カットマン・ブーチェ 『Permanents』

  • 2008/03/28(金) 22:55:51




良いです!
カットマン・ブーチェ!!
様子を見るつもりがやっぱり我慢出来なかった。(苦笑)

サウンド的にはブルース/ソウルといったルーツ・ミュージックを彼らなりに消化したロック。
ハープやウッド・ベース、そしてナチュラルな響きのギターがとてもカッコ良い。
ミディアム/スローな歌からスピード感溢れる曲までサウンド的には申し分無いです。

確かに’Gラブ’?っぽさも感じました。
でもそれよりも、ウッド・ベースを使ったアコースティックな歌での’内’にそして’外’にイメージが膨らんでいく感じは、少しジョニ・ミッチェルなんかを思い起こしてしまった。
なかなかこんな歌は聴けないです。

中でも??でのR&B/ソウル・テイストたっぷりの歌や、?や?は基本3ピースのバンドとは思えないような躍動感に溢れていてとてもカッコ良かった。
??のバラードもしみじみとした想いが伝わってきます。
このバンド、ライブもきっと楽しいんだろうなぁ。


ただ、個人的にちょっと残念なのが英語を多用したボーカル・スタイル。
歌詞カードを見ている限りではそれほど英語を使っている感じでは無いんだけど
インスト曲や間奏での叫びというかつぶやきなんかは全て英語。
ボーカルも日本語をリズムに乗せる為なのか何を歌っているのかよく聞き取れない。

あっ、でもボーカル自体は上手いです。
それだけにもう少しだけで良いから歌詞カードを見なくても何を歌ってるか分るようになって欲しい。
昔マイケル・スタイプが誰かからの進言で、それまでの何を言ってるか分らないボーカル・スタイルをちゃんと聞き取りが出来るように改めたように。
実際、??のバラードはしっかりと歌詞が聞き取れて、彼らの歌世界を存分に味わえるんだから。

  ・
  ・
  ・

それにしても、こんな’歌’を日本のバンドから聴けるようになるなんてなぁ。
先日エントリーした柳ジョージの時代からはとても考えられないことでした。
ホントに隔世の感がします。
ま、実際あれから3世代くらい代替わりしてるわけだけど。(苦笑)
今後も彼らに期待です!
良い音楽ありがとう!!

松尾スズキ監督 『クワイエットルームにようこそ』

  • 2008/03/24(月) 23:45:39




途中ちょっとダレかけたけどなかなか楽しめました。

ただ、どこがどう良かったのかをまとめようと思ったんだけど、どうしてもうまくいかない。
ボロが出そうなんで諦めます。(汗)

それでもなんとか纏めると、
シニカルでブラックな笑いで包みながらも、人を見つめる目は冷徹ではあるんだけどどことなく暖かい。
って雰囲気がなんとなく奥田英朗さんの精神科医伊良部シリーズにも通じるような味わいでした。
奥田英朗さんのファンならこの映画も好きになるんじゃないかなぁ。
だから私も楽しめたんですけどね。
そういえば監督の松尾スズキさんて『イン・ザ・プール』に出てたんだっけ?
そっちの方は残念ながらあまり観たいという気が起きないんですけどね。(毒)

主演の内田有紀さんはなかなか良かったです。
ゲロを顔や髪に貼り付けての熱演でしたけど、役を’普通’に消化してました。
普通に消化するための頑張りが表に出ていないのが良かった。
竹○○子さんが『サイドカーに犬』で新境地を開いたってあれだけ評価されたのに、こちらはあんまりそういう声を聞かない。
不思議です。(笑)

クドカンも悪くは無かったけど。
だけど役者としてはオーラが足りないような気が。。。
やっぱ脚本家に専念してもらいたい。(苦笑)

オーラといえば何といっても蒼井優ちゃん。
この人の存在感はすごい。
画面に何気に映っているだけでオーラが伝わってきました。
若手の中ではピカイチじゃないでしょうか。

あと存在感といえば大竹しのぶさん。
この人はもう怪物ですね。
あのやらしい怖さってもう演技者として別格。

  ・
  ・
  ・

もう一人不思議な存在感を放っている人がいました。
ハリセンボンのはるかさん。
精神病棟の入院患者として全然違和感なく溶け込んでました。
ある意味スゴイ!(笑)

春の風情は煙いです。

  • 2008/03/23(日) 17:50:29

今日も午前中は春の温もりに誘われるようにポタに出かけました。
出かけた先は福島潟〜瓢湖〜月岡〜福島潟のもう一つの定番コース。

空気は先週と比べてもいっそう緩んできてました。
春だなぁなんて思いながら走っていると福島潟に到着。
福島潟では野焼きをやっていた。
春の風情だねぇなんて思いつつも煙い。煙いぞっ!
せっかくの春の空気が台無しだなんて。(苦笑)

また、幾つかの神社では奉納?みたいなことをやってました。
今年の豊作を祈ってかなぁ。
農家の皆さんも外に出てそろそろ田畑の準備に忙しそうにしてました。
能天気に自転車漕いでる私はなんだかバカみたいだ。(笑)

で、今日は注文したSPDシューズが届いたのでそのチェックも兼ねてました。
シューズは今回もオン/オフ兼用なんだけど三本ストラップなんでロードでも少しは違和感が無くなったかな。
ま、三本ストラップとはいっても一番安いヤツなんだけど。
でもトレッキング・シューズか?って以前のに比べると全然軽い!
う〜ん、足にハネが生えたようだ。(笑)
これは大げさだけどやっぱり足元が軽いって素晴らしい。
ペダル回してても気持ちが良いです。
買い換えて良かった!

とはいえ今日は体が重かった。
原因は昨日の午前中いっぱいやった今年最初の芝の手入れのせい。
結構大変なんです。芝の手入れって。
先ず去年の枯れた部分を芝刈り機で刈って、芝刈り機の届かない’へり’の部分を芝バサミで地道にカット。
そしてローンパンチを使ってエアレーション。
ここまでたっぷり3時間と滝の汗。ここで力尽きてしまった。(苦笑)
ホントはこの後で養生砂を全体にかけて肥料を撒いて終了なんだけど、養生砂もまだ買ってないし。
ま、いっか。ゴメンよ芝。(去年も同じこと言ってたような)
年取って体が動かなくなったらどうしよう?(汗)

ということで足腰肩首周りが痛い。
何故か自転車で使うところと一緒なんだよな。
ほんのチョットの向かい風が堪えること堪えること。
今日は少し心拍も上がってBGMを楽しむ余裕も無かった。

そんなこんなで息を少し切らしつつ12:30頃に無事に自宅に到着。
先週よりも汗かいたんで昼ビール(発泡酒)が美味いこと。
もっとあったかくなれ!
でも来週は仕事なんだよな。多分。チェッ。


走行距離:50.96km
平均速度:23.00km ←心拍上げて走ってこれだもん。(笑)


福島潟の野焼き。
何故か一眼レフ構えたカメラマンがいっぱいでした。



瓢湖の白鳥。



でも鴨の方が可愛いかったかな。



福島潟近くの新井郷川。
やすらぎ提とはくらぶべくもないですが。(苦笑)
でも川のほとりを走るのはいつだって気持ち良い。


『傷だらけの天使』

  • 2008/03/21(金) 23:59:54

何かと話題のというか、自分で話題を作ってるショーケンです。(苦笑)
時の流れの非情さが少し哀しくなってしまったわけですが。

まぁ、そんなこととは関係無く2週間ほど前からビデオを借りて、この大昔のドラマをぼちぼちと観始めてたところでした。
ホントはこの前エントリーした『祭りばやしが聞える』が観たかったんだけど
レンタルビデオさえも無いようなのでこちらを。。。





ただこの伝説のドラマ、昔は断片的にしかもほんのちょっとだけしか見れなかったのでなんの想い入れも無い。(汗)
初回放送時の’74〜75年っていえば新潟では民放がまだ2局しかなくて、この『傷だらけの天使』も確か平日の15時とか16時からなんてヤクザな時間にやってました。
ビデオデッキなんか姿形も無い時代、どうやって見ろっていうのさ!(笑)

続きを読む

サイモン&ガーファンクル 『冬の散歩道 ~S&Gスター・ボックス』

  • 2008/03/19(水) 23:58:17

カットマン・ブーチェの『Permanents』はネットで視聴したら半分が英語詩。
  ※半分が英語詩ではありませんでした。訂正します。'08/03/22"
日本語詩に拘る私には、ちょっと微妙なのでもう少し様子を見ることにしました。
う〜ん、残念。

代わりにというか(これを代わりと言う!?笑)
つい、このアルバムを中古で手に入れてしまった。





S&Gは中2の夏に映画『卒業』を観て、日本編集版の2枚組みベスト・アルバムを買ってしばらく気に入って聴いてました。
考えてみるとと初めて買った洋楽のアルバムでした。
ただ高校に入ってからロックに目覚めてなんだか古くさく感じてしまい捨ててしまった。
なんともはや若気の至りです。(苦笑)

続きを読む

『未来講師めぐる』 最終回

  • 2008/03/18(火) 23:20:50

やっと最終回をビデオでチェック。
相変わらず遅い!(笑)

クドカンものとしては最上では無かったけど、これはこれでやっぱり面白かった。
途中何回か観るの止めようと思ったんですけどね。(苦笑)

繰り返される’地獄さ落ちろ!’だとかのセリフは、コメディとはいえあんまり気分の良いものでは無かったし。
今回言葉遊びが目についたけど、このセリフだけは笑いに効果があったとは思えませんでした。
でも、最後は無難に明るく爽やかに纏めてくれました。

しかし深田恭子って何気にスゴ過ぎる。
このドラマは彼女無しではありえなかったですね。
こういう役やらせると上手いとかヘタとかの次元を超えてピッタリとハマってしまいます。
この自然さってホントになんなの?
さすが日本の誇るコメディエンヌ!
是非とも日本のゴールディ・ホーンを目指してもらいたい。
って古いか。

誰も分らんよね。(笑)

堤幸彦監督 『自虐の詩』

  • 2008/03/17(月) 23:25:23




原作のファンとしては、映画化が決まったときはこれをどう映画にすんの?と。
しかも主演が中谷美紀で監督が堤幸彦って。。。
多分観ることは無いだろうと思ってました。(苦笑)
でも、それなりの評判のようなので観てみることにしました。

映画はギャグとシリアスの部分を切り捨て選択と交通整理をして、原作の世界観をうまく表現してたんじゃないでしょうか?
特別ガッカリすることも無く面白く観ることが出来ました。
やっぱり幸江と熊本さんの再会シーンはジーンとしてしまいましたね。

まぁ実写版の落としどころとしてはこれしかないのかなって感じがします。
でも逆にこれが映画化の限界なんだろうなぁとも思います。
’幸や不幸はもういい’ってラスト。
あれが今ひとつ響いて来なかった。
あっ、でも全体悪くはないです。

それにしてもラーメン屋の主人と隣のオバチャン。
原作よりも良い味だしてました。
特にラーメン屋の主人を演じた遠藤憲一さん。
バツグンの哀愁!(笑)

中学時代の熊本さんもよく頑張ってました。
もっとスゴクても良かったけど。
ま、実写ではこれ以上無理か。(苦笑)

主演の中谷美紀さんも付けボクロ&ソバカスをして頑張ってはいましたが、みんなが指摘するようにやっぱりキレイ過ぎですね。
薄幸そうな感じがリアルじゃないもんね。

じゃ、誰が良いんだろうと。。。
う〜ん、室井滋さんがあと10歳若かったらねなんて。

監督の堤幸彦さんは、ケイゾクの映画版とかの無残な印象が強かったんですが、’映画監督として’も随分こなれたんですね。
これなら『20世紀少年』も期待出来る?
ま、そこそこ満足のいく出来上がりにはなるんでしょうね。(毒)

でもなぁ、主役のケンジが唐沢寿明って。。。
全然ロックじゃないよ。
こっちの原作にはそんなに想い入れは無いけど、ホントに原作読んでます?って感じです。
いっそのこと後半はエンケン本人にやってもらったら良いんじゃないかなんて。(苦笑)

あ〜あ、また横道にそれちゃった。
 
  ・
  ・
  ・

まだ原作を読んでなくて、この映画が面白かったって人は是非原作も読んで欲しいですね。
ジェットコースターのような大河ドラマが待ってます。
そして上巻がどんなにつまんなくても読み飛ばさない!
これが肝心です。(笑)

癒しの新潟島一周ポタ

  • 2008/03/16(日) 22:00:51

今日も朝から天気が良かったので、先週に引き続き午前中はポタに出てきました。
またも新潟島一周。
って私も芸が無いね。
でも雰囲気も好きだしポタポタ走るのに丁度良いんだよね。
スピード上げて走るところじゃないし。
ま、もともと出せないんだけどさ。

で、自転車から眺める景色や雰囲気は先週よりもまたいっそう春めいてきて、ただペダルを回して走ってるだけでホントに気持ちが良い。
冷や汗でない汗をかけるって良いモンです。(笑)

で、今日のBGMはCOCCOの『ザンサイアン』からの長田進プロデュース・セレクト。
気持ちの良い汗かきながら頭をニュートラルにして走ってたら、昨日のビッグスワンでやさぐれた気持ちもだいぶ癒されました。(泣)

帰りは若干時間に余裕があったので、みなとトンネルを通って佐上商会さんに寄り、SPDシューズと指切グローブを注文してきた。
シューズは6年も前の物だしMTB/ロード兼用にしてるんだけど、もともとMTBのツーリング・タイプなので、あんまり格好を気にしない私でもロードに乗るときはさすがにちょっと気恥ずかしいものがあった。
これで多少は見栄えが良くなる(だろう)。
届くのが楽しみだ♪

しかし店長さんとは新年会にも参加出来なかったので、お会いするのは4ヶ月ぶりでした。
ま、向こうは別にこんなオヤジとは会いたく無いだろうけど。
でもそういう素振りを一切見せないところがホントにエライっ!!(笑)

で、しばし談笑してから家路につきまして、帰ってからは恒例昼ビール(発泡酒)。
結構汗をかけたのでおいしく頂くことが出来ました。
また、これかい!
ってことなんだけど美味く感じられるうちは大丈夫(だろう)。

今週末も晴れると良いなぁ。
美味いビールが飲みたいもんね。(爆)

走行距離:43.98km
平均速度:遅っ!


アルビ 第2節 対FC東京戦

  • 2008/03/16(日) 18:28:00

【新潟vsF東京 2-3 2008/3/15 16:03】

悲惨なフットボール・ウィークエンドの幕開けとなりました。(苦笑)

もういい加減去年の成績を口にするのは止めようよと、いつものようにつまらない開幕セレモニーをやり過ごしてました。(殴!)
だって、天皇杯優勝チームが大した補強もしないで翌シーズンにJ2落ちって状況に事情は違うけど酷似してるでしょ。
もっと現実を見ようよ!

で、ようやくゲームが始まったらと思ったら開始12分で3失点。
一体この前半の駄目ップリって何なのさ!!

2点目はともかく1点目、3点目の情けなさって。
バックラインとボランチは去年と基本的にメンバー変わって無いだろ?
何やってんだよ!!!
普段マイ・チームにブーはしない自分だけど、3失点目は思わずブーしてしまった。

後半に入って盛り返しを見せるものの前半のやる気の無さ(?)が響いて結局2−3の敗戦。

救いは寺川と貴章の頑張りだけか。
テラの獅子奮迅振りは’02年シーズンを思わせるようだったけど、
だけどあれだけ頑張りが目立つってのもチームとしては。。。

貴章は去年に比べて迫力や圧力が増したようだった。
これが代表効果?
2点目のゴールは慌てずふかさず(苦笑)で見事だった。
こういうプレーを続けていれば代表にもまた呼んでもらえるよ。
素直に頼もしい限りです。

あと内田。
やっぱりケガの影響か昨日はクロスの精度があんまりだなと思ってたらやってくれました。
ビューティフル・ゴール!さすが仕事人!!

そして新外国人。
先ずはダヴィ。
足が遅そうなのはあれだけど、ボールの扱いも上手そうなんで、もう少し日本のプレーに慣れて、マルシオが戻って来てコンビネーションがとれたら面白そうな存在になるかも。
それまで待てればだけど。

最後に期待のアレッサンドロ。(苦笑)
この人、今の新潟で点を取ることが出来るんだろうか。。。


しかし、J1に上がってホーム開幕線で初めての敗戦&開幕2連敗かぁ。
なんだかなぁと。。。
対戦スケジュールを見てると開幕6連敗も7連敗も有り得るね。
どことやっても勝てる気がしない。
だって今年のチーム、核になる人間がいないんだもの
ホント、核だった人間はみんないなくなっちゃったんだよなってことを改めて思い知らされた。
(マルシオだけは別だけど。早く戻って来て!)

一昨日はシンドクなりそうって書いたけど、既にシンドイ。(笑)
確信しました。
今年はホントにヤバイ。
選手・監督だけなく、フロントも相当に危機感をもって挑んでいかないと間違いなく降格だね。
多分。

  ・
  ・
  ・

昨日はゲーム以外でもイヤなことが。

N2をゴール裏と勘違いしているオカアチャン&オバカ家族。
最初は大目にみていたんだけど、ゲームが始まってもこの状態。
ゴールマウスが欠けて見えないしで、堪らず注意したけどね。(もちろん冷静に)

ゲームが終わったらまたやってました。
自分の顔の前に上げりゃいいじゃん!
こういう人間が一番タチが悪い。
やったもん勝ちの風潮ってなんだかなぁです。
ホント、昨日はヤナことばっかりだ。(苦笑)



ユニコーン 『デーゲーム』 〜 フットボール・ウィークエンド?

  • 2008/03/14(金) 23:02:42

Jリーグのホーム開幕戦が近づいてくると、決まってこの歌が聴きたくなってしまいます。
サッカーではなく野球の歌なんだけど。
でもこの野球への憧憬に溢れた歌を聴いていると、
今年のアルビはどうなん?
明日のゲームは?
早く明日にならんかな!
って、なんともソワソワと気持ちが高ぶってくるんですよね。

あっ、でも、聴きたくなるのはオリジナル・バージョンの方なんですけどね。
二郎さん、スイマセン!(大汗)




で聴いてて思うのはユニコーンや広島の人達は、子供の頃から自然にカープを通して野球を楽しんできたんだろうなって当たり前のこと。
ベースボール・ウィークエンドも何も特別なことじゃなく、何十年も前から普通に’そこに’あったものなんだよね。
そこらへんが、な〜〜〜んっにも無かった新潟で生まれ育った私にはとても羨ましく感じるところです。

でも新潟だってあと10年もすれば、子供の頃からアルビが自然に’そこに’あった人達でいっぱいになる(ハズだ)。
羨ましくなんか無い!(笑)


ということで前置きが長くなってしまったけど(苦笑)、
明日はフットボール・ウィークエンド。
いよいよアルビの2008年シーズンのホーム開幕戦。
なんだかんだでやっぱりドキドキワクワクしてきました。

とはいっても今年は不安が大きいね。
というより大きすぎるだろ。(汗)
我慢のシーズンになるんだろうなぁ。
ホントにキッツイことになりそうだ。
それでも来年につながるゲームを魅せて欲しい。
って、もう来年かよっ!(爆)

  ・
  ・
  ・

うん、先ずは明日!
明日っ!!

柳ジョージ 『祭りばやしが聞こえるのテーマ』

  • 2008/03/12(水) 23:00:37

ロン・ウッドの『ファー・イースト・マン』で’70年代の薫りに浸っていたらなんとなくこの歌を思い出してしまった。
こちらも同じような匂いのするミディアム/スローの名曲です。

この歌のファースト・リリースは’77年。多分。。。(汗)
歌はすすり泣くようなギターが印象的で、
ベースやドラムにブラスが入ってきて段々と盛り上がりをみせます。
日本語の歌詞も自然にメロディやリズムに乗って切なさを醸し出してるし、その切なさを煽るような柳ジョージのジョー・コッカーを思い起こさせる歌いっぷりもまた最高でした。
(本人はジョー・コッカーはダイッキライだったらしいが(笑))

今、新曲として提示されても充分通じるんじゃないかなぁ。
まぁ、’ベイベェ’を連発するのだけはちょっといただけないけど。(苦笑)

そして少し後で買った柳ジョージのファースト・アルバムはこの歌が目当だった。
完全に洋楽かぶれだった自分が日本物を聴きたいなんて珍しいことでした。
でも期待の歌はアレンジが変わり少し平凡な感じになってて、こんなだったかなぁ?なんて。
他には『時は流れて』だとか良い歌もそこそこは入っていたんだけど
アルバム全体としてはサウンドもショボイしで今一つって感じだった。
小遣いをやりくりしていた高校生の私はかなり後悔したもんでした。
(昔も今もあんまり変わらんね。(笑))

ただサントラ・バージョンはホントにカッコ良い!
サントラ持ってないけど。(爆)




この歌を主題歌にしたショーケン主演のTVドラマ『祭りばやしが聞こえる』
今の時代にはなかなか望めない人間模様をちゃんと描いて記憶に残る良いドラマでした。
山崎努のヤンチャなオヤジ振りも最高だった。(笑)
もう一回観たいなぁ。
DVD化&レンタルを切に希望!

しかし、この頃のショーケンって無敵のカッコ良さ。
月日ってのは残酷なもので。。。


良かった。良かった。

  • 2008/03/11(火) 23:39:00

小娘が第一志望の高校になんとか滑り込めた。

大した学校では無いけど半分諦めていたので(オイ!)素直に嬉しい。
ホント、1月の模試の結果を見せられたときは目の前が真っ暗に。。。(苦笑)
うん、まぁよく頑張ったよ。

それにしても、もし駄目だったら超緊縮財政が待っていたのでホッとした。
これで今年も心置きなく自転車で遊びほうけてられる。
って、また自分のことかい!(笑)

何はともあれホントに良かった。
うん、今日はビールが美味かった。
小娘、ありがとね。
おめでとっ!