業田良家 『自虐の詩』

  • 2007/08/31(金) 23:55:19





業田良家氏は大好きな漫画家の一人。
そのきっかけとなったのがこの『自虐の詩』。
このマンガを手にしたのは10年ほど前のこと。
書評で大河ドラマとして絶賛されていたから。
雑誌の連載中に途切れ途切れに立ち読み(汗)していたときの記憶では普通の4コマ漫画だった筈。
なのに大河ドラマ?って。
ということで興味が沸いて読んでみた。

続きを読む

(would you wellcome please!) ザ・ローリング・ストーンズ !! 

  • 2007/08/28(火) 23:55:08

現在進行形のストーンズに興味を失くしてから早やもう15年ほど。
だけど『ストーンズ ツアー見納めか?』なんていう記事を見かけるとやっぱり寂しくなってしまう。

ストーンズは高2の頃に初めて『ラブ・ユー・ライブ』を聴いて大好きになった。
『女たち』『ブラック&ブルー』『スティッキー・フィンガーズ』。。。大好きだったアルバムの数々。
その熱は20代に入ってからもまだまだ続いていた。
ライブ映画『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』も仕事帰りに映画館に寄って、初めてのライブ体験だとか言ってワクワクしながら見たっけ。

続きを読む

アルビ 第22節 対清水戦

  • 2007/08/27(月) 23:33:26

【新潟vs 清水 0-2 2007/8/26 18:00】

前回の名古屋戦は体調不良でお休みしたので約2ヶ月振りの観戦。
ホントに久しぶりだったので、選手のウォーム・アップの時からもうワクワクしまくりだった。
いやぁ、やっぱ生は良いわぁ。

続きを読む

ひまわり/夏目雅子さんの思い出

  • 2007/08/24(金) 23:55:22

昨日、ネットのニュースで女優の夏目雅子さんの生涯を描いたドラマが9月に放送されるのを知った。

夏目雅子さん、大好きだったなぁ。
カネボーのCMでデビューした時からのファンだった。
綺麗で、明るくて、スタイルも良くて。。。
少し年上のホントに憧れの人だった。(照れ)

亡くなった日のことはいまだに覚えてる。
あの日は上越のお客さんの事務室で作業をしていた。
社長の方針でエアコンが付いてなくて、まだまだ残暑が厳しい頃で汗をかきながら仕事をしていた。
BGM代わりに流れていたラジオから訃報が流れてきた。
『本日、女優の夏目雅子さんが。。。』
えっ、まさか。。。亡くなっちゃったんだ。。。
少し脱力してしまい社長に休憩しますって断って少し外に出てタバコを一本吸ってから仕事に戻ったっけかな。
正直ジョン・レノンが亡くなった時よりもショックだった。(苦笑)

彼女の一番の思い出は婚約会見での笑顔。
ホントに輝くような笑顔だった。
多分あの時が一番綺麗だったんじゃないかなぁ。
そしてその笑顔を見て、ちょっと伊集院氏に嫉妬した。
嫉妬してもしょうがないのにね。(笑)

奥田英郎 『空中ブランコ』

  • 2007/08/22(水) 20:54:15

2007/8/19(日) 読了。

『イン・ザ・プール』の続編。
前作と変わらぬ肌触り。
でも前作よりもブラックな感じが多少薄れて患者達への視線はより暖かいものになったような気がする。
そのせいか、笑いの質だとかシミジミ感がより深まったように感じた。
表題作なんかホントにジーンとしてしまった。

完全にこの人のファンになっちゃったなぁ。
さぁ、次はどれを読もう?(笑)

『パパとムスメの七日間』

  • 2007/08/21(火) 23:56:24

あっというに間に終っちゃったなぁ。
今年の夏〜秋クールの中では一番好きなドラマだった。
というよりもこれしか見ていなかった。(笑)

続きを読む

はちみつぱい 『センチメンタル通り』

  • 2007/08/20(月) 23:48:39



先週金曜日の夜は仕事を終えて久しぶりに中古CD屋に寄ってきた。
欲しいCDは見当たらず、じゃぁ『はっぴぃえんど』でもないかと『は』の列を探していたらこれがあった。(笑)
新潟の中古CD屋では先ずお目にかからないしケースの状態も良いようなので買ってしまった。
でも実は『ムーンライダース』は何枚か持っているもののあんまり相性が良くない。
ただ初期の『火の玉ボーイ』だけは聞いてみたいと思っていた。
『はちみつぱい』は『ムーンライダース』の前身バンドにあたるわけなのでこれでも初期は初期かと恐る恐る、そしてちょっとだけ期待を込めて聴いてみた。。。

続きを読む

ポタ&サイクリング 『佐潟公園』

  • 2007/08/19(日) 21:55:18

今日はポタ&サイクリングに行って来た。
体調はいまひとつ。だけどもう3週間も乗れなかったし来週も所用があるので今日はもうどうしても走りたかった。
ただあんまり暑いとさすがにこの体調では持ちそうにないので少しだけ早起きして午前中の涼しいうちだけ走ることにした。
早起きとはいっても6時起き。
でも朝が大の苦手なのでこれがもう限界。これでも良く起きれたもんだ。
まぁ、土曜日は遅くまでDVDやCDなんか聴いてないで早く寝なさいってことなんだろうけど。
数少ない楽しみはあんまり切り詰められない。(苦笑)

続きを読む

奥田英朗 『イン・ザ・プール』

  • 2007/08/17(金) 23:55:54

2007/8/12 読了

どこか捩れた精神科医と、そこを訪れるどこか歪んだ患者達の物語。
精神科医の捩れ具合がうまい具合に一回転するころ患者も快方に向かうというありがちと言えばありがちな展開。
でもシニカルたっぷりではあっても突き放さずに暖かい目線をもって描いていてくれるので後味もなかなか爽やかで良い。

個人的にはだんだんと素が出てくる(?)コンパニオンのオネーサンのお話が一番良かったかな。

しかし、この奥田英朗っていう人はこうしたどこか捩れた人を書くのが得意なのかな?
こないだ読んだ『サウスバウンド』もそうだったし。
でもこういうのはキライじゃない。っていうよりも大好きだ。
遅ればせながらファンになりました。
次は直木賞受賞の『空中ブランコ』だな。
(図書館)貸し出し中でないと良いけど。(苦笑)

ブルー・ナイル 『ピース・アット・ラスト』

  • 2007/08/17(金) 23:53:37



ここ10年ほどの間で自分の5指に入るアルバム。

アコースティックな肌触りの中にシンセが絶妙に絡むサウンドプロダクション。
『諦念と希望』『生への喜びと不安・哀しみ』そんな感情が見事に溶け合い一つになった歌詞。
祈りのように聞こえる静かで激しいラブソングの数々。
なかでもポール・ブキャナンの味わい深いボーカルが素晴らしい。

癒しって言葉はあんまり好きじゃないけど、いろんなことに少し疲れ始めた人には優しいアルバムです。
ま、ワタシにピッタリってわけか。(笑)

【蛇足】
自分はそれまでブルー・ナイルのことを良く知らなかったんだけど、ライナー・ノーツに元ザ・バンドのリーダーだったロビー・ロバートソンのセカンド・アルバムに参加ってある。
えっ、こんな印象的な声の人いたっけかなぁと思ってそのアルバムを引っ張りだすと、そのアルバムで一番好きだった歌に参加していた。
ワタシはそのボーカルはやっぱりザ・バンドのボーカルの中で一番好きだった、リチャード・マニュエルの生前のテイクをうまく当てはめて使ったものだとばかり思っていた。
そうか、あれはポール・ブキャナンだったんだ?とビックリした。
まったく、思い込みとは力強いものだ。(苦笑)

『それでもボクはやってない』

  • 2007/08/16(木) 23:22:05

この前の日曜日に運良くレンタルDVDが一枚残っていたので早速借りてきた。

周防監督11年振りの渾身の真っ向勝負のど真ん中ストレートでした。
もう全然笑わせてくれない。
日本の司法制度の持つ恐さをこれでもかっていうくらいひたすらリアルに見せつけてくれる。
脚本を含めてよく細部まで練り上げたもんだと思います。
でも学習成果をドキュメンタリー風にただまとめて見せるのではなく、ちゃんとサスペンフルな娯楽作品として仕上げていた。
さすが周防監督ってとこでしょうか。
って言うよりもこんなにスゴイ監督だったんだ。

続きを読む

アルビ 第20節 対名古屋戦

  • 2007/08/15(水) 23:15:05

朝からなんとなく体調不良で、明日から仕事ということもあり大事をとって今回は観戦を差し控えた。
今日は多分大丈夫だろうとは思ってはいたけど4−0の快勝とは!
あ〜ぁ。ホントに後悔先に立たずだ。
でもやっぱり今日は体力的に無理だったよな。。。

まぁ、しょうがない。先は長いさ!(笑)
次節以降も頑張ってくれ!!