彼のそんな姿をスクリーンで見ることは出来ないんですね。

また映画界が寂しくなります。


謹んでご冥福をお祈り致します。
合掌。



from "Butch Cassidy and The Sundance Kid"