沢木耕太郎 『危機の宰相』

  • 2008/07/31(木) 22:45:10

2008.07.29

沢木耕太郎 『危機の宰相』





沢木耕太郎さんも昔から敬愛する作家の一人です。

でもこの作品では沢木さんが’所得倍増’というキーワードに、なんでここまで執念を燃やすのか?
頭では理解してもどうしても実感として理解することが出来無かった。

『一瞬の夏』にしても、『凍』にしても、沢木耕太郎がどうして’彼ら’に入れ込むのかは理解出来たし、自分も’彼ら’に入れ込むことが出来たんだけど。

多分、世代的なものが大きいんでしょう。
私は沢木さんの団塊の世代よりも一回り以上も下の世代。
実際に所得倍増が叫ばれていたのは私がまだ物心もつく前のことだしね。

なので、この作品は読んでる分には、へー、そーなん?とか、
沢木さんの文章力でもって惹き込まれてしまうんだけど、
それ以上の興味を池田勇人氏以下の主要3名に持つことは出来なかったし、また彼らに入れ込むことも無かった。

主要3名がどれだけ信念を持った’立派’な人だったとしても、やっぱり代議士と官僚は好きになれません。(苦笑)
グッド・ルーザーだなんだと言われてもね。
だって彼らは本当の意味でのルーザーでさえ無いし。

ハイ、偏屈な人間でスミマセン。
だけど好きになれないものは好きになれません。(笑)

とはいえ終章での祭りが終わった後のような物悲しさには、さすがに感慨みたいなものが湧き上がりました。
それと後書きで下村治氏がこの小説の単行本化を楽しみにしていたというくだり。 
どういう想いで楽しみに待っていたのか?
鉄火面?の下の人間味が覗いて少し切なくなってしまった。


しかし沢木さんがこの第一稿を書き上げたのが、まだ30歳に手が届こうかという頃だっていうから恐れ入ります。
自分のそのころは?

えーっと。。。(大汗)

陣内孝則監督 『スマイル 聖夜の奇跡』

  • 2008/07/29(火) 22:30:00




こういう真面目なオバカ映画は嫌いじゃないです。

クライマックスのゲームは結局のところ戦術もクソもなく(失礼!)
最後はモチベーションだけかい!とか、
お話の設定の’80年代には見えないよ!とか、
いろいろ突っ込みを入れたくなるところは満載なんだけど。。。

それでもストーリーの根幹をなすアイスホッケーというスポーツが持つ、’楽しさ’だとか’ダイナミズム’は興奮を持って描かれていたので、細かいところは目を瞑っても良いかなと。(苦笑)

そこがちゃちいともうどうしようも無くなっちゃうんだけど。
でも、これまでスポーツを描いた邦画ってそんなんばっかりだったもんな。
ゲームの’興奮’なんかちっともありゃしない。(笑)


ただ、クライマックスのゲームの後のカタルシスだけは、もう少し味あわせて欲しかったけど。
あれ、もうそっちに行っちゃうの?って感じでしたね。
きっと、やりたいことが溢れるほどにいろいろ有ったんでしょう。
陣内監督。(苦笑)


でもまぁ後味も悪く無いし気楽に楽しむに分には良い’映画’だと思います。
少なくとも私は充分楽しみました。

  ・
  ・
  ・

主役の子供達(って言って良いよね?)。
みんな可愛かった。


Joe Walsh  『But Seriously, Folks...』

  • 2008/07/28(月) 22:45:00

ジョー・ウォルシュ 『ロスからの蒼い風』 〜 邦題




このアルバムは私がまだ高3だったちょうど30年前の梅雨の最中。
待てど暮らせど『ホテル・カリフォルニア』に続くイーグルスのニュー・アルバムが発表されない中で、イーグルスのギタリストのソロ・アルバムとして発売されました。
発売当時は確かあんまり評判が芳しく無かった記憶があるけれど、イーグルスの代替って感じで聴いてみることにしました。

第一印象は、イーグルスと比べてなんだか集中力を欠いた軽くて散漫で地味な音楽って感じでした。
『ホテル・カリフォルニア』での『お前を夢見て』のようなとびっきりメロディアスな歌が入っているわけでもなく、
ギタリストとして定評があったジョー・ウォルシュなのに派手なギター・ソロも無いし。。。
ということでちょっとガッカリしたのを覚えてます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



それが期末テストも終わり梅雨も明けて夏休みが始まる頃は、このアルバムの魅力にとりつかれていました。
ある意味イーグルスやドゥービーズ以上にとびっきり’爽やか’なウエスト・コースト・ロック(恥ず)でした。

それは最初に感じた’軽さ’加減が暑苦しい’夏’には逆に良かったみたいです。
また前述のようにギタリストのアルバムとしては派手なギター・ソロが無い代わりに、アンサンブル重視の甘いリフやフレーズの一つ一つがキラキラとした’夏’の輝きを放っていました。
そしてイーグルスばり(本家も参加してるんだけどね)のコーラスがまた素晴らしい清涼感をかもし出しています。


先ず一曲目の『オーバー・アンド・オーバー』
レゲエともカリプソともつかない妙なリズムにのって、聞こえてくる短いながらもうねる波のようなスライド・ギター。
続く『セカンド・ハンド・ストアー』でのとろけるようなペダル・スティール・ギターの響き。
『トゥモロー』のなんとなくズルズルと時だけが過ぎ去っていくような少し切なくなるような感じ。
『イナー・チーブ』『不思議なボート』での海の中を漂っているような涼しげな感覚。
そして中でもギターのカッティングとコーラスが最高にカッコ良い『インディアン・サマー』から『アット・ザ・ステーション』の流れはもう爽快そのもの!

アルバム全体が真夏の酷暑を避けて水族館で水槽を眺めながら涼んでいるといったような感じです。
ま、これ内ジャケのオバカな写真の影響があるかもしれません。(苦笑)
でもホントに夏/夏休みにピッタリなアルバムでした。


学生最後の高3の夏休み。
まだ暑くなりきらない午前中はこればっかり聴いて過ごしていたような気がします。
そして来年からはもうこんな風に怠惰に夏を過ごすことことは出来ないんだなぁ。。。
なんて少しばかりの寂しさを感じながら。(笑)

  ・
  ・
  ・

解説はともかく歌詞・対訳は自分にとって必須なので普段は輸入盤に手を出すことは無いんだけど。
でもいつまで経っても国内版がリイシューされないもんだから業を煮やして輸入盤を買ってしまった。
だって30周年だしね。(笑)
今年の夏はどうしても聞きたかったし!

それにしても、特に名盤とは言えないこのアルバムをこんなに長い間、聴き続けることになるなんて。
夢にも思わなかったな。。。


アルビ 第19節 対札幌戦

  • 2008/07/27(日) 23:25:23

【新潟vs札幌 2-1 2008/7/27 18:03】

今日の午前中は身体の様子をみようと少しばかり自転車に乗ろうと思っていたんだけど、目が覚めたら9時半を過ぎていた。
あ〜あ。。。
なんだかんだと出かけるのは11時近くになってしまうので結局取り止めに。(汗)
神様ももう少し待ってみた方が良いんじゃないの?と言ってくれたと思うことにしました。
まぁ、こういう時は大人しくしてるのに限ります。ハイ。(苦笑)


ということで?日中の暑いさかりは本を読んでやり過ごして
丁度、選手のウォーミング・アップが始まる頃にビッグスワンに到着。
着いた頃は雨の影響で不快指数120%って感じだったけど、それからは天気もなんとかもってくれて試合の始まる頃は、気温も下がって良い感じでした。
選手もコンデシション的には良かったんじゃないかな。

しかし、このままズルズルと連敗もあるかも?なんてネガティブな思いでいたら、あっと言う間に開始0分!マルシオの先制ゴール!!
3〜4人が連動した素晴らしゴール。
ホントに鮮やかだった。
最初は誰がゴールを決めたのかも良く分からなかった。(汗)

その後も押し気味にゲームを進めるもののゴールに至らず。
と思っていたら案の定後半25分過ぎに札幌ダヴィに決められ同点。
この後はなんかクライトンも息を吹き返した感じでホント邪魔だった。(苦笑)

でもこの数分後、混戦の中からやっぱり?アレが決めて勝ち越し!
あーいうのいつも狙ってんだね。
でも決められるのは素晴らしい。
ただゴールの後いつまでもコールを要求するのって?
ホント、手間のかかるヤツ。(笑)


しかし、貴章の出停の代わりに先発のアトム。
裏への飛び出しとかシュートの意欲とか良かっただけに
結果が欲しいところだったね。
もっともっと出きる筈だよね。
アトムは。
って、みんな思ってんだろうな。(笑)
でも次節はマルシオ出停だから(泣き)
まだまだチャンスは続くよ!
頑張れ、アトム!!
 ※まさかとは思ってたけど怪我してたんだ。
  ホントに頑張れ!! 2008.07.28 追記

  ・
  ・
  ・

ということで、次節の8月9日までのしばらくの間、勝利の余韻に浸って気分良く過ごせそうです。
やっぱ、勝ちは良いねぇ。(シミジミ)

谷口ジロー 『冬の動物園』

  • 2008/07/24(木) 22:30:00

2008.07.20

谷口ジロー 『冬の動物園』





谷口ジローさんの自伝的要素が強い作品だそうだけど、
どこまでが実体験でどこまでがフィクションかなんてことはどうでもよくて。
不安と希望を抱えた若者の普遍的な物語として楽しめました。

特に病気の彼女との病院でのつかの間の再会のシーン。
心の弱いところをつつかれて鼻の奥がツーンとしてしまった。(苦笑)
ギャラリーのジイチャンやバァチャンのさりげなさがまたね。。。
ホントにうまいんだ。

他にも冬の動物園の静寂だとか
夏の公園の風景だとか。。。

小説で言うところの行間の味わいに溢れてます。
なかなかこんな風に描ける作家っていないもんです。
本当に敬愛すべき作家の一人です。
谷口ジローさんは。


ただ今回は個人的にちょっと失敗したかなと。
それは、読むのをもう少し寒いというか涼しくなる頃まで待てば良かったなぁって。
だってこの作品、寒いくらいの時の方がもっと味わいが深まりそうなんだもん。(笑)

  ・
  ・
  ・

このマンガ、少し前に『孤独のグルメ』と一緒に買ったんだけど、『散歩もの』にしないでこっちにしてホント良かった。(毒)

矢作俊彦 『傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーを』 

  • 2008/07/23(水) 23:10:33

2008.07.21

矢作俊彦 『傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーを』


 


これ、やっぱり映画にするしかないでしょう。
もちろん、ショーケン主演で!

先ずはなんと言ってもオマージュってことで逃げないで、ストレートにドラマの続編として書かれた確信犯の小説っていうのが良い。

主人公/小暮修の設定も、
年食ってホームレス(宿無し)と成り果てても
心は昔の’天使’のまんまってのが最高です。
こんなジジィでいて欲しかった。
っていうか、これしか無いでしょう?って感じでお見事でした。

その上で現在を生きる人間のドラマとして成り立っているのが素晴らしい。
作者の矢作俊作さんには拍手を送りたい♪

自分はあの伝説のドラマに特別思い入れがあるわけではなく、たまたまこの春ビデオをつまみ食いして見ていただけの人間だけど。
それでも読んでると自然に嬉しくなってきました。

これが昔から思い入れがある人だったらきっと涙無くして読めないでしょうね。
う〜ん、それがとっても悔しいぞ!(苦笑)

  ・
  ・
  ・

ショーケン主演かぁ。
やっぱ無理だろうな。
本人があの調子じゃ誰も怖くて使ってらんないよね。。。

頑張れ、ショーケン!


ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督 『グミ・チョコレート・パイン』

  • 2008/07/22(火) 23:30:00




じゃんけんで勝った字数分だけ歩数を進められるっていうゲーム。
グリコ、チヨコレイト、パイナツプル  
が全国共通だと思ってた。(笑)

それはさておき。
映画の冒頭の解説通りの普通?の高校生の等身大のハデでない描き方に大いに親近感を抱いてしまった。
画面からは青春期特有のオバカさ加減を含めた恥ずかしさだとか情けなさが漂よってくるしで、
なんとも甘酸っぱい感じを味わいました。(恥ず)
自分も高校の頃は主人公と同様に映画とロックが大好きだったしね。
同級生とあんまり話が合わないなぁなんてのも。
ただ名画座で想いを寄せる女の子と偶然バッタリなんてことはいくら夢見ても無かったけど。(苦笑)

でも全体としては、
もっとオフビートな笑いを徹底するか、
それとも主人公達の気持ちをストレートに描くのか的を絞って欲しかったかな。
笑うに笑いきれず、かといって泣くに泣けずで私にはちょっと中途半端に感じました。

特に終盤に主人公に言わせたセリフ。

〜 ねっ、ニュー・シネマ・パラダイスみたいでしょう?
でも嘘では無いんですよ。 〜

こんな照れ隠しみたいな言い訳するんなら最初から撮らなきゃいいじゃん!(怒)
監督にとって実体験であろうが無かろうがドラマとして提示したんならね。
シチュエーションは違うにしても世の中には、昔想いを寄せていた女の子が亡くなっちゃったって人もいっぱいいるはずなんだから。
あのセリフが聴こえた時は心底ガッカリでした。


素材(原作)が良さそうなだけになんとももったいない仕上がり。
ま、面白そうな小説(原作)を見つけられたと思って良しとするけどさ。(苦笑)

  ・
  ・
  ・

ワン・シーンだけゲストで出ていた鈴木慶一。
年取ったねぇ。。。とジミジミ。
で、彼に言わせた一言。
頑張れ、若者!

やっぱ年取ってくると言いたくなるんだねぇ。
このセリフ。
最近、よ〜く分かってきました。(苦笑)


伊坂幸太郎 『ラッシュライフ』

  • 2008/07/22(火) 23:00:00

2008.07.15

伊坂幸太郎 『ラッシュライフ』





表紙が物語ってましたね。
エッシャーのだまし絵か。
私もまんまとやられました。(笑)

時間軸をずらして最後は一つに繋がる群像劇。
上質なエンターテイメントでした。
この人の小説を読むのは初めてだけど、人気があるのもよく分かりました。

でも、もう一つプラスαが欲しかったかなぁ。
深い余韻というようなものが。
ただ面白かっただけで(それはそれでスゴイんだけど)
読み終えても後に残るもはあんまり無かった。


あと気になるのは自分は映画『アヒルと鴨のコインロッカー』でこの人を初めて知ったんだけど。
『アヒル〜』も原作は時間軸をずらしたトリック物らしいけど、ひょっとしてこんなんばっかり?
だとすれば読んでると、
やられた!ってよりも
またかよ!!ってことになりそう。


ま、それは評判の良さそうな『ゴールデン・スランバー』を読んで確認しよう。
まだ図書館7人待ちだけど。(苦笑)

ニール・ヤング 『渚にて』

  • 2008/07/18(金) 23:45:15



『ハーベスト』から2年振りの期待のスタジオ録音盤としてリアルタイムで聴いていたら、この散漫で集中力の無さって何?
ってガッカリしてたでしょうね。多分。
このちょっとダルくて沈み込んでいきそう感じには。

思えば『ライブ・ラスト』や『ラスト・ネバー・スリープス』で完全にモチベーションが復活するまではずーっとこんな感じだったんだ。
でも自分はニール・ヤングのアルバムではダークな『今宵その夜』が一番好きな人間なんで、このダルくて沈み込んでいきそうな感じって大好きなんですけどね。(苦笑)

ただこのアルバムではまだ沈みきっていないから、暗闇の中でほの隠れしている鈍い光も見えにくくて、確かに分かりにくいと言えば分かりにくいアルバムだと思います。


それでもやっぱりどうしようなくニール・ヤングなんだけど。(笑)
本気で’歩いて行こう’と言ってるのかよく分からない妙な明るさと虚しさを湛えた『ウオーク・オン』。
おなじみベン・キースの味わいのあるスティール・ギターが美しい『アバウト・トゥ・レイン』。
そしてレコードではB面の全てを使った3曲。
前述したような暗闇に沈みこんでいきそうな中に仄かな鈍い光が見え隠れするような『渚にて』『モーション・ピクチュア』『アムビュランス・ブルース』。
中でも、その後の『愛する決意』を思わせるような『渚にて』が良いです。
『アメリカン・スターズン・バーズ』の中ではニール・ヤングのその後のアンセムと言えるような『ライク・ア・ハリケーン』よりも『愛する決意』の方が好きだったりするので。

そして『アムビュランス・ブルース』の冒頭の一節。
’昔のフォークの日々’
’僕らが演奏すると魔法が漂った’

『ライブ・アット・マッシー・ホール』を聴いた今では納得です。
本当に魔法が漂うようなライブでした。
そしてそんな輝いていた日々から、こんなにも疲弊してしまった時がこれからしばらく続いてしまったのかと思うと何とも言えないものを感じます。



全体、今の梅雨時に聴くには良い感じです。
梅雨が明けたらまたどうなのか分かんないですが。
それはそれでまた違う味わいがあったりするのかも?
真夏にピッタリなんて!
ん〜、それは無いか。(笑)

いや、でも、ジリジリするような熱帯夜なんかには案外合うのかもしれない。
そんな夜に暗い海を眺めながら聴いているのが一番良いのかも。。。

  ・
  ・
  ・

このアルバム、’81年に中古レコードで手に入れたんだけど、埃がいっぱい詰まっていてプチプチ・ノイズが酷くって。
なんとか我慢して一回は聴いたもののその後聞く気が起きなかった。
それがここ数年、夏が来る度に『渚にて』ってタイトルが気になっていて。(笑)
ようやく今回CDでの買い直しとなりました。
なので今回が初聴きのようなもんでした。

いや、でもあれ『ズマ』だったろうか?
う〜ん、何故か良く覚えてない。(汗)

Time Is On My Side ? 〜 ブラウン・シェーバー 〜

  • 2008/07/15(火) 23:05:30

長年愛用していたブラウンの電気シェーバーが一ヶ月ほど前に動かなくなってしまった。

この寿命の尽きた電気シェーバーは20年前(!)に、当時付き合い始めの頃のカミサンが初めて自分にプレゼントしてくれた物だった。
肌が弱くてカミソリ負けしてボロボロだった私を可哀想にと思ってのプレゼント。
そんな可愛い頃もあったよなぁ。。。遠い目 
ま、お互い様だね。(笑)

そんなんで特別の愛着があったんで20年間も使い続けてしまった。

  ・
  ・
  ・

な〜んてことは全然無くて。(爆)

古いからといって特に不都合を感じなかったからでした。
それなりに良く剃れてくれてたし。
また困ったことに全然壊れんし。
困ることは無いんだけどさ。(苦笑)

で壊れてからしばらくはT字型のヒゲそりで凌いでいたんだけど、やっぱりカミソリ負けがひどくて早いとこ手を打たなきゃと。

で、今回はどうしようかなと。
割りと自分に合いそうなナショナルにしようかなとも思ったんだけど、20年間で培った信頼関係は簡単には崩せませんでした。(苦笑)

買ったのはやっぱり同じブラウンのBS4846というヤツ。
1,000円の商品券を持っていたので4,980円で買えてしまった。(笑)

でも使ってみてビックリ。
これまでのは20年前当時で2万円ほどのものだったんけどいわゆる一枚刃。
今回のは安いとはいえ3枚刃。
いやぁ、剃れること剃れること。
この値段でこれほど剃れるとは思ってもいなかった。
それに水洗いも出来るので手入れも簡単そうだし。
ということで嬉しい誤算でした。


そんなこんなでこの20年間の技術の進歩にはホントにビックリ。
これで3万円ほどする最上位機種だといったいどこまで剃れるんだろう?
なんて。

でもこの驚きって自分が浦島太郎だっただけのことなんだろうけど。(苦笑)

  ・
  ・
  ・

しかし替刃が外刃と内刃を合わせて6,300円って。。。

刃の替え時が買い替え時ってことか。
でも前のはこの20年間で一度も内刃は替えなかったもんな。(爆)
今度もこんなにもってくれる?

んっ!?
これから20年っていったら。。。
とうに還暦は過ぎて古希まであとわずかだよ。
って、それまで生きてられるのか?(大汗)

平山秀幸監督 『やじきた道中 てれすこ』

  • 2008/07/14(月) 22:40:40



自分の好みからすると全体少しまったりしすぎかな。
映画のオープニングから主演3人の道中が始まる30分くらいまでは、このかったるいテンポに慣れずに苦しかった。

同監督の前作の『しゃべれども しゃべれども』のあれだけ小気味の良かったテンポはどこへやらでした。
このまったり感というのが古典落語の世界を意識した為のものなのか?
落語の事を知らない自分には良く分からないけど。
でももうちょっとシャープな感じに仕上げても良かったんじゃないかなぁ。


映画の出来としては充分に水準には達してるし、また楽しませもしてくれたけど。
でも、何か飛び抜けたものがなくて全体が予定調和で終わってしまってます。
これだけ芸達者な役者さん達を揃えたのにもったいないねって感じです。

  ・
  ・
  ・

小泉今日子さん。
最近はもう女優として、当たり前のように良いんだけど
未だアイドルの匂いを残しているのが素晴らしい。


そして柄本明さん。
つくづく良い(面白い)顔してる。
ホントに得がたい存在です。
この人。

Raindrops Keep Falling on My Head  〜 ぼぉ〜っ 〜

  • 2008/07/12(土) 17:35:00

久し振りに梅雨時らしい一日でした。

でも、もうちょっとしとしとと雨が降ってくれた方が良かったかな。
気分的に。
まだ自転車に乗れない身としては。(苦笑)

ま、たまにはこんな休みも良いもんです。
特にやることもなくボ〜っとなんとはなしに過ごしているのも。。。


ETCだけはさっさと取り付けてしまいたいんだけど。(汗)



【家の紫陽花も今年はいつもより花をたくさんつけてくれました】