三木聡監督 『転々』

  • 2008/04/28(月) 22:40:54




三浦友和扮する福原愛一郎の暴れ振りに冒頭からあっけに取られてしまった。
いったいこのヤバそうなオッサンって何者?
って、つかみはOKってやつですね。(笑)

それでもオダギリ・ジョーと同様に、いつしかこのヤバいけど掴み所のないとても魅力的な人物と離れがたい気持ちになってしまった。

オガギリ・ジョーと三浦友和が二人で乗るジェット・コースター。
その二人を見守る小泉今日子と吉高由里子。
この4人の擬似家族の関係が記憶の奥底に残るものを刺激して、なんとも言えない郷愁を感じてしまった。

続く最後の晩餐?のカレーのシーン。
ハイ、負けました。(苦笑)
私もカレーの辛さが沁みました。

そして、さりげないラストも確かな余韻を残してくれました。
こんなバディ/ロード・ムービィ物を待ち望んでました。
この先、心に残りそうな一編です。

あと、ムーンライダースの『スカンピン』など’70年代の名曲も、現在の東京の街の風景に不思議とマッチしてこちらも良かった。

で、歌と言えば。
吉高由里子さんの意味不明な歌。。。
最高でした!(笑)

それにしても、三浦友和さん。
圧倒的です!
さすが昭和の菩薩が生涯の伴侶に選んだ男です。



さてと、自分もどこか’タチ’(性分)に出てみたくなったなぁ。
うん、もうじき始まる連休は自転車に乗ってどこかに出かけよう。

  ・
  ・
  ・

って、それまでに直るのか?
私の’ZI’は。。。(苦笑)