中高年モーターサイクリストへの道 最後(で初め)の1歩

  • 2010/05/02(日) 21:40:00

DEBUT! 〜 feets don't fail me now 〜


CB223Sの納車は昨日の午後だった。
一番恐れていたあの方は再噴火することこそ無かったもののメキメキと音を立てて機嫌が悪くなっていくのが手に取るように分った。

あ〜、もういい加減に勘弁してくれないかな!(苦笑)

しかもいくつかの計算違いや想定外のことも重なり結局、昨日は乗れずじまいだった。


今日もその計算違いをなんとかしていかないと気持ちよくバイクに乗れないとは思ったものの・・・・・


宿題は後回しだ!



だってこんな美味しそうなニンジンを目の前にぶら下げられているのだ!!


ということで辛抱堪らず今朝は9時にCB223Sに跨って150kmほどを走ってきた♪





コースは月岡〜赤谷〜三川〜村松〜五泉〜安田のOCRのツーリングコースだ。
人力のバイクで楽しいコースはきっとモーター(エンジン)付きのバイクであっても楽しい筈なのだ。

最初はさすがに免許を取って初めての公道。
しかも跨るバイクも初めてという初尽くし。
さすがに緊張して車の流れに乗って60kmを出すのもやっとという有様だった。(汗)


でも1時間ほど乗っていたら少しは慣れてきたようで風を切って走っているのがとても楽しくなってきた。

CB223Sのコンパクトで軽い車体と223ccという中途半端な排気量のおかげで16PSというほどよい力の無さ加減?が私のようなど素人には丁度良いんだろう。(苦笑)
アクセルを不用意に開けてもガツっ!と加速してギクシャクすることもない。
コーナーなんかでの身体とバイクとの対話がなんとも愉しい♪

まぁ、軽2輪と言うだけあって動力性能は自然吸気の軽自動車並のようだ。
慣れてきたら直ぐにモア・パワーを!!
ってなりそうなのがヤバイのだが。(笑)

でも当たり前のことだけどガソリンが有る限りは多少の上り坂だろうがどこまでも走っていけるということが素晴らしい。
私にとっては本当に”頼もしい足”なのだ。
しかも純粋に楽しむ為だけの。


妄想に浮かされて新しい扉を叩いてしまったがどうやら間違いでは無かったようだ。
中高年には些細な間違いももう許されないのだ。
少しほっとした。(笑)

さて連休はまだ残り3日もある。

もっともっとバイクに慣れるのだ!

  ・
  ・
  ・

と思っていたら明日明後日とカミサンの実家に急遽強制連行が決まってしまった。。。orz

やり残した宿題も中途半端で終わっているのに!

でもまぁ、私のバイクライフは始まったばかりなのだ。


ここは少しでもポイントを稼いでおくのだ。(苦笑)



中高年モーターサイクリストへの道 完!

中高年モーターサイクリストへの道 第3歩 〜 普通自動二輪免許取得編 〜 ?

  • 2010/04/30(金) 23:30:17

〜 妄想の結実 〜


○卒業検定まで中二日

第二段階が終わってから卒検まで二日が空いてしまった。
なるべく連続して卒検になだれ込みたかったのだが雨の日に教習を受けたくなかったのだ。(汗)
今年はいつまでたっても寒い。

なのでその分たっぷりとイメージ・トレーニングだ♪

  ・
  ・
  ・

イメージが浮かばねぇ!

頭の中でさえどうやっても一本橋を無事に渡り切れない。。。orz

変な汗までかいてしまう。(爆)


もともとコツをつかんだってわけではないのだ。

う〜む・・・・・

卒検に落ちると再試験でまた約12,000円。

絶対に失敗するわけにはいかない!(泣)


とりあえず分かっているのは、最初に一本橋にうまく上がれないと私には途中でバランスを修正するのは難しいということだ。

うまくいったときはなんとなくスーっと発進してタンタンと安定して一本橋に上がっていたような気がする???

って、なんでこんなに抽象的なのだ!?(汗)


それでもなんとしても安定して一本橋に上がるのだ。
そのためには停車線よりも50cmほど手前に停車して、少しでも助走距離を長くとって車体を安定させるのだ。
せこいけど。(笑)

あとは・・・・・


なんとかなるだろう。。。orz


○15日目 卒業検定


さて試験の当日だ。

12時から試験の説明を受けて13時から試験の開始。

落ちたらまた12,000円!

ってフレーズがどうやっても頭から離れない。(苦笑)

おかげで朝から緊張しまくりだ。


もちろんこうすれば大丈夫ってイメージが最後までつかめなかったからだ。

まったく一本橋はいちかばちかの賭けのようなものなのだ。


でそんなプレッシャーに凝り固まった私にも卒検の時がやってきた。

バイクにまたがったらやっと過剰なプレッシャーが消えた。

大きな失敗も無く(自分では)課題をやりすごす。

コースだけはイメトレのおかげでバッチリだ!

コースだけは・・・・・(苦笑)


そして運命の一本橋。

  ・
  ・
  ・

フォーっ!

なんとか渡り切った!!

多分課題の8秒以上には届かなかったと思うがそんな些細?なことに構っていられるか!?(爆)
とにかく脱輪しないで渡り切れば良いのだ!


後は外周を回ってゴールするだけだ♪

と外周に向けて出ようとしたら次の交差点で大型車が発進しようとしている?

ここは最後の課題で何がなんでも時速40kmを出さねばならない。
途中他の教習車が邪魔になるようならやり過ごさねばならない。

一旦は待つかと思ったが・・・・・

こっちが優先だった!

ここでパニックった。
気がついたら50km出てるし!
3速か4速かもわからんしウィンカーも消し忘れてるし・・・・・

とりあえずゴール。


一応脱輪やパイロンの倒し無しに最後まで走りきれればよほどの事が無い限りは合格だと聞いているが、最後の最後にパニックッたのがどうしても気にかかる。

多分大丈夫だと思いつつも結果を聞くまではどうにも落ち着かない。

  ・
  ・
  ・

合格!!

良かったぁ♪

追加料金を払わないで済む〜♪♪

済む〜〜っ♪♪♪

って本当に切実だったのだ。(大汗)

だって乗り越しのおかげでキャンプツーリングの為に欲しかったあれやこれやのグッズが買えなくなってしまったのだ。。。orz

これではもともとキャンプツーリングがしたくてバイクに乗ろうと思ったのが本末転倒も良い所なのだ!(涙)



とはいえこれで長くて辛かった普通自動二輪免許取得に向けた3週間が終わりを告げたのだ。
あのデフレスパイラルの日々ともお別れだ。

そして正月明けから熱に浮かされてしまった妄想がようやく現実のものとなる。
いよいよモーターサイクリストとしてスタートラインに立つことが出来る。

最後は息も絶え絶えという感じだったけどあの四面楚歌の状況で我ながら良く頑張ったと思うのだ。

うん。。。(後ろ手に遠い目)

後は自転車で去年、一昨年と2年連続でヘルメットを割ってしまった私だ。(爆)
くれぐれも事故や怪我の無いよう気をつけていこうと思う。


そして楽しい”何か”が待っていてくれることを祈るのだ。


  ・
  ・
  ・

それにしても完全に読み間違えていた。

モーターサイクリストへの道で最大の難関は休煙でもなくバイク探しでもなくましてや免許取得でもなかった。


いうまでもなくそれは・・・・・


活火山からようやく休火山化してきているとはいえちょっとした刺激で直ぐにまた噴火してしまうだろう。

肝心のバイク。

どうやって自宅に持ち帰ればいいのだ、アン?

中高年モーターサイクリストへの道 第3歩 〜 普通自動二輪免許取得編 〜 ?

  • 2010/04/29(木) 20:00:00

〜 1本橋地獄 〜


○2日目 第一段階/3〜4時間

初日に比べれば大分バイクに慣れてきた。
外周を走ってるだけであればちょっとだけ楽しい♪

そして4時間目の最後にスラロームと1本橋の練習をする。
スラロームはともかく1本橋がコツをつかめそうにない気がする。

とてもイヤな予感がする。


○3〜6日 第一段階/5〜9時間

来る日も来る日も一本橋。

イヤな予感は良く当たる。


嵌った。。。orz


1本橋。


全然だめだ!

指導員の言っていることは全身全霊を込めて理解しているつもりだ。
自分だってこうすれば良いのだろうとやりたいことは分かっている。


が、

出来ない。

なんで出来ない!?

もどかしさの極みとはこういうことを言うんだろう。

自分がとんでもないバカに思えてくる。


教習所で凹み家に帰れば針のムシロでさらに凹む。

一体何時間の乗り越しになるのかと憂鬱になる。

そしてまた教習所で凹んで・・・・


気分は日々重くなる一方だ。


1月の後半から妄想の熱に浮かされてここまで勢いでやってきた。

だけどこに来て息が切れてしまった。

完全に失速だ。


デフレ・スパイラルの日々。。。orz (泣)



○7日目 第一段階/10〜11時間

ようやく一本橋地獄から脱出だ。

コツつかんだわけではなくてなんとなく慣れてきたという感じだ。
成功率もまだ6〜7割りでしかない。

でもやっと次の課題のS字とクランクに進めた。

来る日も来る日も一本橋だったことを思えばS字とクランクの課題さえ面白い♪

っていうか一本橋に比べれば随分と簡単に思える。


○8〜9日目 第一段階/12〜15時間

やっと第一段階が終了した!

しかし喜んでばかりはいられない。

もう6時間の乗り越しが確定だ。

1時間あたり4,410円の追加料金を支払わねばならない。。。orz

予算はもともとギリギリだったのだ。

この先いったいどれだけ乗り越しになるんだろうと思うとますます憂鬱になる。

教習所に通う足取りは重い。


○10〜11日目 第二段階/1〜3時間

卒業検定を意識して今日からコースの練習だ。

心配だった急制動もなんとかなりそうだ♪

これ以上の乗り越しは多分無いかも?

とちょっと気が楽になった。


しかしいつものように3時間目の配車表を受け取ろうと端末に入力したらエラーになって焦ってしまった。


そうですか、ここから乗り越しなんですね?

追加料金を払えと。。。orz


まったく教習所ってなんて非情なところなのか!(笑)



○12〜14日目 第二段階/4〜8時間

12日目はまず6時間分の乗り越し料金を払うところから始まった。

貯めるのはあんなに苦労するのに出て行くときはいつもあっと云う間だ。(苦笑)


しかし第二段階はこれまでの課題を検定試験のコースを使って復習となるので
いたって順調だった。
乗り越し無しで見極めも無事に通ってめでたく第二段階が終了した。


ただ個人的にはシュミレーションの3時間と学科1時間は時間の無駄というか
無くても良いものだと思う。

その分教習料金を抑えて欲しいと切実に思うのだ。(泣)


続くっ!

中高年モーターサイクリストへの道 第3歩 〜 普通自動二輪免許取得編 〜 ?

  • 2010/04/28(水) 22:11:06

〜 入校初日まで 〜

モーターサイクリストへの壁の高さや難易度はこんな順番だろうと思っていた。

休煙>中古バイク探し>免許取得


ところがここまでは自分でも本当に出来るのか半信半疑だった休煙が殊のほか順調だった。

そして次になかなか難しいだろうと思っていた中古のバイク探し。
これも本当に運良く絶妙のタイミングで注文通りのタマが見つかった。



なんだ、あとはもう免許を取るだけじゃん♪


なんて・・・・・


正直なめていた。

免許なんて金を払って教習所から貰うもんだろうくらいに思っていた。

が、もともと運動神経が乏しいうえ中高年になり自分がますます鈍くなっていたことをすっかり忘れてしまっていた。


まったく!

いくつになっても甘かぁねぇ!!



○暗雲が垂れ込めた入校3日前


携帯の着信履歴を確認するとカミサンから電話があったのは3月31日の16:25分だった。

電話からは妙な切迫感と少し困惑気味の猜疑心が伝わってきた。


自宅に送られてこないはずの私が組んだバイクの購入ローン(@自腹なのに)の支払い予定明細が送られてきたのだ。


ばれた。。。orz


最高のタイミングでカミング・アウトするつもりだったのにどうしてくれるのか!

ブログのタイトルは”うちに帰ろう”。

皮肉なものだ。(苦笑)

今日は本当にうちに帰りたくない。

気が重すぎる。



帰りたくねぇ〜。

  ・
  ・
  ・

帰った。


とりつくしまもない。

この上もなく家の中の空気が重い。

(カミサンの)視線が痛い。

つっ、辛過ぎる!


この日から家に帰るということは針のムシロに座ると同義語になった。


○入校初日 第一段階/1〜2時間

みぞおちは鉛を飲み込んだように重いが入校初日ということでちょっとだけワクワクする。
いよいよ最終章に突入なのだ。


指導員から簡単にバイクの操作の説明を受ける。
幸いなことにマニュアル・バイクの両手両足の使い方は30年以上も経つのになんとか身体が覚えていた♪


でも文字通り覚えていただけだった。


400ccのバイクってこんなにも重くてデカイものだったのか?
外周をスムーズに走ることさえ難しい。
バイクに乗っていてもなんだか全然楽しくない。

変な汗が滲んでくる。
やっぱ自分にはバイクなんて向いていないんじゃないか?
でももうローンも組んじゃったし!
手付けも払っちゃたぞ!!

カミサンの顔が浮かぶ。



心が折れそうだ。。。orz




でも今から振り返るとこの時はまだまだ序の口だったのだ。



続くっ!

中高年モーターサイクリストへの道 第2歩  〜 バイク探し編 〜 ?

  • 2010/04/23(金) 21:00:00

近くのバイク・ショップを何件か回り始めたのは2月の中旬くらいからだった。
資金の目処もまだたってないし休煙もまだ初めていない頃で我ながら気が早いとは思ったがとりあえずは地元の情報収集だ。
もちろんこの時点では具体的にどうこうするつもりなんて全然無かったのだ。

自動車学校ももともと4月からと思っていたしバイクだって5月の連休前後くらいまでに用意出来ればと気楽に構えていた。

そんな中で分かったのはST250は不人気車種?故にタマが無く新潟で探すのは難しそうだということだ。
しかも中古相場もバイク○ロスなんかで見るよりもここ新潟は5〜10万ほど高そうだ。
これではそもそも手も足も出ない。。。orz

なかなか条件の合う中古バイクを探すのは厳しそうだ。

ふっ、つくづく貧乏って素敵♪♪♪(汗)


そしてなんとか資金繰りの目処が立った2月の終わり。
休煙を始めてまだ間もない頃だ。
気分転換を兼ねて思い切って悪名高いレッ○○ンに行ってみた。

ここはさすが全国チェーン。
3年落ちで程度もまずまず良さそうなST250が他店舗にあった。
でも免許取得キャンペーンの3万円引きを使っても予算よかは7万オーバー。
関東・関西にくらべるとやっぱり5万ほど高いのだ。
しかもタンクに10cmほどの傷があるという事なのにその写真も見せてもらえない。
違う支店に行ったら仮契約を迫られるし。

う〜む・・・・・


と何気にヤフオクを見ていたら程度の良さそうなCB223Sが出品されていた。
調べてみるとなんと自宅から車で15分程度にあるショップだ。

とりあえず行ってみるとこちらも予算の8万オーバー。
でも写真で見るよりも実物はずっと素敵だった。
しかも去年7月登録で総距離も2,500km程度でピッカピカだ。
正に程度は極上だ。
それにあったら良いなと思っていたメーター・バイザーやタンクサイドプロテクトだとか
バッグまでついている。

う〜む、う〜む。


スタイルは正直ST250の方が好きだ。
でもまさか新車ならいざしらず中古をみずてんで買うわけにはいかない。
それに相場よりも高いのもやっぱり気に入らない。
この値段であれば関東圏ならもっともっと程度の良い物が手に入るのだ。
それに仮契約の件でちょっと不信感も募ってる。

う〜む、う〜む、う〜む。


対してCB223S。

予算は確かにオーバーなのだが相場と比べて高いということはない。
むしろ良心的といえる価格なのだ。
それにもともと最初に興味を引いたバイクだ。
極上度合いも自分の目で確かめている。

多分、こんな程度極上の中古には滅多に出会うことは無いだろう。
中古ってやっぱり一期一会の世界だ。
タイミングが命。


だんだんと自分のために売りに出されているような気がしてくるのである。

そう・・・


自分のために下取りに出されたバイクなのだ。



またぞろ思い込みという名の妄想が始まった!
こうなるともう決まったも同然だ。(苦笑)

最初は怖そうに思えたショップの店長も何回か足を運ぶ内に笑顔を見せてくれるようになった。
ヘルメットもサービスでおまけしてくれるというし。

こっ、怖くないのかも!?

いやね、長い付き合いになると思うのでこういうのも大事なのだ。(笑)


ということで3月10日には手付けを払って仮契約をしてしまった。

バイク探しはもうこの時点で決着してしまった。


予算オーバー?

それは月々中古CDを一枚我慢すれば良い!(苦笑)
ここまで来たら細かいことにはもう構っていられない。
勢いあるのみだ。

でも 一応は”NO MUSIC NO LIFE” を標榜する私だ。
支払いが始まればすぐに後悔するんだろう。。。orz


ということでもう後には引き返せない。
自分で自分の外堀を完全に埋めてしまった。


さて、これであとは普通自動二輪免許を取るだけだ!





泣きの第3歩へ続くっ!

中高年モーターサイクリストへの道 第2歩  〜 バイク探し編 〜 ?

  • 2010/04/21(水) 21:00:00

懸案事項の資金繰り!?


休煙を始めてみたもののまだまだ足りないのだ。

これには困った。

他に何か削れるものはないか?

  ・
  ・
  ・

懸命に考えた。

しかし常日ごろから削りに削って生活している私だ。(笑)

他に何を削れと?



それでも懸命に考えるのだ。

  ・
  ・
  ・

ね〜よっ!ったく!!

もう携帯でも止めちゃうか・・・・・(汗)


携帯?

?????

今年の5月でauの2年縛りのフルサポート・コースが切れる筈・・・・・
私はもともと携帯はほとんど使わない。
縛りが取れてシンプル・プランに変更すると?
数千円が浮く・・・・・
みたいだ!?

まさかこんなところで!

神は私を見捨てなかった〜〜〜♪♪♪

一応、仏教徒なんだけどさ。



何はともあれめでたく資金の目処もたったところで肝心のバイク選びなのだ。

でもこれはある意味楽だった。

250CCクラスで昔ながらのバイクらしい形で、そしてここが一番大事なのだが


中古で安く買えるバイク。(笑)


というともう以下の3つしかない。

○ホンダ  CB223S
○カワサキ  エストレヤ
○スズキ  ST250


最初に興味を引いたのがCB223S。
私はバイクというとホンダとかCBだとかが刷り込まれている人間なのだ。(苦笑)
だから最初にCB223Sに興味が引かれるのは仕方が無いのだ。

まぁ、こいつをCBと呼ぶのはちょいと抵抗もあるのだが、オヤジが乗るにはちょうど良いコンサバ加減のスタイルなのだ。(コンサバ過ぎかも?)
ただ販売されてからまだそんなに年数も経ってない上に不人気車種なので(笑)中古のタマがそもそも出ていない筈。
予算内で収めるのは無理だろうということで却下。


次にエストレヤ。

この中では新車価格は一番高いんだけど古くから販売されているそれなりの人気車種らしい。
これなら中古で予算内のタマを探すのもそんなに難しくはなさそうだ。
でも・・・・・
自分にはちょっとレトロ加減が甘すぎるように見える。
私のような見た目がちょい良いオヤジ?には向かないのだ。(爆)


となると残りはST250

だけどこいつの第一印象は悪かった。
だってスズキのHPなどで見る写真はみんなズングリ丸っこくてカッコ悪いなと・・・・・

でもネットでいろんな写真を見ていると現物はずっとシャープそうだ。
特に紺系のカラーが良い。
それにスタイリングもこれくらいのレトロっぽい感じが自分には一番好ましい。

見ているうちに段々どうしようもなくカッコ良く見えてくるから不思議だ。
これがきっと親の欲目というものだ。(苦笑)

バイク○ロスだとかでチェックしている限りではそこそこの程度のものでもなんとか予算内で収まりそうだ♪

ということで第一候補はST250で探すことにするのだ。



続くっ!

中高年モーターサイクリストへの道 第1歩 〜 休煙苦闘編 〜 ?

  • 2010/04/15(木) 21:00:00

〜 総括 〜


まだまま予断を許さないのに総括もないだろう!

と思うのだけど一応の一区切りということで。(汗)


で・・・


休煙苦闘編と謳ってる割には考えていたよりもずっと楽だったように思う。

実際のたうちまわるような苦しさが襲ってくるんではなかろうか?
とさえ思っていたのでこれにはちょっと拍子抜けだった。

まぁ、これは変なドラマを見すぎたようだ。
さすがにそこまで悪いクスリじゃないもんね。
でもある意味、煙草は国に管理された相当に意地の悪いクスリなのだ!


えっと、話が少しそれてしまった。(汗)

ただ思ったよりも楽だったとは言ってももちろん二度と繰り返したい類のものではないし、また事前のリサーチは大切だと思う。

本当に苦しいのはニコチン切れの禁断症状から脱する最初の3日間。
4日目以降はニコチン依存による後遺症の闘い。
でもいつかは必ず脳内に必要な物質は分泌されるようになる。

これを知っていたから最初の苦しさを耐えられたと思うし、4日目以降に感じる物足りなさも自分が今どういう状態なのかが分かるから我慢も出来たんだ思う。

ただこの苦しさや我慢の度合いは実際に煙草を断ってみないと分らないものだから決心するのに大分時間が掛かってしまったのだ。

日記にはあっさりと始めたように書いてあるけれど漠然と休煙を意識したのは1月の半ばを過ぎた頃だった。
それからかなりの時間をジタバタと悩んで2月の最初の頃にやっと開始日を2月24日に決めたのだ。
さらにそれからたっぷり3週間の猶予期間を与えて徐々に決心をつけていったのだ。

こうして思い返すと1ヶ月半もウジウジとしていたことになる。

まったくなんという諦めの悪いオヤジなのか!
よく腐らなかったものだ。


でもね。

休煙などと呼んで逃げ道を作ったがやっぱりいかに煙草を断つ決心するかが休煙成功の鍵なんだろう。
もちろん私のような諦めが悪く意思の弱い人間にはいわゆるアメも必要だ。(笑)

幸い私には中高年のモーターサイクリストになるのだ!
という目標というか野望があった。

ちっちぇ、野望だな、オイ!(爆)



野望の大小はともかくとして・・・・・


我慢の先には楽しいことが待っていると思うと人間はなんとか頑張りがきくものだ。


とりあえずここまではなんとか頑張りが効いた。
とはいえもちろん今だって吸い魔はある。

でもこれは仕方がない。

だって人生の半分以上を煙草とお付き合いしてきたんだから。
何をするにも完全に生活習慣の一部になっていたんだから。
カミサンとの付き合いよりもずっと長いのだ。

ただ頭の中から煙草の存在が消えてなくなるのに二年ほどもかかるという。
その時が来て初めて休煙に成功したと言えるのだ。
私はまだまだ二ヶ月も経っていないのだ。

3ヶ月、半年、一年、二年。

先は長い。


でも煙草と付き合った28年間と比べれば遥かに短い。


大丈夫、私は頑張れる!

  ・
  ・
  ・

ローンを細々と払っていこう!!(爆)


どうか皆さん、生暖かく見守ってやってくださいね。(ペコリ)




第2歩へ続くっ!

中高年モーターサイクリストへの道 第1歩 〜 休煙苦闘編 〜 ?

  • 2010/04/14(水) 22:00:00

〜 休煙開始! 〜

初日

朝の9時半を回った頃から煙草を吸いたい!
という衝動めいたものが襲ってきた。

ニコチンが切れ始めているのだ。
身体がニコチンを欲しているのがよく分かる。
だけど休煙は始まったばかりだ。
とりあえずは我慢するしかない。

我慢とはいってものたうちまわるほどでは無いのだがとにかく煙草が吸いたい!
こんな衝動に襲われる度にガムを噛みミンティアを噛みコーヒーを飲み熱いお湯を飲んで気を紛わす。

でも夕方になると気を紛らすのもちょっとした苦労だ。
その度に、


私は中高年のモーターサイクリストになるのだ!

バイクを手に入れるのだ!!



とこのセリフを呪文のように唱えてやり過ごした。
あ、でもこの呪文は良く効いた!(笑)

夜は幸い音楽物のライブDVDを観ていたら寝落ちしてしまった。
ラッキー♪

でも最初の3日が一番辛いとはいえこれが3日も続くのかと思うと正直うんざりだ。


二日目

目が覚めると頭の中は煙草のことでほぼいっぱいだ。
煙草が吸いたい!

でも不思議に吸わなくても我慢出来そうだという感じになっている。
煙草が吸いたい衝動を昨日が100%とすると今日はもう40%くらいだ。

これは嬉しい誤算だった。
たっぷり3日間は辛いと思っていたのだから。
これで大分気分が楽になった。

ただ朝から眠いというか頭の芯がずっとボォ〜っとしたままだ。
こちらの方が辛いくらいだ。


三日目

身体からもうニコチンは抜けた?

目が覚めると禁断症状からはほぼ脱したようで昨日よりもさらに楽だ。

もちろん頭の中はやっぱり煙草のことでいっぱいなのだが、もう吸わなくても大丈夫!という感じだ。
吸いたい衝動は初日に比べれば10〜20%くらいだ。

ただとても眠い。
身体は起きているが頭だけが覚醒していない感じだ。
これもニコチンからの離脱症状の一つなのだ。
頑張って耐えるしかない。


4日〜13日目

相変わらず頭の中は煙草のことでいっぱいだ。
でも煙草が吸いたい衝動はほとんど沈静している。

ただずっと”何か物足りない感”が付きまとっている。

これはニコチン切れの禁断症状ということではなくてニコチン依存による後遺症なのだ。
ニコチンのために喜びや快楽を認識させるためのドーパミンやセロトミンなどの脳内物質が分泌されなくなっているからなのだ。(もちろん受け売りだ!)

だから一本煙草を吸えば気持ちが楽になったり頭がスッキリするのだろう♪
やっぱり吸いてぇー!

なんて思う度にそれは幻想だ。
私の身体は残念ながら今は壊れている状態なのだ。
我慢していればそのうちドーパミンやセロトミンが必ず分泌されてくるはずだ。
それまで我慢、我慢と自分に言い聞かせる。

あの眠気にしたって7日を過ぎた頃からは大分楽になってきたじゃないかと。
それに徐々に本当に徐々にであるが煙草を忘れている時間が多くなってきているじゃないかと。
我慢するしかないのだ。

とはいっても我慢の度合いは軽いものだ。
辛いというほどでは全然無い。

ただ一番困るのが酒を飲んでもあんまり酔った気がしないことだ。
これではせっかくニコチン中毒から脱せたとしてもアル中になってしまうじゃないかと。
こりゃ、ホントにヤバイのだ。(苦笑)


14日目
 
!※!△■??▲

気がついたら普通に煙草を吸ってるし!

なんてこったい!!!!!

また最初っからやり直しじゃないかと目の前が真っ暗になった。。。orz




目が覚めた。夢だった。

話には聞いてたけど本当にこんな夢を見るんだと可笑しい。


でも旨かったよなぁ・・・・・(苦笑)

吸いてぇ〜!!


15日以降〜現在(約7週間経過)


休煙当初の頭の中はほぼ煙草のことで占められていた。
でもそのスペースの割合は本当に日々少しずつだけど小さくなってきている。
今は多分当初の30〜40%くらいの大きさになっていると思う。

だけど煙草ってクサい!

って思いつつもやっぱり吸いたいのだ。

本当に人間ってなんてオバカで哀しい生きものなんでしょう?(笑)


ただその吸い魔?も煙草なんてもうどこにも売ってないから吸えないんだよ!?
と自分に言い聞かせれば、あ〜そうだったっけと納得出来るくらいに軽いものだ。

これって吸い魔が軽いのか私がオバカなのか?

微妙なところだ・・・・・


ただいつのまにか酒も普通に酔えるようになってきた。(嬉!)
多分必要な脳内物質が分泌され始めているのだろう。






だろう!?(汗)

信じたい!



続くっ!

中高年モーターサイクリストへの道 第1歩 〜 休煙苦闘編 〜 ?

  • 2010/04/12(月) 23:15:00

〜 休煙前日まで 〜


約180,000本 ≒ 9,000箱 ≒ 2,160,000円

私が20歳から28年と半年の間に吸い続けてきた煙草を総決算した数字だ。


金額的には約30年間で積み上げた数字なのでこれを大きな金額と見るかは微妙なところだ。
だけどその時々で欲しかった物はそれなりに手に出来たんだろうなぁとは思う。

本数?

う〜ん、18万本。
多分羊が一匹なんて感じで数えたら直ぐに眠たくなってしまうか、目が血走って眠れなくなるかのどっちかだろう。

もう煙にするのもいい加減に飽きてしまったって良い筈なのにこれが全然飽きなかったのだ。
身体に良いことは何一つ無いことを知っているというのに人間というのはつくづくバカな生き物である。
もちろん、このオレがなぁ〜。(苦笑)

しかし休煙こそが中高年のモーターサイクリストになる為の最大の課題であり障壁であり難関なのだ。
これを決して避けては通れない。

だけど休煙を考えただけでも動悸は早まるわ何故か悲しくなるわ、どんな苦しさ辛さが待っているかと思うとマジに泣きたくなるわの情けない有様だった。(笑)

このままでは闇雲に始めても失敗するのは目に見えている。

というわけで2月に入ってからは禁煙について随分とリサーチを行った。
そう石橋は叩いても決して渡らないのだ!

そうして見つけたのがこのサイトだ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
禁煙は短距離で(客観説TQM研究所)


本当にこのサイトには随分と勇気つけられた。
なにしろたったの3日間を我慢すれば良いのだ。
そうか3日で良いのかと。
先ずはそこを我慢すれば良いんだと。
それなら我慢するのが一番我慢ならない私でもなんとかなりそうだ。(笑)


というわけで中高年モーターサイクリストになるべく休煙を始めたのが2月24日だ。

なんでこんな中途半端な日を選んだのか?

答えは単純で給料日の翌日なのだ。
カミサンから支給された小遣いを自由に出来る日である。
小遣亭主の私には実にわかりやすく都合の良い日なのだ。


しかしそうは言っても休煙開始前日の深夜、眠る前の最後の一服はたとえようも無く切なかった。
もう吸えないのかと思うと堪らなく寂しく胸を掻き毟られるような気分なのだ。
冗談抜きで!

やっぱりお別れしたくない。
もう少し先送りしようかと・・・・・

振られた彼女にいつまでも未練たらたらのようだ。(苦笑)
まったくなんという体たらくか!
情けの無いオヤジである。

とりあえずそんな思いを振り切るように最後のタバコを根元まで吸いきってから矢理無理眠りについたのである。


続くっ!

中高年モーターサイクリストへの道 第0歩 〜 49にして立つ! 〜 ?

  • 2010/04/09(金) 21:00:00

げっ、今って中型免許って最低でも11万5千円もかかっちゃうのかー。。。orz

一発って手もあるが練習用の原チャリも無いし結果教習所に通ったのと同じくらいかかりそうだよね。

う〜
やっぱ、無理じゃん!
無理、無理、無理ぃ〜っ!!

と普段はこうした物欲や妄想は1週間ほどでなんとか追い払えるのだが今回ばかりは収まりがつくどころか妄想で頭が破裂しそうになったのだ。

だって人生70年として四季の4で割ると私ももうどっぷりと晩秋の季節に入ってる。
残された時間はそうは多くない。(汗)
やはりバイクに乗るなんて多分これが最後のチャンスなのだ。


しかしである。

機密費
がカミサンに公けになった今、どう考えたって金が無いのだ!

断固として無いものは無いのだ!!

この現実にかなりの時間七転八倒することになる。


う〜ん・・・・・

ゴロゴロゴロ・・・・・

う〜〜〜ん・・・・・


人間追い詰められるとなんとか手を考え付くものだということが良く分かった。


煙草だ。

そうだ!
もともとこの10月から値上げされたら止めようと思っていたのだ。

もちろん経済的に厳しいということもあるのだが、お前らどうせこれぐらい値上げしたって吸い続けるんだろう?
バカ者どもよ、どんどん税金を収め続けるがいい!
ウヒヒヒヒヒィ〜〜〜♪

と黒く笑っている連中が目に浮かぶのだ。
もういい加減食い物にされて堪るかという気持ちが強いのだ。
休煙(禁煙と言うとプレッシャーがかかり過ぎる)を半年ばかり早めれば良いのだ!

ただそうは行ってもここ一年くらいは煙草の本数も減っていたので休んだとしてももう大した額にはならない。
でも金の無い私にはこれは決してバカには出来ない金額なのだ。

この浮かせたお金で5年も払い続ければ目標とする250ccクラスのバイクが、もちろん中古ではあるがなんとか手にすることが出来るんじゃないかと。(大汗)
う〜ん、つくづく貧乏って恥ずかしい!

しかしこれでやっと一筋の光明が見えたのも事実なのだ。

でも本当に休煙なんてできるのか?
しかも5年も払い続けるのか?
中古バイクってそもそもそんなにもつものなのか?
それに免許の取得費用も合わせるとまだまだ足りないのだ。
うふっ、つくづく貧乏って素敵♪

ここで再び七転八倒。


う〜ん・・・・・

ゴロゴロゴロ・・・・・

う〜〜〜ん・・・・・

ゴロゴロゴロ・・・・・

ゴロッ


思い悩んでいても始まらない。

とりあえず出来ることからやってみよう。

休煙を始めたのは2月24日のことだった。


第1歩に続くっ!

中高年モーターサイクリストへの道 第0歩 〜 49にして立つ! 〜 ?

  • 2010/04/07(水) 23:30:00

当家の女神の怒り未だ衰えず、その青白い炎でこの身を焼き尽くされそうな勢いだ。
そして困ったことに(予想通りに)このまま長期化しそうな雰囲気が濃厚だ。。。orz

もちろんその元凶はオートバイ(の購入ローン@自腹なのに)なのだ。
なぜこんな辛い思いをしてまで、そして50を目前にしてバイクに乗りたくなってしまったのか?

いろんなものが衰えてきているのに、それに免許だって持ってない。
今更バイクなんて危ないだけじゃぁないか?

と自分でもそう思う。

でもこれまで遣り残してきたリストの上位には常にバイクの文字があったのだ。
ただ金も無い免許も持ってないわで端から諦めていた。
私にとってバイクとは随分と敷居が高い乗り物だったのだ。


ではなんでここに来てバイクに乗りたくなったのかというと直接的には去年のキャンプがとても楽しかったからなのだ。

キャンプぅ??

そうきっかけはキャンプなのだ。

あんまり楽しかったものだから今年は絶対にキャンプにもっと行きたいと。
ただそうなるとソロ・キャンプの方が多くなるだろう。
ソロでも楽しそうだけどそれなら車で行くよりもバイクに荷物を積んでツーリングを兼ねてキャンプをやったらずっと楽しいだろうな♪

なんてことをふと思ってしまったのだ。


バイクでキャンプ・・・・・

なんだかどこまでも行けそうだ。

とても楽しい”何か”が待っていそうな気がする。


その先へ、もっと遠くへ!



これが今年の正月明けのことだった。

あ〜、バカバカバカ!
なんてことを思ってしまったのか!!
数年前にちょっとくすぶったものは完全に火を消したというのに。

自分で寝た子を起こしちまった。ちっ。

そんなことを思いながら東本昌平さんのRIDEXなんぞを読んでいるとどうしようもなく心がざわめきだってしまうのだ。
もう今しか無いぞと・・・・・

しかも立ち読みしているマンガ(マンガそのものは大して面白く無いのだが)では高校生の主人公が私が高校の頃に乗っていた現チャリをレストアして楽しそうに乗ってるし。

あ〜、ますますバイクに乗りたくなってしまうじゃないか!
どうしてこうもよってたかって人を追い詰めようとするのか?

なんて思ったらもう負けなのである。
被害妄想もここまでくると本物なのだ。

それでも最初は金も無いので中古のカブでも良いかなと。
荷台にでっかい荷物を積んでのプチ・ツーリング。
これでも十分楽しめるだろうなんて考えていたのだ。

ただカブって中古でも結構なお値段なのね・・・・・

それに30km縛りのつまらなさは高校の時に身に沁みている。
30km縛りからはせめて開放されないと遣り残してきたリストからバイクの文字を削除したことにはならないんじゃないか?

となると小型二輪免許を取らなければ。
でもどうせ取るんなら中型取ってもしもの時に高速を走れれば行動範囲だってもっと広がる。
もっと自由になれる筈だ。

となるとやっぱり250ccクラスが欲しいなぁ〜♪


こうして妄想は私の頭で中で膨らむ一方だったのだ。



続くっ!