近藤史恵 『サクリファイス』

  • 2007/11/22(木) 23:10:43

2007/11/22(水) 読了



第1章の冒頭の3行は、(自転車の)ロードバイクに乗ったことのある人間であれば、
そう、そう!その感覚!!と思わず嬉しくなってしまうような文章だった。
これは絶対に面白くなるに違いないと期待を持って読み始めた。

なんだけど。。。
本の帯には絶対に損はしませんとあったけど、確かに損はしなかったけど得した感じもしなかった。
ある青年の成長を、自転車のロードレ−スに興味が無い人から見たら理不尽にも感じるだろう『エース』『アシスト』『チーム』の役割を、うまく紹介しながらミステリーを絡ませてよく読ませてくれたとは思うけど。


続きを読む