川上健一 『翼はいつまでも』

  • 2008/06/12(木) 23:40:16

川上健一 『翼はいつまでも』




この小説は読んでからもう3年近く経ってしまった。
だけど、ずっと大事にしていたい一冊です。

川上健一さんのものは最初に『ビトウィン』というエッセイを読んで、彼の一家に幸福をもたらしてくれた?であろう、この『翼はいつまでも』に興味が沸いて手に取りました。

結果はというと。
小説の終盤は年甲斐もなくボロボロと目から汗を流しながら読むハメに。
まぁ、どれだけ涙腺が弱いんだということですけど。(苦笑)

続きを読む